◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年05月10日

原因は自分なので自分から始める以外にない


人間は場を「与えられ」なければ力を振うことはできないでしょう。

でも、本当は場は与えられるものでなく自らの力で獲得するものなのです。

人という動物としてはいきなり生まれおちて場を得るわけですが

それから育てられて、教育されて、次は人間として生きていく場を獲得しなければいけないのです。

その場のそばに他者の場があり、立体パズルのようにして「私」の場と「他者の場」が噛みこみ合っています。

その場からふっと抜けられることは難しいのです。

難しいほどにそれはあなたの確固たる場なのです。

あなたがいなくなると多くの人の場の力が弱まってしまうのです。

簡単に抜けられるような場であれば、もともとあなたはそこでは力を発揮できていなかったという証拠でもあるのです。

あなたが力が振えるような「場」をつくりましょう。

場のない人は力が発揮できないので「無力」です。鬱にもなってしまうのです。

ここまでが前回です。

つながりというもの

簡単に断てるようなものであれば

それはすでにほころびがあるのです。

離婚できる人は、もともとゆるーいつながりなのです。

そのゆるさは善悪ではないです。

緊密な関係がいいといっているわけではありません。

簡単に仕事がやめられないわけは

自己と仕事が同一化しているからです。

さて

自己の力をふるうには

自己を仕事へと拡大しなければなりません。

その方法は「関わる」ことです。

関わるとはつながるという言葉と同義語です。

主体的にソレに向かって発言し、自らの手を加えることです。

自らの手が加わってソレに変化を与えると、その変化があなたにも向かってきて

あなたを変化させます。

つながりとは双方向なのです。

ストーカーは一方的ですからつながったことにはならないのですね。

マイナスのつながりです。

相互に影響を与え合う関係がプラスのつながりなのですね。

いつまでもソレに評論家的、傍観者的な態度では

あなたが成長しないのです。

いろんな人や事に出会っても「あの人はつまらない人、つまらない仕事」

といっている間は

あなた自身がつまらない人、状態なのです。

やる気になれない原因を社会や仕事、他者に求めているあなたは

あなた自身が他者の足をひっぱり、やる気にさせていないのです。

動機を外に求めるのではなく

あなた自身を原因にしないといけません。
posted by 変才冨田 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂爪氏の「ごちゃ混ぜの家」構想 2

坂爪さんの記事のご感想はどうでしょうか。

このblogの読者であればきっと面白いと思うでしょうね。

さて、彼のごちゃ混ぜの家構想は言い換えると家族性は血縁関係だけからしか生まれないのか?

そういう問いかけのようですね。

家族性の特徴に「あなたは居てるだけで良い」ということが挙げられます。

役に立たなくて良いですよ、ということです。

一方に社会的な人の関係性は役に立たなくて存在は許されない、というものです。

会社はまさしくそういうことです。

家族性と社会性はその立っている基盤が違うわけです。

坂爪さんが今さらその家族性を問いかけるのは理由があるようです。

それは現在において急速に「居てくれているだけで良い」という土台が崩れていると感じられたのではないでしょうか。

資本主義社会の仕組みというものは全てを役に立つデザインされたもの、つまり商品化させます。


学校経営とか家庭経営という言葉に代表されるように学校や家庭が会社化してきています。

教育投資という言葉に代表されるように子供は投資の対象になるのです。

子供には投資に見合った活躍が期待されます。

投資された子供には親の役に立つ生き方を求められます。

そういう意味では家族性の崩壊は貧困家庭のみならず中産階級に際立っていると思われます。

投資するからには子供は都合の良いようにデザインされます。

けれどもいくらデザインされようが現実が急速に変化しているので、商品はすぐに陳腐化します。

現実にはそのデザインは役に立たないのです。

デザインされすぎて、あるいはされなさ過ぎて大人になった人達は

役に立たなくて社会から疎外されます。

存在そのものが揺らいでいる人が増加しているようです。

自分は役立たずの存在だから消えてしまっても仕方がない。

「ごちゃ混ぜの家」構想はこうした状況に問いかけているように見えます。

役に立たなくては存在が許されない

そういう人間観は全ての人間観に影響を与えそうですね。

人種や育ちや出自への差別感情、学歴差別、 性差における差別感情

つまり恋愛観にも結婚観にも影響を与えています。

続く


posted by 変才冨田 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

国家的不吉の花が事務所の裏で咲いていた その臭いの中で我が野良猫玄ちゃんが出産か?

下水の澱んだ悪臭の原因がこの花でした。

IMG_2930.JPGIMG_2929.JPGIMG_2928.JPG
この花はトピカズラと言います。
滅多に咲かないそうです。
九州のある地区では天然記念物です。
熱帯の植物ですね。今年も暑くなりそうです。
以下は引用
トビカズラの名の由来として、2つの話が伝わっている。治承・寿永の乱(源平合戦)の頃、壇ノ浦の戦いで敗れた平家の残党が相良寺に落ちのびた際、豊後竹田の源氏方の武将である緒方惟栄が寺を焼き討ちした。焼き討ちの際に寺の千手観音は飛翔してこのカズラに飛び移り、危うく難を逃れたという。また、一説には千手観音がカズラに姿を変えて飛来し、走落の坂を下る緒方三郎の足にからみつき、落馬したところを残兵が討ち取ったとも伝えられている。

トビカズラは霊華「優曇華」(うどんげ)と呼ばれ、「霊華時を隔て開花することあり。開花すれば必ず国家的事変がある」と言い伝えられてきた。事実、1929年(昭和4年)5月に35年ぶりに開花した翌年に満州事変が勃発した。また、仏教の世界では「三千年に一度開花し、その時は金輪王が出現するとも、如来が現われる」とも言われている。

さて、玄ちゃんが出産したようです。
隣のベランダの下から子猫のにゃあにゃあが聴こえているようです。
お腹が大きくて凄い食欲だったので怪しんではおりました。笑
posted by 変才冨田 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リタボトルセットのレポート

⭐吸引水素

母の変化に驚き👀‼
そんなに?!と、半信半疑で、、、
鼻から風が入ってくるのを感じ、間もなく、白が鮮やかに感じだしました。。。

元々鼻が悪く、いつでも鼻の奥が詰まっているのですが、いつもなので、もうそれが当たり前になっておりました。

白が鮮やかになってから、頭が少し軽くなったような感じがあり、眠くなってきました。
吸引の前に少しアルコールを飲んでいて、、、吸引してから、気がついたら、アルコールがすっかり抜けたなー!という感覚、、、
の後、あれ?!鼻が通っている!事に、、、
鼻が通る感覚が、こんなだったと、、、

次の日、片方の鼻は、詰まってしまった感覚がありましたが、ウォーキングをしていて、鼻呼吸を意識していたら、詰まってしまった方の鼻も通ってきたり、、、
でも、昼頃には、やはり片方は完全に詰まってしまいました。が、もう片方は、丸一日たった今でも通ったままです。

たった一回の吸引なのでこんな感じですが、、、
続けたら、どうなるのかな?!という期待が持てる体験でした🎵

コメント
水素ガスは粘膜吸収が激しいので、鼻粘膜から多く吸収します。
鼻粘膜から吸収された水素ガスは鼻の血行を改善して眼にも運ばれ
最後は脳に入っていきます。
前回に書いた女性は脳に水素エネルギーが入って元気になり、
この方は顔全体の血行不良があったのでしょうね。
きっと顔の肌もよくなってくることでしょう。
先ず
posted by 変才冨田 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 水素風呂レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

リタボトルの水素ガス吸引レポート

⭐吸引水素
○△子さん
ここのところ、疲れがとれず、疲れやすく、夜眠れずに
ここ1週間ほど、休んでいたウォーキングを開始し、夜は水素風呂に入ってはいたものの、足湯も始めました。

すぐにバテバテで、朝のウォーキングもやっとやっと、、、
ため息ばかりでした。

孫から、水素風呂のこと、 足湯のことをじっくり聞いたことも良かったかと思いますが、、、

孫の観察
水素を吸引して、間もなく、体が軽くなってきた!と、騒ぎだし、、、顔色も良くなり、30分終えたら、目付きが、ドローンから、シャキッとなったように感じました。
本人は、目が冴えてきた!とのことで、夜、眠れるのか?!と思いましたが、、、朝も元気よく起きてきて、夜もぐっすり眠れた!

もう、体も軽くて🎵ウォーキングの足取りも今までになく軽やかで、踊り出す始末!
歩く速度も早くなっていて、楽しそう!
昨日までは、折り返し地点辺りから、息も絶え絶えで、先に家に帰ってしまうほどだったのに、、、
本人もビックリです。
早く、毎日吸引したい❗と、やる気満々です!

だった一度で、ここまで変化を感じるのか?!と、驚くほどでした。

コメント
多くの人の疲労感とは脳の疲れなんですね。

歳を取るほど脳の疲労が増大するので、
リタボトルの水素ガス吸引はお年寄りには福音ですね。

長距離移動の運転手さんなどにもお勧めです。


それにしても、この変わりようって‼️

リタボトル
image.jpg

これは水素水を作って飲用よ付属のアトマイザーで顔にも吹きかけられます。
同時にオプションののチューブを使って水素ガス吸引もできるようになりました。
BLのお徳用価格で32,400円です。
ご注文やお問い合わせは
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391
posted by 変才冨田 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 水素風呂レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

水素風呂 二週間でこんなに改善

IMG_2919.JPG
これが 水素風呂を利用する前
IMG_2920.JPG
これが二週間後
IMG_2921.JPG
これが三ヶ月後ですっかり色白ですね。

赤ちゃんは肌が弱いので、これ以上どうしようかと思っていましたが、今では全く悩まなくて良くなりました(C
ありがとうございます。

ついでに以前のものも
image.jpgimage.jpg

赤ちゃんの治りが良いのは、おそらくステロイドホルモンを使っていても短期 使っていないことも多いこと
があると思います。

小さい頃から薬使って成人アトピーになった人は多いようです。

成人のアトピー治療は水素風呂だけに依存せずに食事療法も含めたライフスタイルの改善も同時に必要ですね。
この男性は7号食2回目から水素風呂を利用されました。
image.jpg
小学生の頃から指紋が見えなかったそうです。
image.jpg
見違えて良くなり、指紋が現れて喜ばれていました。
食事療法も併用ですね。

水素風呂は格安のレンタルで十分です。
先にレンタル料の2ヶ月分をお振込いただきます。
毎月3500円の消費税のみです。
お問い合わせは
tetu.tomita @gmail






posted by 変才冨田 at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 水素風呂レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さくなってしまった男達 2

ずっと以前のことを思い出しました。

僕は女性は即物的、現実的なもので

非社会性がその性質という思い込みを持っていました。

男性は生きがいや人生論が好きで概念的なものに惹かれるとも。

事実は逆です。

むしろ女性は全ての面に全開しているようです。

男性は明日のことより今の酒です。

もちろん、基本的には性差よりも個人差でしょうが

女性は今と未来に大きな関心を寄せています。

夢は女性の方が抱いています。

男は疲れ果てているのでしょうか。

未来を夢見た社会的貢献行為には無関心です。

自分の周辺5メートル範囲にしか関心がない男が多いです。

明治維新は男達が担いましたが

これからの世直しは女がやるでしょう‼️

そう思うのは僕のセミナーにそうした女性が多く来ているからでしょうか。

男より女の方が僕の概念的な話に共感を寄せてくれます。
posted by 変才冨田 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

人間の存在価値の復権 坂爪氏さんの「ごちゃ混ぜの家」構想 1

坂爪さんが提案された「ごちゃ混ぜの家」はクラウドファンデイングは募金で大成功でした。

200人以上から500万円近くの募金がありました。

多くの賛同者を得た「ごちゃ混ぜの家」とはどういうものか。

これは僕の最近の考え方とオーバーラップしており

注目するようになりました。

人生をデザインするのかアートするのかの実践版といえそうです。

人は役にたたねばならないのかというあたりですね。

先ずは彼の文章をどうぞ。

以下は引用

昔から「家族とはなんぞ??」という思いがありました。多分、私は『ごちゃまぜの家族』をつくりたいのだと思います。

ごちゃまぜの家をつくりたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

▼はじめにご挨拶

わたしは、いまから3年ほど前から「家のない生活」を2年間ほど続けていました。きっかけは、当時、東京都内で同棲をしていた彼女と別れたことで、荷物の少ないわたしが家を出ることになりました。当時、林修先生の「いつやるの?」という例のアレが大変流行をしておりまして、当時の彼女が「いつ出るの?」とわたしに尋ねるものですから、わたしも咄嗟に「いまでしょ!」と答える流れになりまして、その日のうちにホームをロスすることになりました。人生は何が起こるかわからないなあなどと思いながら、同時に、わたしは常々「東京の家賃は高すぎる!これでは、家賃を払うために生きているみたいなものじゃないか!」などと勝手にふんがふんがしていたものですから、家がなくなったいま、ふと「家がないということはもしかしたらチャンス!月々の家賃がかからなければ、生きるハードルも一気に下がるのではないだろうか」と閃きまして、これはいい機会だということで「家がなくても生きることはできるのだろうか」ということを自分を使って試してみることにしました。



同時期にブログを開設していたので、わたしは「これこれこういう思いで家なし生活を試してみようと思う」と書きました。すると、非常に幸運なことに様々な方々から「それなら我が家においでよ」とか「渋谷に来たらラーメンを奢るよ」とか「この家は使っていないから自由に使っていいよ」的なご連絡を大量にいただきまして、誘われるがまま呼ばれるがままに足を運ぶようにしておりました。最初は「もしかしたら危ない目にあうかも…最悪の場合は殺されるかもしれない…」などとビクビクおびえていたりもしたのですが、よくよく考えてみるとわたしを殺すメリットは何もない(当時から、ブログなどでも「わたしにはおうちもなければお金もありません」などと書いていました)ということに気づきまして、あとは野となれ山となれの精神で突撃をする日々を過ごしておりました。すると、みなさま非常に良い方々ばかりで、ああ、ひとは優しいのだなあという当たり前のこと(しかしながら忘れがちになっていたこと)を、強く実感しました。



それからいろいろとありまして、やがて県外の方からも「君は不思議な男だね。交通費を出すから泊まりにおいでよ」的なご連絡をいただくようになり、家のない生活も2年目にはいる頃には海外からも「航空券を用意するから遊びにおいでよ」などと声をかけてもらえるようになり、結果的に日本全国47都道府県、国外も20カ国近くに足を運ばせていただけることになりました。元来、旅好きでもなんでもないわたしも「旅人」などと呼ばれるようになり、改めて人生は何が起こるかわからないなあと思いました。そして、家のない生活は様々な気づきを与えてくれました。わたしは、家がなければ生きていけないと思っていたのですが、「家がなくなったら生きていけないばかりか、家があった頃には到底出会うことのできなかった(お金もなかったので海外にも行くことはできなかった)面白い目にあえているこの現状はなんだ!!」と、自分でも自分に起きていることの意味がよくわからなくなってしまいました。



▼このプロジェクトで実現したいこと。

家のない生活は2年間ほど続いたのですが、その後、ブログ読者の方から「さすがに家のない生活は大変でしょう。熱海でもよろしければ家をご用意いたします」という連絡をいただきました。わたしはなんだかびっくりしてしまって、なにはともあれ一度その方にお会いさせていただくことになりました。実際にお会いしてみると、その方はほんとうに素晴らしい人柄の女性で「ああ、このような方が用意をしてくださる家に住めるだなんて、自分はなんて幸せな人間なんだろう」と感慨に耽り、結果的に(なんだか漫画のような展開でもあるのですが)その方が熱海に家を購買してくれることになりました。この時点で、およそ2年間におよぶ家のない生活はピリオドを迎えます。いまは熱海に家があるのですが、引き続き、何かしらの要件でわたしを使っていただける方がいる限り(そして自分の予定があう限り)どこにでも足を運ぶ日々を過ごしています。



これまでの日々と、そして、このような形で与えられた熱海の家は完全に「みなさまの善意【自力ではなく他力】」によって授けられたものになりますので、自分のためだけにこの家を使うのは何かが違うと思ったわたしは、熱海の家を「誰でも使ってください」と完全に開放をしました。家の鍵はかけず、家にあるものは(家主が不在の時でも)なんでも使ってOK、玄関には『みんなの財布』と銘打って出し入れ自由の財布を掲げてみました。ただ、熱海はどうしても都心から距離もあるためになかなか誰でも気軽に足を運ぶということができません。そのため、こういう完全に開放をされた家が日本のど真ん中にもあったらどうなるのだろうかということに最近では強い興味を持つようになりまして、今回、このような企画を立案させていただく運びとなりました。



話が長くなってしまいました。わたしがやりたいと思っていることは「東京にごちゃまぜの家をつくりたい!」ということで、その空間は完全に無料で開放をされていて、場合によっては無料の喫茶店や食堂としても機能をするような(365日炊き出しが可能であるようなイメージ)、手料理をつくりたいひとは手料理をつくり、手料理を食べたいひとは手料理を食べる、誰かと話したいひとは誰かと話し、誰とも話したくないひとは(用意できるかどうかは未定ですが)個室などで静かに本を読む、希望者の方は無料で宿泊をできて、欲しい本があればそのまま持ち帰ってもOK、ある程度の人出が集まった暁には「一時的な託児所的な役割」も気がついた頃には勝手に担ってしまっているような、ある種のカオス、それでいて空間全体の調和がとれているような「ごちゃまぜの家」を東京につくれたらいいなあと思っています。



▼プロジェクトをやろうと思った理由

人間の三大欲求は「食欲」と「性欲」と「睡眠欲」などと言われておりますが、よくよく考えてみると「これって全部家で叶えられるヤツだね!」ということに気がついてしまいました。性欲とは、多分、コミュニケーション欲求(必ずしもセックスのことだけを意味するのではなく、誰かとつながりたいと願う感覚)のことだと思うのですが、いまはちょっと誰かと話したい気分だな、だけどなかなか気軽にひとと話せる場所ってないよね、なんて思われたことのある方は、きっと、わたしひとりだけではないと思います。人間の三大欲求を叶えるベースになる場所、今回は「手料理」というものがなんだかものすごい大切なキーワードになるような予感がしているのですが、誰もがふらっと立ち寄ることができる場所、そこに行けば手料理をつくってくれるひとがいて、手料理を食べながら話したり話さなかったりできる場所、そういうものの第1弾を東京につくりたいと思います。
posted by 変才冨田 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月21日 大阪セミナー

開場 12時
ロシアの占い師 計測
自分の知らない身体の気になる情報を知る
10項目のみ計測します。
計測終了後にグループセッション

13時30分 第一部 講義開始
テーマ 久しぶりの7号食講習

15時 
テーマ
エゴギョウ中級編より
楽しく失敗できる方法

終了 17時(おあそらく)

参加費 計測参加者1000円

第一部2000円
第二部2000円

全ての参加者は4000円

場所 大阪BL研究所セミナー室2階
ーAccessー
〒537-0022
大阪市東成区中本3丁目10-23
アトリエ♭隣

参加希望は以下

【参加お申し込み先】
BL研究所の参加フォームから
または
BL研究所 tel/fax : 050ー1193ー9391 Mail : tetu.tomita@gmail.com
posted by 変才冨田 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミッションとは何か?

ミッションを遂行すると楽しく生きることができます。

ミッションとは命の使い方を言います。

命は非常に個別的ですからミッションも個性的になります。

つまり、自分の命の個別性に気づくことが自分の価値の気付きになります。

ミッションとは自分の価値を社会に気付かせることです。

ミッションとは、そういう意味で自分の個別性に気づいて

自分の価値を社会に役立てることです。

自分の価値に気づいた瞬間にミッションは生まれます。

あとはそのミッションを

どのように役立てるかの課題になります。

おここからが「好きを仕事にする方法」という課題です。

「好き」とは非常に個別性があり、それ自身が価値になります。

「好き」を観察することで価値に気づきます。

「好き」を実行する過程で周辺を巻き込んで行くのです。

ミッション化ですね。

後は好きで食べられるようにする課題です。

以下は本日のyahooの記事から引用

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6238730


ぼくにしかできない店 できた 発達障害の15歳・岩野さんが桐生に開店 味覚生かしコーヒー豆焙煎
上毛新聞 5/5(金) 6:01配信

ぼくにしかできない店 できた 発達障害の15歳・岩野さんが桐生に開店 味覚生かしコーヒー豆焙煎
「どんな入れ方や飲み方をしてもおいしい豆を提供したい」と話す岩野響さん
 群馬県桐生市小曽根町の岩野響さん(15)が、自家焙煎(ばいせん)したコーヒー豆を販売する「HORIZON LABO(ホライズン・ラボ)」という店を、同所の水道山中腹に開業した。店のキャッチコピーは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害の一つ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、高校には進まない選択をし、自分にしかできないことを探している。

◎優れた味覚と嗅覚駆使 「水平線のように広く自由に」
 響さんは障害の影響で空間をつかむ力が弱く、黒板の字を書き写せなかったり、運動が苦手だったりした。学校の授業と部活動の両立ができず、中学1年の10月に不登校になった。

 物心ついた頃から、同じ調味料でもメーカーの違いが分かるほど優れた味覚と嗅覚を持つ。両親に毎日出していたコーヒーに興味を持つようになり、中学2年の5月に知人から手回しの焙煎機をもらった。一つのことに熱中する性格で、市内の伊東屋珈琲(コーヒー)のロースター、古谷哲成さんらとも意見を交わし、焙煎する時間と温度でコーヒーの味がどう変わるのかを研究した。

 中学3年の夏に家族とタイ・プーケットの海を見て、水平線(ホライズン)のように広く自由に生きたいと思った。自分を表現できるコーヒーの研究成果を発表する形で店を出そうと決意。自宅近くの空き小屋を父の開人さんと共に改装し、4月にオープンした。

 商品は月替わりの1種類で、グアテマラや東ティモールなどの豆をブレンドする。今月はすっきりと飲みやすい味に仕上がった。温度を上げつつ時間をかけて焙煎することで、酸味をなくして深みのある豆を提供する。鮮度にこだわり、3、4日以内に焙煎したものを販売しようと心がける。「誰がどんな入れ方や飲み方をしても楽しめる豆を提供したい」と話す。

 営業は毎月1〜7日の午前11時〜午後7時。

引用終了

ここで、使用価値と存在価値の概念が必要です。

役に立つという機能性、つまりデザインが使用価値ですね。

存在価値はアートです。

これだけではよくわかりませんね。

続く



posted by 変才冨田 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする