玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2019年06月12日

噛み砕く それが世界の理解に繋がる

全ては噛み砕く

自立について 14

完全依存状態である世界から自立するには、
この依存先である世界そのものを知ることです。

知ることで自立できます。

自分が全ての存在に依存していることに気づくことから
自立へ向けてスタートします。
このことはこれまでに散々書いてきました。

では、どのようにしてこの世界を知ることができるのか。

それは全てを噛み砕く以外にないでしょう。

食べモノとは世界そのものです。

その世界を我が物にする行為、それこそが「食べる」という「行為」です。

その行為とは噛み砕くということでしかできません。

食べ物は口の中で噛み砕き、我々を取り巻く他者や事象は

感じる、考えることで噛み砕きます。

噛み砕くとは細かく細分化するということです。

細分化とは単純化することです。

複雑な四則混合計算は一見手の施しようもないですが

分割すれば単純な粒です。

一つ一つは簡単な式です。

それらが繋がって複雑に見えているだけです。

思考すること、それこそが脳の行為であるわけです。

全ては「噛み砕く」という行為を通して

私たちは世界を理解します。

「噛み砕く」という行為こそが自立そのものです。

食べモノを噛み砕くことは誰も代わりにしてくれません。

自力でしか噛み砕くことはできません。

噛み砕いているときによく口中を観察してください。

大きな塊が徐々に細分化され
最後は水分に溶けて微粒子になっています。

味も徐々に変化して、複雑な味に見えたものが分離していきます。

口中で起きていることに注目してください。

それは脳が噛み砕いているということです。

脳はそうやって世界を認識します。

世界を代表やってきた使節(食べモノ)と対話することが
噛み砕くという行為です。

他者に対しても同じです。

食べ物に接するが如く他者を噛み砕きます。

一見困難と思えるような仕事も噛み砕くことで容易になります。

大きな塊に見える仕事も細分化すれば一つ一つは簡単な行為で解決するものです。

細分化行為とは物事を簡明化する行為です。

そのことで
出来そう!

挑戦する意欲が湧くのです。

蒼の元米噛み砕くことから始めましょうか。
posted by 変才冨田 at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

本当のコミュニケーション

先日のセミナーのテーマは脳に気づかせる
ということで、これを「認証(にんしょう)」と言います。

何気なくやっている自分の全ての行為の意味づけを脳に語りかけることをやっておけば、あとは無意識が勝手に動いてくれるのです。

それが「やる気スイッチ」を押すということです。

「足楽です輪」もそういう意図で開発したモノです。

現代人は靴に依存したために足指を使えなくなっています。
足楽の役割は非常に大きくて、姿勢の保持だけでなく生きる原初的な「勢い」にまで及んでいます。

足指の存在を脳に知らせて脳に「認証」させることから全てが始まります。

足指を認識した脳はたちまち足指の存在がわかったので足指を使うようになります。

一気に姿勢が良くなって歩きやすくなり
腰痛は消えてしまいます。


このあたりは人間関係も同じです。

上司の視界に薄くしか見えていない社員は上司にとっては「使えない社員」です。
部下への認証不足です。

親に認証されなかった子供は大きくなるにつれて
親を認証しなくなり暴力に及びます。

認証欲求が歪んでの暴力や非行です。


「蒼の元米」を食べる時も同じです。

まずは「今、自分が食べている」ということを脳に気づかせてください。

食べているのによそ事を考えているようでは
脳は食べモノを認証しません。

認証されなかった食べモノは身体の生理にとってソレは気づいていないので余分なモノ(食べすぎたモノ)は生ゴミとして溜まります。

身体に溜まった生ゴミは認証させるべくあなたのに不調を起きさせます。


特に最初の一口目は目を閉じてよく噛んでください。
噛み締めて味わってください。
噛むほど味が引き出されます。

「味」とは認証行為の現象なのです。


同じ意味であなたの目の前の人を噛み締めてください。
言っていることをよく聴いてください。傾聴してください。
相手の本音を聞き分けてください。
それが「他者認証」の仕方です。

「認」のミトメルは「見て止める」ということです。


しっかり相手を見て傾聴すれば本音が聴こえてきます。

認証をすればあなたも相手に認証されます。
これはお互いに「食べ合う」行為です。

本当のコミュニケーションは食べ合う関係です。
相手を自分に取り込み、自分も相手に取り込まれます。

自分が拡張するので進化していきます。

まだ「蒼の元米」「足楽です輪」を知らない方は
是非認証を試してください。
posted by 変才冨田 at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

「蒼の元米」の注意点

「蒼の元米」の注意

虫が発生する季節です!

このお米のファンは多いですが虫もファンです。

普通の玄米より甘く栄養価も高いので虫も元気になります。

封を開けて常温で放置すると
茶色っぽい小さな蛾がお部屋を飛び回ります。

あるいは黒い小さな虫が這い出てきます。

こういうことはいわば当たり前というのが僕の若い頃です。
陰干しして虫を追い出すのは恒例行事でした。

今の人は「即返品❗️」です。

封を開けたら必ず冷蔵庫保存です。
ペットボトルに入れ替えるのが良いでしょう。

冷蔵庫にスペースのない場合は小袋でご注文ください。

夏バテはエネルギーのあるものを食べないからです。
夏程しっかり「蒼の元米」を食べましょう。


http://bl-labo.co.jp/?pid=137716291
posted by 変才冨田 at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

カフェインについて

僕はコーヒーは1日に三杯はいただいています。
コーヒーが好きというより喫茶店が好き?笑

7号食では一切のカフェインを禁止しているのは、7号食の目的が神経を元に戻すことにあるからです。
カフェインは神経を過剰に興奮させるだけでなく低血糖症を強めます。砂糖を使わなくともカフェインが血糖値を高めるからです。

因みに三杯のコーヒーはカフェインを270mg摂取ですネ。
体重1kgあたり2.5mgが安全ラインとして
2.5×58 = 145mg

えええ??
超えてますね。

ご参考にしてください。

20190531-001.jpg

20190531-002.jpg

20190531-003.jpg

posted by 変才冨田 at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

スーパーヌカで食生活革新

栄養過剰の栄養失調を救うスーパーヌカ

食べ物が溢れているのに栄養失調が日本の現状です。

「エネルギーになるだろう」食べ物は摂取しているが
それを完全に燃焼させてエネルギーにできていないということです。


できなかった不完全燃焼物はどうなるのか。

脂肪として体内で蓄積されれば肥満ですね。
もう一つは毒素の分解ができなかったということです。

これが現代的疾患が増加している基本的な原因です。


では、スリムな人は大丈夫なのか。

一般的に言えば、こういう人の消化器系は弱い。


食に対して何か特別な意識的な態度を持っている人は別にして
現代的な食を前にしては抵抗なくなんでも食べるでしょう。

太る人は消化器系が丈夫、痩せている人の大半は胃が弱くて消化不良なのです。


さて
エネルギーになるものは摂取しても、それをエネルギーに変える微量栄養素をどう摂取できるか。

現代的食習慣、特に外食習慣を根本的に変えられないとしてです。

7号食でせっかく健康にスリムになっても仕事でどうしても外食が多くて元どおりに太る人は多いのです。


提案ですが
スーパーヌカをどんどん使ってください。

炒ってから小さめの容器に入れて
(手で掴んで握れば穴から出るタイプの容器。100円ショップに売っています)

何にでも振りかけるのです。
思いっきり振りかけてください。


理由は
@豊富な微量栄養素と繊維がしっかり取れます。
A料理が美味しくなる。
BBL研究所の売上が上がって、経営力が上がることでより貢献できる力が付きます。

スーパーヌカはビタミン・ミネラル・生理活性物質が玄米の10倍以上あるのです。
中でもスーパーヌカに含まれる、スリムにするガンマオリザノールが大量にあるのです。


早速、容器を買ってご主人のカバンに入れてください。

入れるだけではダメですよ。

命令してください。

残っていたらただでおかない💢』と脅してください。


スーパーNUKAのご注文はこちら
http://bl-labo.co.jp/?pid=137837631


スーパーNUKA (4).jpg
posted by 変才冨田 at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

6月2日(日)大阪セミナーのご案内

INA85_dinamicmaiku_TP_V.jpg

<セミナー内容>

・第1部 認証講座C「1日の認証」/ D「お金の認証」
・第2部 「7号食と食の周辺」
・夜学 「働き方改革」



【開催地】
 新大阪GTCビル 4F キング会議室

 〒 532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-13-14 新大阪GTCビル

【開場】
 13:00〜 受付

【時間】
・第1部 13:30〜15:30
・第2部 15:45〜17:30
・夜学 18:30〜20:30



◎スケジュール

<第1部>

13:30〜15:30 
 認証講座C「1日の認証」/ D「お金の認証」


〜 認証セミナーシリーズ 〜

@. 食の認証
A. 身体の認証
B. 他者の認証
C. 1日の認証
D. お金の認証

今回はC・Dです。



<認証講座C>

「1日の認証ワーク」

これを実行することで一週間で目の前の風景が明るく透き通ってきます。
1日を味わうワークは全てを上手く運べるようになるのです。



<認証講座D>

「お金を認証する」

お金とは何か
これが理解できればお金とのコミュニケーションがスムーズになり、お金さんとのストレスが消えます。


お金の使い方と稼ぎ方にこそ大きな洗脳が施されています。
最大級の洗脳を解くことで人生の最大目的である自由を拡大できます。


お金の使い方を考えることは自分の命の使い方に繋がります。
お金を考える視点はその人の生き方で決定されています。


お金に対する視点を変えることは生き方を変えることになります。


お金に依存するか、お金から自立するか!



<第2部>

15:45〜17:30
 「7号食と食の周辺」


今回は症状に対する処方箋

〜 心臓病 胃弱 貧血 高血圧 糖尿病 鬱 耳鳴り 感覚 〜



<夜学>

18:30〜20:30
  「働き方改革」



安倍さんは「働き方改革」を進めています。
ここは安倍さんに協力して冨田流「働き方改革論」を展開します。


身体や時間、モノを売って成り立たせるという無間地獄からの脱出の仕方。
これまでの仕組みを変える方法について。


エゴギョウを使って働き方を読み解きます



【会費】

第1部 2,500円 第2部 2,500円 (会員は各500円割引)
夜学 500円


お申込みはこちらからどうぞ♪

https://ws.formzu.net/fgen/S40354092/

posted by 変才冨田 at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

中心軸の深い意味

運命を決定づける中心軸の存在
「初めての人の為の健康セミナー」では、たっぷりと身体に中心軸をつくる意味について解明し、誰でもが人の中心軸を形成するお手伝いができるレベルにまで学んでいただきます。

腰痛や膝痛、股関節痛などを治すのはとても難しくて整体治療や整形外科に通わないといけない、自分ではどうしようもないものだと思っている人は多い。


つい先日のこと四日市セミナーをしてきましたが、今回で4回目です。

一回目をする前に四日市のある女性が研究所に相談に訪れました。
彼女はモートン病で非常に困っていました。

少し歩いただけで激痛に襲われ家の中のアチコチニ椅子を配置していたそうです。
病院では手術も勧められていましたが、手術しても再発をすると言われて困っていたのです。

そして先日のこと「すっかり運命が変わってしまいました」と言われたのです。
今はすっかり歩けるようになっていたのです。


ずっとある整体治療院に通っていて、その治療師さんに「止められたら困るからずっとやっていてね」と言っていたそうですが、ある日のこと店が知らせもなく閉じられたそうです。

「うまいことしたもので、そのころ冨田さんに出会いました」ということです。


わたしは何をしたかというとほとんどなにもしていません。

彼女の整体をしたわけでもなく、単に中心軸できた輪を足指に巻いていただいただけです。
それだけで歩きやすくなったということで、さらに彼女に合うインソールを創ったことだけです。


いったい彼女の身体になにが起こったのでしょうか。


それは姿勢に中心軸ができただけです。

それが非常に深い意味を持っているのです。

あらゆる生体的な痛みは姿勢のゆがみから生じており、その痛みは身体の重力を中心に持ってきて欲しいという身体の要求なのです。

腰痛も膝痛も股関節痛も同じです。
中心軸をつくるとたちまち楽になるのです。

身体という自然の要求に適ったことをしてあげることが最重要なのです。

それを叶えてあげれば、あとは身体が勝手に治してゆくのです。

それを自然治癒力というのです。

自然治癒力は勝手には働きません。
彼が働くには、それなりの舞台を整えてあげる。それが中心軸なのです。


中心軸というのは生体的な意味のみでなく、食生活に和食という軸を持つことも指します。

生活習慣全体にぶれない軸を創るためには、考え方に軸があるということが最重要の軸ではないでしょうか。

中心軸をずらすということは生きるのに苦労をするということです。


なぜなら、この世界は相対的だからです。


どこか基準にしてここから右、ここから左と決められます。
上下もその区別は中心軸を設定されているからですね。

顔も中心から左右でシンメトリーに近い形になっています。

左右を崩すと機能性が損なわれるのですね。

左右の脚の長さが違えば歩きにくいはずです。

そういう人はどちらかの肩が落ち込んでいるのです。

指摘されるまで知らなかったという人も多いのです。

神経は馴れれば鈍くなるので感じられなくなるのですが
歩いた後で「疲れたわ〜」などと言っている人は左右の対称性の崩れがあるからです。

ましてや、腰が痛い、股関節が痛い、膝が痛い等と言う人は
この相対的な世界では生きにくいという表現なのですね。

同じ意味で「生き方にしんどさ」を感じている人は考え方の左右対称性を崩しているからなのです。


中心軸を設定しましょう。

それには「足楽です輪」重心調整用インソール「姿美人」などを使用することをお勧めします。

東京・大阪のセミナー参加希望者は各種セミナーのご案内をご覧ください。

【セミナーの詳細はこちらをクリック】
http://bl-labo.co.jp/?mode=f1


posted by 変才冨田 at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偶然と必然を演出する何か

7E2F60DF-B5AB-4AFE-BF1F-5EED763313BF.jpeg2E47377E-BC83-40E5-BE05-B3D67D2B0668.jpeg
F9533DE0-7533-4B7D-854F-2CCD110B34B8.jpeg

以前の事務所に行ってみました。
古民家だったので昨年の台風に耐えられず激しい雨漏りと漏電により解体されています。

ここは4年前に第二次BL研究所を立ち上げたところです。
ここがあったお陰でBL研究所は4年間を全うできたのです。

冷蔵庫や食器事務机その他がここに運ばれてスタートしました。
大勢の方にセミナーを受講していただき、かつBL商品を買っていただき支えられました。


A645DE3A-5E2D-48B1-A4F2-32CE474609C1.jpeg4E336005-9335-44DD-9811-84C814FD2E43.jpeg

こんな風景が展開されていました。
冒頭の写真のようなことになるとは!

時空間と言いますが
時間が空間を破壊するのです。
あるいはどこかへ持ち去っていくのか。

ここでbl研究所は2回目の揺籃期を過ごしました。
ここが無ければまた今とは違った研究所の運命があったでしょう。

元々ここは印刷所の廃屋でした。
この廃屋を府大のハナムラチカヒロ先生が中をデザインされてステキなオシャレな空間にされました。
ハナムラ先生に声を掛けていただきBL研究所が入ったのです。


そこで思うのですが
この印刷所を30年は経営されていた男性は心臓病で亡くなられています。

この男性が此処に根付かなければ今のBL研究所はないわけですね。
私の知らない方がBL研究所の方向を深いところからコントロールしていたわけです。

知っている人から影響を受けているのは知るところですが、
このように考えると縁もゆかりもある人は知る知らざる関係なく
膨大な人々に運命はコントロールされているという
その事実に慄然とする思いに打たれます。

そして私の存在も同じです。

私がこれまでに選択してきたことが
知らない人の人生を変えているわけです。

一生会わない無数の人々に私が何らかの形で関わっている。

運命はもたれあっているのです。

相互依存こそが私たちの存在のあり方だったのです。



人生はビリヤードに似ている。


一人の名人がボールを突くのがビリヤードです。
思考と計算をし尽くして一突きすれば思い通りの軌跡を描いてゴールポケットに入るでしょう。

人生においても目的と計画を立てて一突きします。
けれども人生におけるビリヤードは同時に無数の人が世界という卓で突くのです。

上手く突いても何処からか他者が突いたボールがぶつかってくるのです。

自分のボールはどこかへ転んでいきます。

理不尽だと文句の一つも言いたいかもしれないけれど、
人生の実相を知れば当たり前なのですね。


他者のボールが偶然当たったように思えますが、
あなたがそこへ目指して打ったからぶつかってきたのです。

あなたが打った瞬間は必然のコースです。
横からぶつかってきたボールは偶然です。

必然と偶然の織りなす縦糸と横糸なのです。

人生の生地はこの二つの糸で織られたのです。

理不尽だと文句を言うより
その理不尽を楽しもう!


セミナーのご案内はこちら
http://bl-labo.co.jp/?mode=f1
posted by 変才冨田 at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

6月1日(土)東京セミナーのご案内

INA85_dinamicmaiku_TP_V.jpg

<セミナー内容>

・第1部 認証講座➃「1日の認証」/ ➄「お金の認証」
・第2部 「7号食と食の周辺」
・夜学 「働き方改革」



【開催地】
 五反田駅近く 参加申込の方へご案内します。

【開場】
 12:00〜 受付

【時間】
・第1部 13:00〜15:00
・第2部 15:15〜17:00
・夜学 18:30〜20:30



◎スケジュール

<第1部>

13:00〜15:00 
 認証講座4「1日の認証」/ 5「お金の認証」


〜 認証セミナーシリーズ 〜

@. 食の認証
A. 身体の認証
B. 他者の認証
➃. 1日の認証
➄. お金の認証

今回は➃・➄です。



<認証講座➃>

「1日の認証ワーク」

これを実行することで一週間で目の前の風景が明るく透き通ってきます。
1日を味わうワークは全てを上手く運べるようになるのです。



<認証講座➄>

「お金を認証する」

お金とは何か
これが理解できればお金とのコミュニケーションがスムーズになり、お金さんとのストレスが消えます。


お金の使い方と稼ぎ方にこそ大きな洗脳が施されています。
最大級の洗脳を解くことで人生の最大目的である自由を拡大できます。


お金の使い方を考えることは自分の命の使い方に繋がります。
お金を考える視点はその人の生き方で決定されています。


お金に対する視点を変えることは生き方を変えることになります。


お金に依存するか、お金から自立するか!



<第2部>

15:15〜17:00
 「7号食と食の周辺」


今回は症状に対する処方箋

〜 心臓病 胃弱 貧血 高血圧 糖尿病 鬱 耳鳴り 感覚 〜



<夜学>

18:30〜20:30
  「働き方改革」



安倍さんは「働き方改革」を進めています。
ここは安倍さんに協力して冨田流「働き方改革論」を展開します。


身体や時間、モノを売って成り立たせるという無間地獄からの脱出の仕方。
これまでの仕組みを変える方法について。


エゴギョウを使って働き方を読み解きます



【会費】

第1部 2,500円 第2部 2,500円 (会員は各500円割引)
夜学 500円


お申込みはこちらからどうぞ♪

https://ws.formzu.net/fgen/S40354092/

posted by 変才冨田 at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

7号食挑戦のチャンス

こんにちは

この休暇中に旅行計画ない方は是非7号食に挑戦しましょう。
蒼の元米」のパワーを体験してください。
足楽です輪」のウォーキングでの軽快感もお試しください。
配送は明日で終了です。
7号食中の「玄米トースト」もおススメですよ。
7号食セットやお試しセットもあります。


【7号食特集】
http://bl-labo.co.jp/?mode=f2

【7号食パーフェクトセット】
http://bl-labo.co.jp/?pid=138980985



ゴールデンウィーク配送休業のお知らせ
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、下記の期間は配送休業とさせて頂きます。

【配送休業期間】

2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)

■ご注文は年中無休、24時間承っております。

【商品の発送について】

・クレジット決済、代金引換でのご注文

4月26日(金)午前中までのご注文分につきましては、休業前に発送致します。

・コンビニ決済、銀行振込でのご注文

4月26日(金)午前中までのご入金分につきましては、休業前に発送致します。

以降のご注文、ご入金につきましては、5月7日(火)より、順次発送させて頂きます。

また、休業期間の前後は、配送の関係により指定日のご希望にそえない場合がございます。
大変申し訳ございませんが、あらかじめご了承下さい。

【お問い合わせについて】

休業期間中に頂きましたお問い合わせは、5月7日(火)より順次対応させて頂きます。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
posted by 変才冨田 at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする