◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年04月06日

7号食レポート 噛む 5

みなさんこんばんは
BL研究所の冨田です。

噛む 5
唾液は1日に1.5リットル出ると言われています。
消化液は全て合わせれば7リットルです。

合計8.5リットル

1日に食べる量の7.8倍ではないですか。
凄いですね。

ところで唾液を始めとした消化液の原材料はなんでしょうか?

唾液は何から作られていますか?

乳はどうでしょうか?

これらの原材料は赤い色をした血液なんです。

そうなると

私たちは口中に1日に1.5リットルもの大出血をしているとも言えます。

消化液も加えれば死に至るような大出血ですね。

身体はこうした難事業をなぜ必要とするのでしょうか?
posted by 変才冨田 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

7号食レポート 噛む 4

噛む 4
アイヌ語にカムイという言葉があります。
神の意があります。

これは
神居ということになり
神が居る場所とは何処でしょうか。

神はカミで噛みに変じるのは偶然ではない。
神が居る場所は日々噛んでいる口の中ということになります。

神は奇跡を起こします。
死者を蘇らせるのです。

口の中に神が居るので奇跡は口の中で毎日起きていますよ。

食べ物は死んでいますが、噛むというカミごとをすることで、もう一度あなたの命として蘇らせるのです。

奇跡を起こすには噛む以外にないのです。

何処かに幸運が落ちていないかと妄想するより、
今しっかり神切れば
目の前に色彩豊かな世界が蘇ります。

あなたの神経が噛むことで蘇るからです。

7号食は噛むことが死物に魂を入れる作業、
というより
ミッションなのです。

7号食のことはあすなろ日記やBL研究所のHPに
詳しく書いています。
posted by 変才冨田 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

4月セミナー  

7日 広島有志昼学 エゴギョウから仕事編
8日 広島セミナー  姿勢と食生活に中心軸をつくる
14日 福岡水素風呂フォーラム 参加費 1000円
18日 大阪朝学 会場は神戸 
20日 新大阪駅前 水素学習会と事業説明 参加費 500円
26日 27日 東京での企業研修エゴギョウ入門編
29日 東京夜学 参加費 2500円
30日 東京昼学 参加費 3500円

各種セミナーの場所と内容などの詳細はお問い合わせください。
050−1193−9391
tetu.tomita@gmail.com


posted by 変才冨田 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月14日 福岡水素風呂フォーラムのご案内



時々このブログでも水素ブロや水素ガス吸引の
体験事例を書いています。

様々な改善がみられていますが、
水素のエビデンスが研究者から語られます。

感動するフォーラムです。

水素サプリメントももらえ損はないどころか有益なセミナーです。

参加希望者は050ー1193ー9391にお問い合わせください。

来たる4月14日(金)、「第14回WCJフォーラム」を福岡で行います。

以下に日程の詳細をご案内します。
「第14回WCJフォーラム」
日時:2017年4月14日(金)
開  場    12:00
受付終了    13:30(直前の混雑を避けるため、この時間には受付をお済ませ下さい)
開  演    14:00
閉  演    17:00予定
※状況次第では開場時間が前後する場合があります。

場所:福岡国際会議場(メインホール)
福岡市博多区石城町2-1
入場料:1000円

また、参加された方全員に、「Lita水素サプリ」をプレゼントさせていただきます。お帰りの際、チケットと引き換えでお渡しいたします。

※会場内は、当日受付順で全席指定とさせて頂いております。ご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

-----------------------------------
posted by 変才冨田 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

足楽です輪レポート している時としていない時の差が凄い

富田先生はじめまして
こんばんは会員になりたいんですがどうしたらいいでしょうか?
セミナーにはなかなか行けそうもないんですが

本日知人からのつながりで足楽です輪を購入し手にしました。
つける前に指の輪っか外れるか?押されてよろけるか?うでを肩たかさまでむね前にあげて上からうでを押してもらい下がらないでできるのかをおこなってみてびっくりしました。

輪を使用してるときとしてない時の差が本当にすごくて怖いくらいでした。
実は私背骨がS字に曲がっていてヘルニアちかくでして
整骨院に行くと初めて見る先生はよく歩けるねって笑われるのも珍しくない状態なのです。

もちろん腰痛もひどく仕事も立ち仕事なので本当にこの足楽です輪に期待です、
できれば私の両親にももちろんで他にも数名ですが体験してもらいたいのでまた購入したいんです。

会員になるには体験をシェアすれば良いということだったので
どこでシェアをすればいいのかわからなくこちらから失礼しました。
よろしくお願いします
posted by 変才冨田 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 重心調整「姿美人」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 7号食を楽しむ 人生を楽しむ



以下は塚田農場さんで研修セミナーをした時の話です。

冨田先生! 塚田農場 銀座店の尾形瞳です!
つんつん爪楊枝してもらった火性のワガママ女です! 昨日はお忙しいところ、 本当に勉強になるお話をありがとうございました!
楽しすぎて、全然眠くならなかったです。笑 ブログ読み返します(^-^)/ ぜひ塚田農場にも食べにきてくださいねー♪♪

回答
彼女から題の質問がありました。
さて、なぜ眠くなるのかにはいくつかの理由があります。

@睡眠学習に意欲が高い。
A講師の声に催眠効果がある。
B子供の頃にインストールされたOSに勉強すると早死にするという暗示がある。
などが考えられます。

対策
わたしの講演では眠る人はあまりいませんが、それでも眠くなる人は昨晩夜更かしをしているのです。
そう思うようにしているのです。
講演している最前列でいびきをかいて眠られると、窓から飛び降りたい衝動に駆られ
その人を身代りに落としたいと願います。

眠くなるのは講師やその話の内容にあるわけではありません。
まして講師の顔にあるわけでもありません。

例外として
電話帳を棒良読みするセミナーでは眠くなる可能性があります。

棒読みではなく唄うように電話帳を朗読されれば眠らないでしょう。


さて、ニーズを感じられなければ集中できないのです。
この話を聴いた後でテストがあり、合格すれば1万円プレゼント
あるいは、合格しなければ1万円徴収されます。

そういうセミナーであれば眠らないでしょう。

要はあなたのニーズなので、原因はあなたにあるのです。

それは生きる幅がまだ狭いのでニーズも小さい。

様々なことに興味を持つ人はどんな内容でもそれなりにニーズが生じるのです。

そこで対策ですが

面白くない講師の話をする講師を観察するところから始めます。

頭の先から靴まで観察します。

そして講師自身がその話に退屈していないのかを観察します。

嘘をついているかどうかも観察します。

眼をよくしばたたせる人は嘘つきです。
わたしを観察してはいけません。

講師の姿勢を観ます。
それで、ああこの人は右の腰痛があるなーとわかります。
今朝のこと、右重心で奥さんに後ろから抱き付いて背負い投げをくらったな、くらいはわかります。

話の内容も「どうして面白くないのか、自分だったらどう話すのになー」と考えるのです。

どうですか、眠る暇なんてなくなりますよ。


さて、これは昨年の文章なのですが重要な問題が孕んでいますので、再度考えます。

重要な点は
「さて、ニーズを感じられなければ集中できないのです」

「要はあなたのニーズなので、原因はあなたにあるのです。

それは生きる幅がまだ狭いのでニーズも小さい。

様々なことに興味を持つ人はどんな内容でもそれなりにニーズが生じるのです」

というところですね。

セミナーなどでどうしても眠ってしまう、という相談は結構多いのです。

脳は成長したがっています。

なのに眠ってしまうのには二つの理由が考えられます。

脳は興味のある場面では集中力を発揮します。

@眠ってしまうのは興味が薄いわけです。

愉しければ絶対に眠りません。

A興味はあるのに眠ってしまう。
この理由は情報の未整理にあります。
入力された多くの情報がネットワークを組んでいないのです。
知識として脳のなかで孤立しているので有機的につながっていない。
情報がネットワークを組んでいると新しい情報はそこにすぐに組み込まれますので
新しい発見として脳は楽しみます。

では、どうやってネットワークを組むか。
それは一段上のマクロな視点が持てれば組めます。
これがハナムラ先生のいう「まなざしのデザイン」なのですね。

学び方はこれに尽きます。

一段視野を上げたセミナーで学べばいいのです。
そうすると脳は楽しくなり集中制を勝手につくるわけです。

そんなセミナーがあるのですか?

ありますよ。

確か冨田というのがやっているセミナーがそうじゃあないかな・・・。
posted by 変才冨田 at 09:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

お待たせしました。足楽です輪が

欠品が続いていましたが、月曜日から予約を頂いていた順番に発送いたします。
posted by 変才冨田 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

7号食レポート 噛む 3

活力という字を見て見ましょう。

さんずいに舌でしょう。

これは唾液と舌のことですね。

しっかり舌を使っていて唾液がタップ出て活力です。

活きる力は舌と唾液から生まれるということですね。

年齢を経るとともに舌力と唾液分泌能力が失われていきます。

カキクケコが明瞭でなくなり

口が乾き始めます。

ああ〜老人症候群ですよ。

けれど、しっかり食べてよく噛み舌でコネてすれば唾液は出ます。

posted by 変才冨田 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな時代をどう生きる

人類が戦争をしている現実は

人のいのちが無意味であるという真実をしっかり教えてくれます。

世界中でテロは今も横行しそのたびに人が大量に殺されています。

日本ではテロで殺される人はいないように見えますが

自殺は3万人を超えています。

これは犯人の見えない社会的殺人と考えています。

犯人の考え方はハッキリしています。

他人の命よりも儲けが大切。

そういう考え方が支配しているので
自分の命よりもお金が大切と思わされるようになります。

好き好んで死ぬ人はいませんからね。


こんな現実からは人のいのちの無意味さしか見えてこないですね。

でも、わたしたちの人生には意義も意味もないからこそ

それを希求するわけです。




武器の無い日本をつくるってどうやったらできるのでしょうか。

みんなが玄米を食べれば平和な世界ができる、そう言ったのは

「ワンピース・フル・ワールド」という組織を世界中につくった久司先生です。

久司先生はマクロビオティックの世界では有名な先生です。

でも、わたしはこの考え方は間違っていると思っています。

確かに玄米を食べれば感情や心理は安定するでしょう。

でもそれが平和な世界をつくることとは関係しません。

戦争は人の感情の不安定で起きるわけではないからです。

玄米を食べて平和になるのはせいぜい家庭や会社のなかの話です。

戦争を個人の意識感情の問題に矮小化した間違いなのです。

そんなことを考えている間は本当のことを知る邪魔になって有害です。

これを書いたのは5年前です。

大規模テロも頻発し世界はいっそう混沌として、日本も戦争法案などを可決して戦争へ前のめりになっています。

こういう時代に人はどう生きるのか。

さて、全ての人は「幸せになりたい」と願っています。

隣の部屋の住民が兵器をつくり、反対側の部屋では爆音や爆弾が破裂している。

上の部屋では「鬱」で引きこもっている人が居て、下の部屋では虐待がなされている。

斜め下の部屋では首を吊っている人がおり、反対側ではゲームに時のたつことも忘れて興じている人もいる。

さて、あなたはどうすればいいのだろう。

こういう時に自分だけの幸せだけを願っていて、その幸せは達成されるのかという問題です。

解答は「そんなことありえない」ですよね。

幸せな状態とは「毎日がおおむね楽しい」という状況なのですが、わたしたちの「楽しい感覚」とは周囲の人も楽しいと感じていなければ楽しくないはずです。空気を感じる、っていうことですね。

自分も楽しい、他者も楽しいという状況をどうやれば創造できるのか

これが生き方の創造なのですねえ・・・。

当然ながら戦争ができるような国にしてはいけないですね。

ここで大声で言っておきたいことがあるのです。

若者を貧困に追い込んではいけない、ということ。

貧困から逃れるには軍隊に行かないとしょうがない
という状況こそが戦争の土台条件です。

もう一つあます。

若者を愛国者にしてはいけない、ということも。

幼稚園生に教育勅語を暗唱させるようなことに共感しているような政治家が増殖しています。


こういう時代にあって重要なことは鋭敏な神経を培っておくことです。

食を正して世界を見つめよう。
posted by 変才冨田 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

7号食レポート 噛む 2

よく噛むと唾液がたくさん出ます。

それが信号になって胃液がたくさん分泌されます。

胃液の強力な酸がノロウイルスを撃退したのです。

どのような菌も撃退します。

戦後に中国に派兵されていた兵士が大連に集まって帰国船を待っていましたが、赤痢や腸チフスで多くの命が祖国を前にして命を落としました。

そこである玄米食家の軍医が食中や食後にお茶を飲ませるなという意見を出しました。

すると赤痢や腸チフスに罹患する兵士が激減したのです。

胃酸をお茶で薄めて殺菌能力を失っていたのですね。

動物が子に教えるのは安全な食べ物と安全な食べ方だけです。

私たちはこのようなことさえ教えられないで大人になってしまいました。

以下は大きなオデキがあちこちにできた小さい子のお母さんとのライン会話です。

私 「食べ過ぎですよ‼️」

お母さん 「すごく食べます‼️」

私 「先ずはお父さんとお母さんがよく噛んで食べているところを子供さんに見せてください」

お母さん「ありがとうございます。
今日の朝から実践したら食べる量も減りましたし、それでも満足しているようでした。夫と2人反省ししっかり実践していきます。」
posted by 変才冨田 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする