◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2018年06月19日

水素医療はどこから来て 今どうなっている 1

BL研究所がレンタルしている機器が水素発生能力が2倍以上になりました。

レンタル金額は今まで通りの毎月3,780円です。

申込金が7,560円で届いた翌月から引き落としされます


さてBL研究所では数百件のレンタルユーザーがあり

体験事例がたくさん寄せられています。

現在メーカーでは多くの研究者と臨床医の協力があり
近いうちに医療機器として認可を受ける手はずのようです。

医療機器の認可を受けることで効果効能が記載されます。

ここでBL研究所独自の事例は発表できませんので、

水素医療の現状を客観的にお伝えしたいと思います。

水素が健康に大きく貢献できることは
多くの世界中の研究者の論文が排出されております。

私はブームには背を向ける習性があるのですが、
これはブームというものではなく確実に定着するものです。

人に加害しない本当の代替医療の兆しを日々感じているものです。

では発端はどこから始まったのか。

続く

posted by 変才冨田 at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米の話 7

@圧力釜で炊くと発ガン物質のアクリルアミドが発生する。

A発芽させないで炊飯するとアブシジン酸の毒性が消せない。

B玄米に含まれるフィチンはミネラルと結合してミネラル欠乏症になる。

そうあなたは説明されているけれど
私は20歳45歳までは玄米を圧力釜で発芽もさせないで炊飯して食べてきました。
(今は電気炊飯器の白米モードで食べられる美味しい玄米になってからは圧力釜は使っていない。
特に発芽にもこだわっていない)

でも私は大病もしていないし、病院へは歯医者以外に12歳から行ったことがない。

ミネラル欠乏症にもなっていないし69歳まで普通の人より元気に過ごしてきました。

あなたのいう3つの害を被ってはいないんです。

僕だけでなく
戦後になって病気になって玄米食を始めた人はみんな発芽もさせていないし圧力釜で食べてきました。

そうやって癌や慢性疾患を克服した人は多いです。

それはどう説明できますか。


講演された先生
「それは、きっと肉食なども同時に止めたからでしょう」


「そうだとすると、あなたのいう玄米食の3つの害よりも肉食がいけない、ということになりますが
そういう理解で良いですか」

先生
「そうだと思う」


「であれば玄米食の不利益を多くの時間を割いて説明するよりも
肉食の害に多くの説明をかけた方が良いと思いますが、どうでしょう」

先生
「そこも話していますよ」

当日は肉食の害については説明されていない。


「では、フィチンの害についてですが、玄米を食べるとミネラル欠乏症になるということですが、
先生は何を主食にすれば良いと思いますか」

先生
「白米で良いでしょう」


「白米には元々ミネラルが無くて、白米自体がミネラル欠乏症ですから、玄米食べるよりミネラル欠乏症になりませんか」

先生
「白米食べる時に副食でバランス取れば良いですよ」




ついでにフィチンについてのことは以前に書いていますので揚げておきます。



玄米にはフィチンが含まれており、これがいろいろ陰口を叩かれております。

陰口を叩く人は臆病でケチな人に集中しております。

というのは

フィチンは胃酸に出会ってフィチン酸となり

金属イオン大好き!状態になるようで見境なく声かけて仲間になるのですネエ。

声かけられて簡単になびく鉄さんや亜鉛ちゃん、カルシウムさんも腰軽いなあと思いますがねえ。

そうやって仲良くなっちゃうと吸収されないで排泄されるということで

ミネラル欠乏症になっちゃうと心配性の人は玄米さんとは仲良くなれないナアと思うのです。

玄米食はミネラル欠乏症になるって声高に叫ぶ先生もいて、一度訊いたことがあるのですよ。

私「では主食はどうするのですか?」
先生「白米を食べればよい!」



私 (・・)  昔は江戸煩いといって白米食べてビタミン欠乏症でかっけになるひといましたよ・・」

で、白米食をするとミネラルやビタミンまで無いのでおかずで補うことになるのです。

それがおかずの食べ過ぎになり→油脂類過剰に導かれます。

白米はすでにミネラルを精米という泥棒さんがぜーんぶ盗んだあとではないですか。

白米そのものがミネラル欠乏症になっているのにネエ。

そしてフィチンさんは意外にやってくれているのです。

というのは水銀や鉛、重金属などの有害金属とも仲良くしてくれるのですよ(本当に見境ないヤツ)

現代はむしろこのフィチンさんの働きが重要です。

だって、現代の食べ物は有害金属だらけなんですからね。

玄米には豊富なミネラルがあるのです。

少しぐらいフィチンさんに差し上げても良いではないですか?

さらにゴマ塩振りかけてミネラルを補充しているのですからね。

もう、40年以上も前の話ですが

玄米はヌカに含まれる水銀が多いから汚染されるという新聞記事が出たことがあるのです。

そのせいで玄米食をやっていた人がずいぶんやめました。

自然医学の重鎮である森下先生は1年間かけて白米食と玄米食の人の毛髪を分析研究されたのです。

結果は白米食の人が水銀を蓄積していると発表されたのです。

でも、その記事は出なかったですね。

そういうわけで

玄米食は太っ腹で実行しましょう。

玄米はミネラルが豊富なんだから

フィチンさんに少しぐらいは差し上げましょう!

posted by 変才冨田 at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

学び舎はあなたの脳の中 2

前回は自分の力で調べ尽くせと書きました

調べて「そうか、わかった!」という結果はダメです。

調べる時の姿勢が悪いのです。

本当は調べるほどにさっきまで持っていた疑問が他分野に湧いてきます。

わかるほどにわからないことが増える。

それが良い学び状態です。

ゾーンに入って学びです。


調べる時の姿勢が悪い、それはどういうことか。

単に知識を得ようとしているのです。

質問の質が悪いのです。

疑問が拡大しようのないつまらないことに疑問を持つのです。

息を呑むような疑問が必要です。

その疑問❗️

とことん付き合うよ!

一緒に論議しよう!





posted by 変才冨田 at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学び舎はあなたの脳の中 1

学校は教育の場ではない、教育の現場はあなたの頭脳の中

人がなにかを認識する時、それが苦労という経験をすればするほど身につきます。

質問をすれば回答が返ってくる。

そういう環境は便利だからこそ返って教育にならないわけです。

研究所でもそういうことがあります。

まるで私を辞書代わりにしているのかと思えるような質問をする人は多いです。

けれど

質問→回答→質問→回答→・・・・

これを永遠に繰り返して、その結果

質問者は成長するのでしょうか?

とてもそうは思えないのです。

そういうシステムを研究所が保持している限り、研究所は教育の場にはならないのです。

疑問が浮かんだ時

自分の知識を総動員して思考実験をして自己解決すべきです。

知識の不足と知恵の不足で解決できなかったら、調べまくるのです。

調べている過程で疑問の周辺が浮かんできます。

疑問の周辺がわかることが、実は認識の底が深くなり幅が拡がるのです。

裾野の狭い高い山を作るのではなく

裾野が広がっている高い山をつくることです。

セミナーの講師をするときに「怖いのは質問です」と言う人が多いです。

裾野の狭い山をつくっているからです。

例えば「米を食べることがダイエットになる」というテーマです。

これをダイエットに限定して考えることが裾野が狭いというわけです。

米を食べることの意味、米の歴史、米と天候と世界、米栽培の事例、米と生理、米の調理法

食べるとはどういう意味なのか

こういうところを押さえて米について語ることができるのです。
posted by 変才冨田 at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米の話 6 玄米食についてのアレコレの雑音

玄米に含まれるアブシジン酸には毒性があって玄米は発芽させてから炊飯すれば毒性が解除される。

そのまま炊いて食べるべきではない。

そういう論議が真面目にされています。

一体誰が言い出したのやら。

おそらく玄米嫌いの先生が言い出したのでしょう。

あるいはそういうことを発言することで「自分の存在理由」を説明して尊重してもらえるという無意識の狙いでしょうか。

もう一つあります。

玄米にはフィチンがあってミネラルと結合して吸収させなくするのでミネラル欠乏症になるという論です。

これも玄米嫌いの先生が流したものでしょう。

これらの論理は論とも言えない代物で笑えます。


そういえば自然塩に対しても妙な論理を立てている人がいます

自然塩にはニガリ(主成分はマグネシウム)があって
これはタンパク質凝固作用がある。

それが証拠に豆乳にニガリを入れると凝固して豆腐ができるでしょう。

自然塩を摂取していると腎臓のタンパク質が凝固してカチカチになる。

だからニガリを抜いた塩が良い。

私はそういうニガリ抜きの塩を作ったのでこれ買うがよろしい。



どうしてこんな確信に至ったのか面白いですね。

海水はニガリが多いので、これでは魚のエラもタンパク質でできているのでエラ呼吸が困難になります。

イカやタコもカチカチで食べられなくなりますね。

豆乳のタンパク質にニガリを入れても固まりません。

80度以上で凝固が始まります。

体温が80度になる前に死にます。

条件的な物性を無視した論理です。


アブシジン酸フィチンもも似たようなものです。

玄米を食べるのは不安だという人がこうした論理に動揺されています。


アブシジン酸は全ての発芽する植物にあります。

玄米だけではないのに玄米が狙い撃ちです。

そういえばアクリルアミドは発ガン物質です。

圧力釜で炊くとアクリルアミドが生成するので圧力釜で炊くのは危険です、というのもあります。

桁違いに生成するのはパン粉で揚げるカツや天ぷらです。

140度から生成が始まって揚げ物などは180度を超えます。

圧力釜は140度くらいです。対して身体に害になるほど生成しないですね。

それどころか戦後圧力釜で炊飯してガンから生還した人は多い。

もし圧力釜で発ガン物質が生成するならなんで治ったか説明できませんね。

僕自身が圧力釜で30年は炊いていました。


それを言わないでなぜ玄米についてだけ言う?

余程玄米嫌い何でしょう。

そして、それを言うことで注目されるのが狙いなのかもしれません。

講演でそれを力説する先生に説明を求めました。

続く







posted by 変才冨田 at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米の話し 5

前回は穀物の栽培が私有意識を人にもたらせたと書きました。

そして、戦はそこから発生したとも。


私有意識は人を他から引き離して自己意識も強化しました。

穀物栽培は今日の人間を創造するに巨大なインパクトを与えたと思います。

それまでは人は共感覚で生きていたので「繋がり」として生きていたろうと想像します。

今は個人感覚が強化されているので、他者を生かすために犠牲になるという感覚は信じられないものとなっています。

身体は切り離された粒、生命は他者と繋がった波。

現代人は粒感覚で生きています。

その分だけ生命感覚が薄れているようです。


アメリカインディアンの居留地に原発が建てられようとした時に若いインディアンが猛反対していました。

「俺が立って見える地平線の向こうまで俺自身なんだ!」

自然環境とも一体となった生命観ですね。


さて、穀物栽培を通して財産を得た人は最早後戻りできません。

私有制を我々は克服できるのか、というミッションが与えられています。


次回は一転して穀物と生理について書きます。
posted by 変才冨田 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

暑い理由 怒る理由

長袖シャツを着てその上にジャケットを着込んで「暑い!」と文句を言っておりました。

服を脱いで文句を言われたらいかがですか?

とスタッフより一言をいただきました



他者を批判するときには先ずは自分が服を脱いでからということですね。

怒りを💢撒く人は怒りたいのであって、怒りの原因が外にあるわけではないようです。
posted by 変才冨田 at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 蒼の元米のファンです。 6月23日セミナーは少し席がありますよ。




参加希望セミナー: 大阪セミナー 1〜3部

参加希望セミナー日: 2018/06/23 (2018-06-23 [年-月-日])

メッセージ: 4月の大阪セミナー直後に七号食を実行しました。

実行直後は4s落ちました。が、食べ過ぎと運動不足で2s戻りました😅(原因が分かることは私にとって進歩です)
七号食後は以前よりも甘いものが欲しくなくなったり3食摂ることで間食が減ったりしました。
近々、リセットを兼ねてハーフを実行しようと思います☺🌱

七号食は家族にも変化をもたらしました☺
主人が余りの美味しさから蒼の玄米の大ファンになり、飲みに行った日は帰宅後お決まりのカップラーメンを玄米ご飯に変えました。
昨日もダイエット茶のTVを見ながら『毎日出んとか信じられん』と語る姿を横目に…性格までもが変わりつつあると感じました(笑)

今回の大阪セミナー『病気の原因と治し方、自律神経との関わり』は元気に生きていく上で必須だと感じます。
とても楽しみです。
当日はお昼ご飯も宜しくお願いいたしますm(._.)m

span>
posted by 変才冨田 at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

差別感情の克服

前回からの続きです。


比較することが差別感情を生むのか

差別感情を生み出したくて比較するのか。

皆さんはどう考えますか。


僕は後者であろうと考えています。

差別感情は優越意識とセットになっているのです。

劣等感(顕在的であれ潜在的であれ)に苛まれている人にとっては

差別は優越感を味わえる一種の救済です。

それを達成するためには理屈を無視した差別根拠が必要です。

だからヘイトスピーカーには話し合っても無駄ということです。

あいつたちはダメな民族❗️

ここから全て始まっています。


同時に自分たちをテイーアップしておく必要もありますw

大和民族は素晴らしい!

日本は世界と比べて素晴らしい徳性もっているえ

世界中の人が日本は素晴らしい国だと思っている。

日本は世界の中心になるべきだ。

こうしてナショナリズムが育ちます。

「美しい日本」ではなく

「美しい世界」を創造することにどの民族も国も貢献しよう!

と言って欲しいものです。


差別意識はみんなが多かれ少なかれ保有しています。

個人においても差別感情の克服は世界平和に貢献することになります。

その克服方法は個人の内観などによる方法ではなく、

平和運動という活動を通して達成されることです。

単に観念的に差別は良くないと思っていることは

実戦で試されていないので脆いものです。

シドニーポワチエ主演の「招かれざる客」はそのあたりの脆さをテーマにしたものです。

一度ご覧ください。
posted by 変才冨田 at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

7号食レポート やっぱり蒼の元米だからできる❗️

7号食10日目。
明日から、具無しお味噌汁が飲めるー!

"7号食とは、玄米と雑穀を半々で炊いてごま塩で食べる、それだけで10日間過ごす食事法。一口100回噛む。よく噛みさえすれば食べたいだけ食べて良い。余計なものを食べない。良いものを食べる効果は30%、良くないものを食べない効果は70%。"~あすなろ新聞~

色々我慢するのかと思ったけど、あっという間に10日目。

実はこれを始める前に、家にあった玄米と雑穀で実験してみたのです。
、、、が、2日で糠の匂いが嫌になり、やーめたっ。と思ったけど食べたいものが特に無くなっていて、結局、匂いを我慢しての3日間。とてもじゃないけど、10日間もやれないなぁというのが感想でした。

実験で配合したのは、
通常玄米+30穀米。
アスナロ米+30穀米。

10日間美味しく続いているのは、
BL研究所で購入した
アスナロ米+彩米+15穀米。

解ったことは、
アスナロ米は、みどりいろのお米。
この玄米が大事!!とにかく、凄い!!

気づいたこと、変わったこと
*毎日どんなに食べても飽きないし、胃もたれしない。
*胡麻って超美味しい。
*水加減次第で、モチモチもツブツブもできて、とにかく美味しい。
*炊きたても1日置いたのも違う美味しさがある。冷めても美味しい。
*毎日お通じがしっかりでる。
*朝の光を感じて目が覚める。
*2日目に顔が急に痒くなって少しザラザラした質感になった。
*4日目にいつものお茶が劇的に甘くなった。
*とにかく眠い。いくらでも寝れる。
*噛む回数がたりないと、胃で重みをかんじる。(何かしながら食べると、噛む回数が減る)
*集中しないと沢山噛めない。
*身体が軽くなった。
*音がよく聴こえる。(鳥の声とか、雨の音とか)
*髪が増えた気がする(笑)。
*食べてる物は一緒なのに、毎日ウ○チの匂いが違うという不思議。
*やりたいことが整理された。
*お化粧が楽しくなった。
*TVをつけると、他人の周波数に飲み込まれて自分が居なくなる感じがする。
*街には飲食店で溢れているのに、玄米やノンカフェインの飲み物を出してるお店が見つからない。
*日本人の身体の私には、米が合っていると思った。

私の7号食のお供は、炭酸水とプランターで栽培中のミントです。玄米甘酒を炭酸水で割るのも、美味しい。

詳しくは、こちら。

コメント
他の玄米が臭う、ヌカ臭いというのは酸化臭です。

スーパーヌカがヌカでありながらヌカ臭さが無いのは
製造時の扱いが繊細だからです。
一般のヌカは放置しているので米の脂質が酸化するのです。

スーパーヌカは2時間以内に特殊な袋に脱酸素剤と一緒に封入するからです。

美味しい玄米食を提唱|トヨタ式7号食 - BL研究所公式サイト
https://www.bl-oosaka.org/
posted by 変才冨田 at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする