玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年10月26日

肺炎と口呼吸

質問がありました

私の母のことですが、二年前くらいからよく風邪をひくようになりました。昨年は気管支炎と肺炎になり一年中咳をしていたような気がします。気管が弱ってるのかなと思いますが、心配です。もし何か対策があればお願いします。

回答

お年寄りの肺炎の原因筋は口腔内菌です。

つまり、誤嚥をしているのですね。

口腔内菌が唾液と一緒に気管に入ってしまうのです。

そうなる原因は舌の力を失っていることにありそうです。

舌に力がないと誤嚥を起こしやすいのです。

同時に口呼吸もありますので、鼻呼吸できるようにする必要があります。

口呼吸は口腔内を乾燥させ雑菌を増やします。

舌の運動は簡単です。

舌を出して口周辺をなめまわすのように回転させます。

毎日この運動をしてください。

同時に鼻周辺をつまようじでツンツンしておくと鼻の血行がよくなり詰まりが取れて

鼻呼吸がしやすくなります。

唇の力をつけるためのペットボトルも販売しています。

唇の力を強めると舌も強くなるのです。



posted by 変才冨田 at 17:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

みどりのお米は特殊な玄米です。

先生こんにちは(^O^)v

普通の玄米とみどりのお米とどういうふうに違いますか?

ゴマはどんなゴマでもいいですか?(*^^*)

回答

普通の玄米とみどりのお米はかなり違うものです。

みどりのお米は早取りをしているので粒が小さいですね。

その結果、普通の玄米を100cとみどりのお米を100c食べたのとでは違いがでます。

それは食べる粒数が2倍以上違うということです。

つまり、生命素である胚芽を2倍以上食べたことになるのです。

元氣になるわけです。

また、ギャバに代表されるように微量栄養素が多く取れるのです。

ちなみにギャバ多いことがポイントになっている発芽玄米のさらに二倍あるのです。

100c中24ミリグラムです。


さらにこのみどりのお米は無農薬で栽培されています。

さらに在来種である「あさひ」なのです。

戦前からある品種なので無理な改良をしていないために野性味があるのです。

もちろん品種改良を目的としたコバルト60といった放射線も浴びていません。
posted by 変才冨田 at 21:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

質問 大腸がんについて

10年ほど前に大腸がんの手術をし、最近調子があまり良くないという知り合いがいます。

良く腸に癒着が起こるようです。

最近調子が良くないと、検査を受け、只今検査結果待ちです。

もしかしたら、再発かも・・・と、本人は心配しているようです。

まだ、結果は出ていないのですが、よく癒着を起こすという状況には、どのような原因あるのでしょうか?
癒着・・・ということは、手術の傷跡とそこに隣接する部分がくっついてしまうということでしょうか?
血行の悪さや冷え、ストレスがげんいんなのでしょうか?

大腸がん・・・肉食、ストレス、冷え、運動不足・・・等々原因なのでしょうが、他に原因があれば伝えてあげたいので、ご指導、宜しくお願い致します。

回答

手術後に癒着することはよくあるようですね。

蠕動運動を阻害して腸が詰まってしまうこともあります。

大腸がんの原因に繊維不足食があるのですが(肉食は繊維不足食になりやすい)

繊維不足になると台帳への刺激不足になり原皮になりやすく

肉食は便秘をしたときに酸性腐敗便になりやすく、悪臭の毒ガスで腸内が汚染され、それが粘膜を傷つけがん化を促すと思っています。

町内の下水システムが壊れて、住民がこぞって道路に汚物をまき散らした状況を想像してください。

引越ししたくなるでしょう。

引越しできない場合は鼻粘膜を故障させて臭いを感じなくさせるかもしれません。

これと同じことが腸内で起きていると思ってください。

住民とは粘膜細胞のことです。

さて、繊維不足が原因なので繊維が豊富な玄米を食べさせたいのですが、癒着を起こしている場合はこの繊維が腸閉塞を起こさせるかもしれません。

玄心や玄米甘酒で様子をみながら食養をすすめます。


もう一つの原因にストレスがありますが

大腸や肺に癌をつくりやすいストレスに金性の性格傾向があるようです。

正義感や使命感、「こうあるべきなのにそうなっていないのはケシカラン」などという性格傾向です。

ですから「立派な人」に大腸がんのなりやすさがあるようです。

あまりにも役になりきりすぎた・・・、ということかもしれません。

オススメはもっとルーズになって、エエかげんな生き方かなー。

上記の人はそれくらいでちょうど「いい加減」かもしれません。

posted by 変才冨田 at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

逆流性食道炎について

質問がありました。

82歳の母の疾患について質問です。

逆流性胃炎と診断され薬をもらっています。

逆流性胃炎の原因や注意することをパソコンでしらべたところ、母の場合は、ストレス、加齢によりベンの機能低下で逆流しやすい状況になっている事、入れ歯が合わず良く噛まずに食べているため、食べ物が長く胃に残っているため胃もたれしやすい事、食べ過ぎ、姿勢が前かがみ、洋服のゴムが胃のあたりを圧迫している・・・などの原因が考えられました。

とりあえず、一度に多量の物を食べず、少し食べては時間を開ける・・・と言う食べ方、食べ過ぎにきを付ける、良く噛む、もたれたら無理に食べない・・・などの対処をしようと思っています。

先生のところの乳酸菌を夕食前に飲むようにはしています。

食に関しては年齢も年齢なので玄米を食べる以外には強制はしていませんが、脂肪の多い物、コーヒーは控えるよう話しました。

原因や対処法に、他に考えられる点など有りましたら、ご指導お願いします。

先生の考えるところの原因を教えて下さい。


また、膵臓に水泡がいくつか見られるとも指摘されました。その影響で膵管が太くなりかけているようです。まれに水泡が悪性かする可能性もあり、すい管がこれ以上太くなると、膵炎の可能性も出てくるので、経過を見る必要があると言われています。

すい管を消化液が通っているとか。このまま悪化していくとどの様な事が症状としておこるのでしょうか?膵炎とは?
現状の原因と思われる事あれば教えて頂きたいです。また、対処法などありましたら、ご指導頂きたく、宜しくお願い致します。

終了

その対処法で良いと思います。

膵炎は背中に激しい痛みを伴うことがあります。

かにやえびたまごなどを避けます。

逆流性食道炎については組織の緩みなので甘いモノや果物も少しに控えます。

しっかり噛まないといけません。

強い味付けは飲み込みに通じやすいです。

そこで、お茶屋味噌汁などの水分の多いものは食後しばらくしてから出します。

特にお茶は1時間後にに出します。

逆流性食道炎に悩む人は増加しているようです。

原因は早食いが増えたこと。

早食いになる理由は甘辛い味付けが多くなったからです。

淡白な実毛であればよく噛むことができます。

posted by 変才冨田 at 22:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

止まらない咳

1:男性で咳が時々出て止まらないとのこと。
乾いた感じの咳をされていて、のどが痛いとかはなく、気管支か肺が悪いのではと心配されています。

その咳に有効な処方は昆布の黒焼きです。

理想はホウラクで黒くなるまで焼いてからすりばちで粉にしてオブラーゼで頓服します。
番茶にスプーン1杯混ぜて飲んでもよいでしょう。

トースターで焼いてからフライパンで黒くなるまで焼いてもいいでしょう。

それから、原因としては

過去に喘息はなかったか、(今の時期は喘息になりやすい)
血圧を下げるクスリを飲んでいるか
あるいは、肺に悪質な病気を抱えているかもしれません。

この対処法で効果がなかった場合はけんさをお勧めします。

2:男性で咳が出て、タンが絡んで苦しいとのこと。2.3カ月経っても変化がなく困っていらっしゃいました。

この場合は口呼吸でのどに炎症があり痰が止まらなくなります。
また、鼻が詰まっており鼻水が気管支に眠っている間に入り込み痰として排泄したいわけです。

鼻づまりを取るのが根本療法になります。

さらさらした体液をつくれば鼻は通ります。

7号食ですね。「大根おろし+レンコンおろし+生姜汁」もいいでしょう。

別報にクビから上の血行を改善すれば鼻は通りやすくなりますので、聴覚トレーニングもいいでしょう。

聴覚トレというと誤解がありますんどえ、明晰脳訓練を聴覚刺激を通してやる、ということでしょう。


気管支には
「大根おろし+はちみつ」
「大根おろし+レンコンおろし+生姜汁」
これは、以前私は効いたのですが、二人にも当てはまりますか?

他は何か策はありますか?
教えてください。

posted by 変才冨田 at 01:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

「突発性難聴のまっただ中 ]

右耳…通常の10〜20%
左耳…通常の40〜50%

違和感をおぼえてから2週間


内科の主治医でもらった薬はあまり効くことなく


先週の土曜の朝に耳鼻咽喉科に行きました。」

ヴァイオリンをひいています。
56歳くらい?
男性です。

突発性難聴について、なにかアドバイスをいただけますでしょうか?


という相談がありました。

一刻も早く酸素カプセルに入ることです。

そのままにすると慢性化します。



posted by 変才冨田 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

背中や肩や腕がガチガチ

女性「以前変才さんに腕や肩に力が入りすぎている、3の仕事に10も力を入れていると指摘されたことがあります。たしかにその通りで、どうにかしたいのですが・・・」

という相談がありました。

こういう人は身体をゆるめることが苦手です。

緩めるという仕方さえわからないのです。

こんな実験をします。緊張型人間発見テストです。

片腕を横に水平に上げてもらってわたしが支えておきます。

わたし「じゃあ、力を抜いてくださいね」

女性「ハイ」
わたし「抜けましたか?」

女性「ハイ、抜けています」

わたし「本当に?」

彼女「ハイ」

でも彼女の腕の重みが伝わってこないのです。

案の定わたしが支えを取ると腕は上がったままです。

本当に抜けていればばたんと下がるはずなのです。

なぜ力が抜けないのかというと

失敗を恐れているからです。

なぜ恐れるかというと完璧意欲が高すぎるからです。

同時に「人に気を使いすぎる」のです。

その理由は、他者に安心感をもてないからです。

以下のことも参考にしましょう。


忘れていましたが以前の質問です。

Nさんからの質問がありました。

太字は変才からのコメントです。

ここ2ヶ月くらい、気分が優れないのです。そしてそれに気づいた時に身体の感覚を観察してみると、必ず両肩にすごく力が入って肩が上に上がっているのです。それで、その両肩を意識的に力を入れて下に下げてやると、気持ち悪さや具合の悪さなどが心なしか解除されるような感じなのです。

それで、気をつけて数分おきに両肩に意識を持っていくようにしてみると…さっきちゃんと肩の力を抜いて下に下げたはずなのに、またしっかりと力が入り、がちがちになって上に上がっているのです。本当にどうしてなのか全くわかりません。とにかく肩、首、背中…ガチガチに凝って固まって。。という感じです。腰痛もあります。

これは何が原因なのでしょうか?
どこかおかしいのでしょうか?
どうやったら治りますか?
毎日つらくて仕方ないです。

さて、そのガチガチ感覚は交感神経過剰になっているのです。

気が上がりすぎた状況です。

すべては陰陽なのですが、

上が張るときは下半身が緩んでいるからです。

気を下げるには「よく歩くこと」「小食にすること」の2点です。

リュウマチについての質問もありましたね。

リュウマチは交感神経と副交感神経の相互過剰です。

緊張しすぎて交感神経がダウンし副交感神経が立ち上がり・・・、これがだるくて、重くて、しんどくて・・・、の原因です。

こういうときは呼吸もきわめて浅くなっています。

ガチガチのときは風船を強い息で膨らませてください。

しんどいときは、あなたの場合はムチ打って歩くようにすることです。


指の付け根が痛むのは、原因としては「痛風」の初期、でなければ

かかと重心と外側重心の両方があります。

それでもなければ靴があっていない・・・。

インソールに指ヒモをくわえて歩きましょう。

そして、先日お伝えした足の痛みですが、両足の親指の付け根の出っ張っている部分が痛いです。
痛い時もあれば痛くない時もあります。ちなみに、外反母趾などではありません。あとは足の裏の親指以外の指の付け根の下あたりと、かかとの後ろ(足の裏のかかとではありません)の内側です。

リュウマチはとりあえず粉を焼いたもの、卵、鶏肉を控えておきましょう。
posted by 変才冨田 at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

健康質問箱

をつくりました。

但し、質問は健康に関することのみです。
恋愛問題、経済問題、政治問題、宗教問題はなしです。

質問はコメントをクリックして書いてください。
posted by 変才冨田 at 22:46| Comment(38) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする