玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2014年05月27日

期待してはいけない

コメントがありました。

愛情を求めたら無情が返ってくる。

平等を求めたら不均一が返ってくる。

平和を求めたら争いが返ってくる。

信頼を求めれば裏切りが返ってくる。

優しさを求めれば冷たさが返ってくる


それでも、 高い志は、それを乗り越えさせてくれる。大いなる夢。

それが支えになり変わる事で今を生きて

美しい風景をいつか眺めてみたい。

聖なるものへの憧れは、桃源郷のよう。



コメント

期待することは「エゴ」です。

「求める」とは自分の都合のよい状況に相手を追い込むことになります。

高い志とは自分への期待ですね。

人に期待するのではなく自分に期待することが

古い自分を乗り越える唯一の道のように思えます。



posted by 変才冨田 at 15:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

志民になろう

「里山資本主義」という本をお勧めします。

これ読むと「田舎暮らし」に興味が湧きます。

けれど、これはそれを勧めているわけではなく

マネー資本主義からどう自由になるかという話です。

自由に生きているようにみえて、実は私たちはマネーに拘束制限されています。

お金は自由を保証していると思いがちですが、その実お金に拘束されてしまっており

考え方もマネーに支配されています。

そういうことに気づかされる本です。

本質的に自由になる方法の一つにできるだけお金を使わないということがあります。

断捨離などもこの路線、つまりマネー資本主義からの自由ということです。

都会生活者もその生活の範囲のなかで実践できることはたくさんあります。

そうしよう、そう思ったとき「志民しみん」になれるわけです。

7号食はそうした路線にのるきっかけになるでしょう。
posted by 変才冨田 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

成長することが生命の明かし1

昨日のことです。

大変興味深いお話をしていただきました。

その人は危険遊具を幼稚園や保育所に販売されているのです。

彼「三輪車に乗ったからといって子供は自慢しないでしょう。けれど、一輪車なら自慢するでしょう」

という話です。

あるとき危険遊具のデモンストレーションを大勢の前でしたのです。

太った女の子が高い平均台の中ほどで、下を向いてしまい怖くなって動けなくなったそうです。

泣いてばかりで前にも後ろにも動けないで固まったのです。

大声で泣くばかりでみんな手をこまねいていたそうです。

体育館のなかはその女の子の鳴き声が響き渡り、みんなどうしたらいいのかとただ見守っていました。

その幼稚園の関係者がみかねて助けにいきました。

手を差し伸べた時、一喝する大声が会場に響き渡りました。

「なにすんねん!」

それはその遊具の考案者で安田先生といいます。

女の子は誰も助けてくれないのだと分かった時、泣きながら少しずつ前に進みました。

とうとう渡り終えて階段を下りた時、みんなが大拍手で迎えました。

「よく頑張ったね」「すごい!」

女の子はニッコリして「もう一回渡る!」といって二度目の挑戦に向かいました。

安田先生「あの時、助けていたらあの子は二度とこの遊具に近寄らなかったはず」

生命の本質は挑戦して自らを超えることを目指していると思えませんか?

続く



posted by 変才冨田 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

ストレスで食べてしまう。9

コメントがありました。

この場合の実践とは「食べてみる」ことです。
食べることは文字通り「腑に落とす」ことです。

食べて体感することが腑に落とすことです。

その結果を頭で検証することが「理解」ですね。

↑↑
なるほど!!

その言葉がまさに腑に落ちました!

実際に、腑に落とす行為をすることで、
感情も腑に落ちる、ということですね。

なんとわかりやすいのでしょう。

終了

知識と知恵の関係なのですが、この「腑に落としている」かどうかが知恵になるかどうかの境目のように思えます。

たとえば子供が算数の問題でトンデモ間違いをします。

60㎗のジュースを6人で平等に分けるとすると一人何ℓ飲めるでしょうか。

60÷6=10 答え 10ℓ と書いてしまうトンデモです。

さて、単位の間違いをおこしたのですね。10㎗→0.1ℓですね。

この解答をした生徒は1ℓの量の体験がないのです。

その他、広さの単位でも同じことをします。

1アールとはどれだけか実感させていないのです。

新聞を拡げて何枚分の広さ、という実感が必要なのですね。

「腑に落とす」ためには

この生徒に1ℓの水を実際に飲ませることです。

それを飲む辛さが分かって知識と知恵がネットワークを組むことができます。

子供の頃は豊富な体感をしておくと

大人になって体感にないことであっても、実感を想像出来る人になるでしょう。

体感がない「腑に落とした」経験が貧弱。

そういう人を「頭でっかち」というわけです。

このテーマからは余談でしたね。

ついでに

このテーマはカテゴリーでは「心の目的」に入れています。

ストレスで食べてしまう状態は「心の目的」の喪失と関係するからです。

posted by 変才冨田 at 21:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスで食べる8 恋愛と食の関係

ストレスで食べる人は、ストレスで恋愛もします。

両方とも一時的なストレス回避です。

前者が「人間らしい食事」になっていないように

恋愛も「人間らしい恋愛」に高められていません。

ポイ捨てされたパンを食べてしまうこと、これが人間らしくない食です。

愛を伴わないセックスにストレス回避することは上と同様です。

美しい皿に盛り付けされて箸やフォークで食べることが人間らしい食で、これは文化に食の在り方が高められた状態です。

愛あるセックスとは箸やフォークのことです。

愛は高度に高められた文化なのです。

(不倫だって愛し合えば文化です。だれか言っていましたね「不倫は文化だ」って)

食べるということ、セックスするということ、それを目的にしつつ

人間的な段階を踏んで高みに至るわけです。

「人はパンのみにて生きるにあらず」という意味です。

ストレスで食べてしまい止まらない!

そういう状態は満足ということに至らないからです。

「美味しい!」という至福感は満足に至るので止まります。

「愛し愛されている」という至福感は充実したセックスになり、貪らなくなります。

この「貪り」こそがストレスの結果なのです。

食に節度のある人は性においても同様です。

posted by 変才冨田 at 18:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

すとれすで食べる6

前回書いたのはもっと忙しくするという「置き換え」の対策を書きました。

実際のところ

「生きがい」という置き換えができれば

ストレス性依存症(そんな言葉があるのか)は無くなります。

けれど、それは質はいいのですが対症療法です。

他者がストレスと感じないところでなぜストレスを感じるのかということでしょう。

これはOSの問題ですね。

そこに的を絞って考えるわけです。

現在のストレスを分析して、なにに引っ掛かっているのかを検討します。


たとえば、彼が浮気をした・・・。

でも、彼にそれを云えない><

ええい食べて紛らわしちゃえ><


たとえば、上司に理不尽な扱いを受けた・・・。

でも、それを抗議できない。

ええい食べて紛らわしちゃえ><


たとえば、みんなサボっているのにわたしにだけ仕事を押し付けられる。

でも、頼まれるとNOと云えない><

ええい食べて紛らわしちゃえ><


たとえば、約束を簡単に破る人がいる、待ち合わせはいつも遅れる、誤りもしない><

ウーッ、腹が立つー><

でも、云えない><

ええい食べて紛らわしちゃえ><


何か気になることがある・・・。不安だ!

なんだか落ち着かない!

悪いことが起きそうな気がする・・・、どうしよう

ええい食べて紛らわしちゃえ><


あの人はきっと私のことを嫌っている><

いえ、みんなどこかでわたしを馬鹿にしている!

わたしをわかってくれる人はいない><

ええい食べて紛らわしちゃえ><



というようなことは全て根っこが同じです。


あなたは自分の人生を活きていない。

それに尽きます。





posted by 変才冨田 at 21:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスで食べることが止まらない><4

2012年07月30日の記事です


7号食の周辺 食べ過ぎになるわけ

7号食が終了してからリバウンドを起こす人がいます。

もともとそういう人は日常的にリバウンドを起こしていたわけです。

ストレスを食欲で紛らわすタイプですね。

その結果、食べたものが生理的ストレスに変化して、これが心理に影響して食欲へ変化し

グルグル回転するわけです。

ストレスをギャンブルで紛らわせるタイプもあります。

お金を消費することで、それが再度ストレスになり、その解消にギャンブルをする。

やはり回転運動ですね。

男女間のストレスをセックスで紛らわせるタイプもあります。

不仲になるとどういうわけかセックスで解消するという

仲がいいのか悪いのかわからないですね。

相手を違えるとこれは不倫という名称になります。

これを繰り返すと性中毒というわけですね。

前者は食中毒、後者はギャンブル中毒で、本質的には同じです。

こういう人はストレスの根っこをみつめる必要があり、それがリバウンド対策です。

そうそう買い物で紛らわせているというタイプもあります。

「私へのご褒美」とか言うのです。

ブランド中毒ですね。ブランド中毒になる人はみかけをよくしたいという欲求が強いので

化粧も派手になります。

話は本題からドンドン逸れてしまいますがもう少し・・・。

男性の目から見て「なんでそんなに化粧がド派手なのか」と疑問符いっぱいの女性がいます。

おそらく最初から派手ではなかったはずです。最初からド派手ではさすがに違和感があるはずです。

少しずつの進行的変化で本人にも自覚がないのでしょう。

気がついたら仮面をかぶっていたということなのでしょう。

一泊二日の旅行で宴会が終わってみんなお風呂に入り、部屋に戻ってきたら「知らないひとばかり・・・」と

部屋を飛び出したという女性がいます^^;


やっと本題

女性の場合は

暇になる→食べたくなる

したがって

忙しくする→食べなくなる

要するに「置き換え」をやるわけですね。

例えば夢中で読める本を読むのです。

食中毒を本中毒に置き換えれば成功です^^

と以前書いていましたが、もっと根が深いので探求します。

要は

さまざまな依存症になぜなるかということでしょうね。








【ダイエットの最新記事】
7号食後にリバウンドする人の特徴 肥満の..
食欲の秘密1
耳寄り情報 黒千石でダイエット
1ヶ月で5s以上の減量に挑戦
ダイエット用クッキーやスコーンの販売
ダイエット、耳寄り情報
一日一食2
ダイエットの方法4 置き換え法
ダイエットの方法3 置き換え法
ダイエットの方法2 置き換え法
posted by 変才冨田 at 02:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

つまらない人生を実現する方法

アメリカの90歳以上の老人へのアンケート。

あなたはこれまでの人生に後悔はありますか?

90%が後悔していたそうです。

では、どうすればよかったか。

「もっと、冒険すればよかった」ということでした。

で、これから書くことは人生の終りに100%後悔する方法です。

1 週に最低2回は暴飲暴食する。
2 ごはんを食べないでおかずを圧倒的に食べる。
3 毎日、できるだけ動かない。
4 動物性をたくさん食べる。
5 夜食はほぼ毎日する。

以上は早い目に浮世を去る方法でした。

次に面白くもない人生にする方法です。

上記の5項目の反対をして健康になっても、以下で長寿が苦痛という状況にします。

1 自分のことだけ考えて生きる。
2 一生恋愛をしない。
3 なんら趣味を持たない。
4 ひたすらお金を追いかける。
5 必ず結婚をする。(異論はありそう・・・)
6 評論家になる。
7 ひたすら人真似をする。
8 人のことばっかり考える。

もっとあれば追加してください。
posted by 変才冨田 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

ストレスで食欲が止まらない理由4

さて、「事実と真実」というスレッドを見ていただき、

その方法で

ストレスで食べるという事実を生みだす真実を探求してみませんか?
posted by 変才冨田 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスで食欲が止まらない3

コエントがありました。

>つまり、ストレス下で食べるということは「人間らしい食事」になっていないのです。

グサッときました、この言葉。


そうなんです。

食べてお腹に物を入れることで、その空洞(胃)が詰まった=満たされた  という思い。

せめて、お腹だけでも満たしたい、という思い。

交感神経の状態からてっとり早く副交感神経に移れる方法。

これでは悪循。環だとわかっているだけではやめられないでしょうね
本当の意味での交感神経から副交感神経への持っていき方を知らないと。
代替できないから、やり続けてしまうのかと。

回答
「わかっているだけではやめられない」とありますね。

昔、クレージーキャッツが「わかっちゃいるけど、やめられない」というスーダラ節がありましたね。

実はそうなるわけは「わかっていない」のです。

先ず、判ることが先決なのです。

頭で理解してもやめられません。腑に落とすレベルで納得してやめられます。

けれど、先ずは理解することが先なのです。

腑に落としても長続きせず、理解が加わって長期に続き習慣化します。

「判る」レベルをどう深く、拡げられるかです。

過食という事実がどんな真実から実行されているかを知る必要があります。

別なスレッドに「知ることは生きる力につながる」を書いている理由です。
posted by 変才冨田 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

食べることが止まらない ストレスとはなにか

食欲を昂進するものはストレスがあると書いてきました。

交感神経ストレスから逃げるために副交感神経にスイッチを入れ替えるのに食を利用しているわけです。

もちろん、根が交感神経なので美味しいわけがないのです。

美味しいと感じることは満足感につながるので食欲はストップします。

つまり、ストレス下で食べるということは「人間らしい食事」になっていないのです。

「豚の食事」になっているのです。

皿で美しく盛られたものではなく、投げられたものでも食べるのです。

同じことをしているのがいくら食べても止まらない状態です。

「千と千尋の神隠し」の冒頭シーンを覚えておられるでしょうか。

千尋の家族が乗っている自動車の中です。

倦怠感のあるシーンでしたね。

おそらくお父さんは都内から左遷されて田舎の地方都市へ転勤途中なのでしょう。

お父さんも千尋もなげやりな雰囲気から始まっています。

これは副交感神経過剰ですね。

その結果

幻の歓楽街で誰もいないことをいいことに両親はムチャ食いを始めます。

そして「名を持たない」豚に変えられてしまいます。

食べることをストップできないという制御不能の状態と云うのは

あなたも「名を捨てた」状況なのだと理解しておきましょう。

いいえ、もしかしたら「誰でも無い自分になりたい」のかもしれませんね。

無記名の自己とは、名を持たないモノとは動物に退行しつつあるということなのです。

この映画では「名無し」という黒い色の怪人が登場します。

その「名無し」も際限なく食べます。

名が無くなるとはこういうことなのです。


もう一つ、食の内容があるのです。

高脂肪食は視床下部の摂食中枢と小腸にストレスをかけます。

そのストレスをさらに食べることで補います。

これは琉球大学の益崎先生のチームでのマウスの実験で確かめられているのです。
posted by 変才冨田 at 22:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

ストレスから食べてしまう><2

胃弱になっている人は非常に多いです

胃が弱いと積極性に欠け、さらに注意力も散漫になります。
常に意識が胃に向かい、その分だけ外界に対する感受性も弱くなります。

上の唇が下の唇と比べて大きくて色調が暗い場合は

過去に大食した人の印です。さらにストレスから逃げるための大食だった(交感神経過剰の食事)ので
胃、胃の内部の血液の入れ替わりがうまくいかなかったのです。

胃の酸欠があるので癌の心配まですることになります。

若い人の場合は色調は悪くなくとも上唇がまくれあがっている場合は大食の相ですから戒めてください。

ストレスから逃れるために食べる場合は上記の太線となり、ストレスから結果として逃れられます。

己の感受性を弱めること、外界への注意欠損は合目的的です。

神経を鈍くすることで逃れているわけです。

posted by 変才冨田 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

食欲が止まらない理由1

無月経の相談をした者です。過日はお返事ありがとうございました。

早速5号食をはじめたのですが今迄あまりなかった食欲に火がついたようにご飯を食べ過ぎてしまいます。というか、空腹感満腹感があまりなく食べ続けてしまうのです。

体重や体脂肪は以前よりも多く多分これ以上増やさないで安定させた方が健康なのだと思うのですが、量を決めるなり少しセーブするべきでしょうか?

回答

食欲が止まらない、これにはいろいろ背景があるようです。

近く続きを書きます。

ご参考にしてください。

posted by 変才冨田 at 18:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

緊急課題です!

https://readyfor.jp/projects/kiriharete_hikarikitaru_haru

ハナムラチカヒロ先生のプロジェクトはまだ目標金額に達していません。

ハナムラ先生と一緒に新しい風景の異化を経験しましょう!

詳しくは上記をクリックして参加しましょう!
posted by 変才冨田 at 23:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康になると不幸せになる恐れ

90歳を超えたおばあちゃんが孫に「早く死にたいよ・・・」と云うのです。

どうしてかというと

友達がみんな死んでしまって知り合いがいない、というのだそうです。

自分だけが長生きしてしまうとこういう事態も起きるのですね。


そういう意味で

今までは「健康になりたい」というのは個人的な願望だと思われていたものが

まったく違うことになります。

自分が健康になるのはみんなの為だと云うことになりそうです。

健康はみんなで獲得しなければ意味の無いものということになります。

「健康」さえも「人とのつながり」で精彩を欠いたり、輝かしいものとなったりするのです。


おばあちゃんが意図しない「まなざしのデザイン」をしてしまったのです。

長生きというだれしもが求めている価値に対して
「ともだち」という補助線を引いて、「長生き」を違った風景にしてしまったのですね。


posted by 変才冨田 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

失敗の意味を考える 2

これまでに「失敗」についてはいろいろ書いてきましたが、盲点がありました。

失敗を失敗だとするためには、なにかの目標や期待があることが前提です。

つまり、失敗の生みの親は目標や期待なのです。

けれど目標や期待の全てが失敗を生みだすわけではないと考えます。

「失敗は成功の母」というとき、それはかなり長期的なスパンが考えられています。

長期的な目標や期待は「失敗を織り込んでいる」のです。

それは「失敗」という呼び名でもすでになく「試行錯誤」ということです。


「失敗」とは短期的なこと、目の前しか見えない人にだけ訪れる現象なのです。

左上のサイト内検索にポッチを移動させて「失敗」で検索してください。



☆BL研究所・今後の予定はこちらです☆
http://thanksarigato.seesaa.net/



posted by 変才冨田 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

「失敗」の意味を考える。

囲碁初心者で長考に沈むひとは多くいます。

そうなる原因に「失敗を恐れる」ということがあります。

いろんな手段が浮かぶわけですが、いざ決断ということになると迷い始めます。

迷う原因は「失敗することを恐れる」からです。

なぜ、失敗を恐れるのでしょう。

失敗はいけないことなのでしょうか。

小さい頃に母親が極度に失敗を恐れる心があれば、そのOSは子供にインストールされることでしょう。

失敗を回避する方法は決断しないことです。

母親が決断をしかねて迷う様子を見ていたり、

あるいは

子供自身が決めるべきことを子供に決めさせないで母親が決めるようなシーンが多い、

子供が自分の判断ですると、全てを失敗だと評価をしてしまうのです。


これでは大人になっても決断して実行するという修練ができていないので

ひたすら「失敗を恐れて」決断を回避することになるでしょう。

迷うという仕方で決断や実行を先延ばしにしていることはないでしょうか?


次回は「失敗」そのものの本質とはなにか?について。

posted by 変才冨田 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

芸術に何が出来るか9 状況を異化する。

芸術とはみんなが当たり前に観ているものを、当たり前に観ないことです。

狂気と紙一重ですが、人の役に立つか立たないかで芸術か狂気かになります。

思うのですが

人類が最初に神という概念を思いついた時、その概念は芸術として出発したのではないかということです。

神という見えないものを見て、神の声という聴こえないものが聴こえる・・・。

これは今風に云えば統合失調症(昔は分裂病といいました)ということで、幾分かは狂気の匂いがします。

人は人間と言う社会的動物になったと同時に神と人間に分裂したのでしょう。

人間から分裂させた神でもって人間社会を統合しようとしたのではないでしょうか。

ここではこの論議は本意ではないので、話を最初に戻します。

人類が自然世界に対して非常に具体的に対峙していた時代があって

時にその自然の猛威によって危険にさらされた時

自然風景を「異化」する必要性に迫られたのではないでしょうか。

自然風景を今までとは違って見えるようにしたかった。

これは神が造ったものだ、そう思うことで異化したのでしょう。

ですから、これは芸術です。

以来、神を称えるための造形や絵が芸術になったのです。

違って見えるようになると、これは新鮮味を帯びてきます。


あなたの悩みの種であるご主人を異化してみれば、新鮮に見えるかもしれません。

ペットに見立てて「ペットにしては毎月お金をくわえて帰ってくるナーァ。なかなか健気よのー」

と、ありがたく見えるのではないでしょうか。

就職活動も同じです。

観察されていると思うから緊張し、失敗が続くと「私は世の中に必要とされていない><」と鬱になるのでしょう。

異化しましょう。

あなたが面接官なのです。

企業や企業の担当者を観察するのです。

この人は偉そうにしているけれど、この会社にいて幸せなのかなー。と見てみるのです。

この会社って世の中の役に立っているのかなー、採点すると70点。

そして、私なら80点にするぞ。などと考えて就職活動をするのです。

結婚がしたいのなら

独身男性がたくさんいそうな会社を面接するのです。

まあ、合コンに酸化するような気持ちですね。

合コンは会費がいるけれど、無料どころかお金をくれる合コン会です。

異化することで余裕が生まれます。


「ビューティフル・ライフ」という映画だったと思いますが、

悲惨なユダヤ強制収容所に子供と一緒に放り込まれたお父さんが子供に対して

「ここではゲームをしているのだよ」と教えていたのです。

そういえば

わたしもこう云っています。

「この世界は遊園地。遊園地にやってきたのに遊ばないでいるひとは心得違いです。遊ばないのならここにいる必要はないでしょう?」

室町の古謡に「遊びや線と生まれけむ・・・」というものもありましたね。














posted by 変才冨田 at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

問題を発掘する作業

失敗は問題を投げかけてくれます。

新たな問題を発見することは物事を深化させることができ、それ自体が成功というものです。

思った通りのことが実現するのは深化させていないので、失敗といえます。

それでは成功概念を進化させることができないからです。

本当の失敗は意外なものの観方へとわたしを創造させることになります。


なのに、どうして失敗を恐れるのか・・・。

失敗への恐れは、行動させないことになり、それは敗北への道筋に乗ること。

失敗は敗北ではない。

自分自身のイメージが小さいから失敗を恐れることになる。

自分のイメージを大きく塗り替えること、それが成功。

そのための必須要項、それが失敗。

失敗して新たな問題を発掘しよう。

問題の発見力こそがあなたの人生の質なんだから。

漢の初代皇帝となる劉邦は連戦連敗でした。なのに最終的に勝者になったのはなぜか。

posted by 変才冨田 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

夢判断 破壊と創造

告白します。

自分の本性が暴かれるような夢をみました。

時限爆弾を作って、それを公衆電話ボックスに仕掛けているのです。

時限爆弾の箱になにやら子猫か子犬のようなものが入っているのです。

それを抱えて公衆電話ボックスで4時間後爆発するようにセットしました。

わたしは飛行機で高飛びです。

ところが後二時間で爆発するだろうというとき

後悔し始めるのです。

今から爆弾を処理するとしたら、処理中に爆発するかもしれないな、と思いつつ

公衆電話ボックスに急いでいます。

間に合うかどうか焦り始めています。

そこで覚めました。

夢判断をしてみました。

おそらく公衆電話ボックスというのは研究所のビルのことなんでしょう。

箱に入っていた小動物はスタッフ一同なのでしょう。

ビルもろともスタッフを爆破しようってわけです。

ヒ、ヒ、ヒ・・・(残忍だな)

どうも破壊衝動が潜在意識にありそうです。

そういえば、破壊衝動はわたしの底にあるのは自覚しています。

谷深ければ山高し、であるように破壊欲求と創造欲求は対です。

で、後悔するというのも私らしい。

オモシロイことに

焦りながらもその時限爆弾の有効な使い方を考え始めているのです。

同じ爆発するならどこで爆発させれば役立つかなどと考えているのです。

これも私らしいです。

失敗したらしたでその失敗を有効活用することを考えてしまい、

結果は新商品の発売につながったものが多いのです。

失敗しないと今までにないものができないようです。

成功とは、ある概念の範囲を出ないものが多いのではないでしょうか。


戻りますが

おそらく現在の研究所のあるビルがストレスになっているのでしょうね。

だから、落ち着かないので出かけていることが多いようです。





☆BL研究所・今後の予定はこちらです☆
http://thanksarigato.seesaa.net/



posted by 変才冨田 at 21:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

情熱のスイッチは自分でしか押せない。

基礎は気礎で支えねば人を感動させられない。

人とは感じて動く、すなわち感動がなければ動かない。

その感動は気で共鳴して揺り動かされるものだ。

気礎があれば拙い基礎であっても人は動く。

意欲というものの不思議さをいつも思う。

人はなにによって意欲するのか?

おそらく9歳までのOSに関係するだろうが

9歳までに作られる意欲のスイッチを知ることだ。

意欲のスイッチはどこにあるのか。

火性の低い人はスイッチはあるのだが、奥深くに錆びついた状態で隠されているのだろう。

職場環境とはこのスイッチがスムーズに押される環境が望ましい。

けれどスイッチを押すのは上司でも会社でも同僚でもない。

自分自身が押さなければどうにもならない。

才能とかというものの本態はおそらくこのスイッチを自動化できている人の呼称なのだと思う。

この資本主義というシステムはある意味誰でも生かすことができる。

けれど、それは奴隷としての生き方になる。

意欲がなくともそのシステムに組み込まれればなんとなく一日が消費できるのだ。





posted by 変才冨田 at 15:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

お金と人の幸せ2 「希み」は美しい

利己主義的な望みは希望とは云わない。

ソレは欲望と云う。

希望の希とはもっと美しいものではないだろうか。

希望は希求につながり、これは「願い、祈り」に近いもの。

社会はもとより人々のつながりなので、利己主義はそのまま絶望につながる。

利己的行動は人との関係を寸断するからだ。


希求とは願い、希み、切望して求めるものなので、それは遠くて、儚くて、そして美しい。

「平和を希求する」ことは美く、切ない人類の果てない夢だ。

希みとはみんなで願うことなので美しい言葉だ。

みんなで願えば、それは希求となり絶望の対極へ向かうことが出来る。

個人の栄耀栄華を求めるアメリカン・ドリームはすでに終わっている。

それを未だに追いかけることは、今の時代は絶望へとつながる道になるだろう。

人類の進歩に沿った生き方が希望をもたらしてくれるだろう。

名護市では欲望と希求が闘かった。

人々は今の欲望を退け、未来へ続く希求を選んだ。

今の欲望を小欲ともいい、希求は大欲でもある。

だから、希求は遠くて儚く、それだけに切望するのだ。

欲望はすぐそばにあるけれど、希求は永遠の道のりだ。

永遠へ続く道なので美しい。









posted by 変才冨田 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

芸術に何が出来るか8 あたりまえを疑う

当り前に安住しやすいものに、女性であればファッションや髪形があるのではないでしょうか。

火性の高い人にとってはむしろ安住することは退屈でクルクル替えるでしょう。

火性の本質は感覚鋭敏なので、革新的な傾向をもちます。

現状打破! これが火性の本質です。

一方、水性が高いと保守的になり世間を気にして「地味」の傾向です。

金性は、むしろ社会的、世間的思い込みを積極的に身につけますので

信念でもって保守的になり、「あたりまえ」に固執します。


「あたりまえ」が全て悪いわけでなく

それが社会進歩を阻害した時に問題になります。

「あたりまえ」が重要なものは食生活です。

現在の一般的な食生活には「あたりまえ」がなくなっているので、

人々はあたりまえに心臓病や糖尿病になっています。


さて、

BL研究所には毎月「運気を良くする美容師」さんが訪れてカットをしています。

髪形は指定できません。

美容師さんにお任せです。

勇気を出してカットしてもらうと、自分へのあたりまえイメージが変化してくるようです。

髪形の変化がファッションや自分への考え方への変化を呼び起こすようです。

これも異化することで自分へのまなざしが変わるのでしょう。



posted by 変才冨田 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

老化の兆しは失敗を恐れること

深夜のラジオ放送での話題です。

カナダで話題になっている女性です。

95歳なのですが、72歳からマラソンを始めてからありとあらゆるスポーツをやって

各種競技で年代別の新記録を更新しているそうです。

さて、彼女の考え方です。

1 年取ったと思わないこと。
そう考え方瞬間に年寄りになるというのです。

2 失敗を恐れない。失敗や成功をしたときにその理由をきちんと理解してメモをとっておくそうです。


囲碁において失敗や負けることを恐れて放棄することは老化の兆しなのですね。

90歳の老人へのアンケートでは90%が後悔しているといいます。

もっと挑戦しておけばよかったという回答だったそうです。

人はしたことによる失敗よりも、」しなかった失敗を公開するのですね。

posted by 変才冨田 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

芸術になにができるか7 あたりまえを疑う

あたりまえを疑わない、これを思い込みといいます。

思い込みをする理由は横着だからです。

いちいち考えたくないのですね。

そういう意味で「金性」の高値の人は横着なのです。

思考力を使っていない、というより使えない状態なのです。

これはこうだ、そう決めたら変更しない方がめんどくさくないのです。

けれど、金性が特別高くなくても多くの人は思い込みで生活しています。

多くの人があたりまえを疑わなくなったら社会は停滞して閉そくしてしまいます。

それを打破する、それが芸術の役割なのだと思うのです。

表現様式がこれまでと全く違うものを観ると、それを観る人々に新鮮さを与えます。

人々の驚きは見慣れていたものが異化されたからです。

感性の鋭い人たちから評価され、やがては一般の評価に拡がり

その時代の人々の考え方全般に変化を与えます。

先を行くものは最初は理解されませんが、やがてそれが一般通念、あたりまえなものになります。

ピカソの絵など、当時は常識的でない(あたりまえでない)ものでしたが

写実主義のような秩序表現では表現しきれないものを画家が抱えた時

これまでの表現形式では閉塞感を持ち、やがては画布に全く違った表現を発明します。


さて、

あたりまえを疑うとは哲学ですね。

芸術の根底には必ず哲学があります。

その哲学を生み出すもの、それこそが次の時代の匂いをかぎわける感性というものです。

その感性はポッと湧くようなものではなく、生活感の変化が根底になっているのでしょう。

生活感の変化は時代の変化が土台でしょう。

時代の底流の変化→生活の変化→感性の変化→芸術表現の変化
                      →革新運動

つまり社会の革新的な動きと芸術は連動しているはずなのです。

先に鋭く変化するのは芸術方面なのでしょう。なにしろ鋭敏にかぎ分けますから。

芸術が今まで観ていた夢(あたりまえなもの)から覚めさせて、新しい夢を観る契機になるのでしょう。

社会の進化とソッポを向くような芸術もあるのですが

そういう芸術は頽廃という形を取るものと思われます。

わたしたちはそれをかぎわける感性を育てなければなりません。

花村先生はある公園のデザインをしました。

それはあたりまえな風景を一切変えませんでしたから、観る人にはあたりまえな公園の風景にしか見えませんでした。

先生はなにをしたか。

増加の葉を自然な葉の間に紛れ込ませたのです。

よく観察すれば(触れれば)「あっ、これは造花という人工物だ」

そう気付いた時

見慣れていた公園の風景が一変するでしょう。

自然だと思い込んでいたものが、もしかしたら人工物なのかもしれないと

疑い始めます。

あたりまえを異化して、あたりまえを疑えるようになったのです。

昨年は「偽装」や「食品への毒物混入」などがあり、みんな売られている食品への疑いをもちはじめました。

先生のやったことは時代の先取りを奇しくもしています。

優れた芸術はこうしたものです。







posted by 変才冨田 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

芸術になにができるか6 食を異化する

「風景を異化する」とは、全くこれまでとは違って見えるということですね。

同じものでもミクロなレベルからマクロなレベルに徐々にズーム・アウトするとある段階で質的に違ったものとして見えるようになりますね。

穴だらけで気味の悪い風景として見えていたものが徐々にマクロなレベルに引き上げてくると

実は美しい女性のスベスベした肌であることを発見することもあります。

路傍で死んだ豚を誰も食べたくはないのに

それが切り刻まれて美しい皿の上に置かれると食べたくなりますね。

それがおなかの中で腐敗発酵(腐る)して悪臭を放つものになるとはだれも思いません。


さて、唾液です。

発芽発酵炒り玄米の記事で書きました。

唾液には生理活性物質が多く含まれており、それ自体が薬です。
それはあなたにとって最高の薬なのです。
しかもタダ!

ロダンカリという物質は胃を引き締めて胃下垂を治してくれます。

パロチンは美肌成分が多くて若返りのホルモンです。

(ここまでは異化していません)

そして唾液の元は血液なのですから、唾液をたくさん出すというのは口中に出血しているわけです。

出血すれば血管に隙間ができて、その隙間に向けて血行が回復します。

首から上の血行が良くなるので、肌にも脳にも効きます。


唾液の分泌を「それは口中への出血だ」といったところが異化です。

すると

血液循環というのは体内の循環で閉じていると思い込んでいたものが

体外へ排泄して腸内でリニューアルして再度体内循環に戻すという

ダイナミックな大循環が垣間見えてきます。

なぜ、そうなっているのだろうかという疑問から

それは血液の劣化を防ぐのではないだろうかという想像もできるようになります。

貧血やら慢性疾患の問題は「よく噛まないことから唾液を出せない」ことが遠因になっているのではないだろうかという想像もできるようになります。

唾液と血液を結んだことで新しい概念が誕生するのです。

「風景を異化」することで新しい考え方が生まれ、それが社会の未来を促すことになります。

わたしは、芸術とは新しい時代を生み出すさきがけになあると思います。

posted by 変才冨田 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

呼吸法の講習は明日から始まりますが・・・、その詳細

呼吸ほ講習の基礎編は二カ月で4回行います。

日時は毎月第二土曜日と第4土曜日

時間 17時から16時30分まで

受講途中で参加できなかった回は翌月からの講習会で参加できなかった回を参加して補ってください。

4回分の受講料は一括払いは9000円

一回ごとは2500円です。

こんな方にお勧めします。

1 声が小さい方 これは基本的な生きる自信に欠けるからです

2 声が大きすぎる方 これはコミュニュケーション能力に課題があるということ

3 眠りが浅い(起床時にもっと眠りたいと思う)、起きることが辛い
  口呼吸になっている可能性があります。それが原因で酸欠で昼間を過ごし、不活発になる。

4 いつも喉に違和感がある。 これも口呼吸です。

5 気合いを入れることとリラックスのメリハリの作り方が良く分からない。
  これは自律神経の課題です。高村式呼吸法はそれがハッキリ自覚できるのです。

6 緊張した声を出していることは無自覚になっています。その緊張が相手にも伝わってコミュニュケーショ  ンを阻害しています。
  相手に伝わらないのはあなたの声が原因していることが多いのです。
  情報は言葉にあるのではなく、言葉を乗せる声に言葉以上の情報があるのです。

  豊かな本来の自分の声を取り戻すこと、それは本来の素直な自分を取り戻すことになるのです。

高村先生の呼吸法はイタリアのベルカント唱法が基礎になっています。
これは「楽に、美しく唄う」ということです。

唄うような会話ができたら楽しいですね。

呼吸法レッスンのご案内

私たちが日々何気なくしている呼吸。しかし日々のストレスや、姿勢の悪さによって呼吸は浅くなり、その質は低下している傾向にあります。
浅い呼吸は更なる心や体の緊張を呼び、ストレスの悪循環につながります。

いい呼吸とは、本来楽なもの。柔らかいもの。優しいもの。
身体を中から活性させるエネルギーの元。深い呼吸をすると、心身は喜ぶ。
そして、その呼吸にのって生まれる声が、あなたの本来の声です。

息をするのは、生きること。

ゆったりとした深い呼吸で、穏やかなひとときを味わってみませんか。
全身に満ちる柔らかな息で、体の内側から美しくなりませんか。
あなたの本当の声に、あなた自身に出会いませんか。

………………………………………………………………………………

当呼吸法講座では、呼吸や声の話を交えながら実践(ワーク)を中心に、良い呼吸のための姿勢、負担のない柔らかい身体の使い方など基本的なことから、呼吸がともなった本来の声の出し方へ繋げていきます。
どなたでも、お気軽にご参加ください!

講師:高村聡子

日時:2014年 1月 11日 (土) 25日 (土)
       2月 8日 (土) 22日(土)
17:00a.m.から18:30まで

場所:BL研究所

問い合わせ:BL研究所078-334-0623 または breathandvoice@live.jpまで










呼吸法を学ぶ意義について

呼吸は当たり前すぎて無視される傾向がありますが、現代では必須の課題です。



posted by 変才冨田 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

芸術になにができるか4 食養の考え方における視点のズラシ(まなざしのデザイン)

花村先生は「風景異化」ということを言います。

これは、見慣れてしまった風景は認識上は無いのと同じということですね。

在っても見えないということです。

たとえば、臭い部屋に入ってもしばらくすると臭わなくなるということがありますね。

人の認識の仕方は新しい刺激に対しては反応するけれど、それが繰り返されると無視するのですね。

これは「風景異化」に対して「風景同化」といっていいでしょう。

無視するとは、在る意味、自己に同化させたといえます。

自己そのものはより見えなくなるのです。


さて

先生は「風景とは在るモノとそれを観察するものの合作である」というのですが

これは大変面白くて、この論理は全てのことを説明できるものです。

風景を「食」に入れ替えてみれば、これは食養理論そのものになります。

「ある場所を観る」とは、言いかえればその「その場所を食べている」わけです。

味覚は各人違い、食べ方も違えば

同じ「場所」でもそうした感受性の違いでそれぞれ味わい方も違います。

その味わい方が「風景」ということになります。

先生は言います。

風景をデザインするというときに、今までは場所を改造するということが当たり前だったのだが

「観る側を変えることで、場を違ったものとして感じることができるようになるのではないか」と。

そのために同化し過ぎていた場を「視点をずらさせることで、違ったものに見えるようにしよう」

それが先生の言う「まなざしのデザイン」ということになります。

この場合の「まなざし」とは、「ずらせた視点」のことを言うようです。

先生間違えていたらゴメンナサイ。


さて、このような視点のズラシはわたしもよくやっています。

たとえば

いつも当たり前のように感じている「唾液」のことです。

食べているときに途方もない唾液が出ているのですが、そういうことは無意識化しており

あってもないのと同じですね。

時々は唾液の効用を言っている人もいますが、それは唾液の成分にフォーカスしているだけで

唾液に対する視点のずらしは無かったのです。


食べ物という物質は「場」であり、それだけでは、ただ食べ物がそこに存在しているというだけです。

良いも悪いもないのです。

その食べ物と云う「場」を食べる側がどうあるか、どう食べるかで、食べ物自体の味わいや身体への作用が違ってくるわけです。

そこで始めて良い悪いという意味が出てくるのです。

つまり「場」と「観る側」の関係性で善し悪しの判断が出てきます。

対人関係も同じですね。

悪い人間も良い人間も存在しないのです。

それは良い食べ物や悪い食べ物が存在しないということと同じです。

他者(場)というモノをそれに関係する人がどう観るかで

風景(対人関係の雰囲気)が決まるわけです。

「男子三日会わざれば刮目して見よ」という言葉。

これは相手(場)も刻こく大変化を起こしているのだから固定的に(同化)ボヤーと眺めていてはいけない。あんたも変化して(進化)ないといけないよ、というわけです。

これも観る側の視点(まなざし)を変えることを勧めているわけです。


さて、唾液のこと。

唾液と云う物質は「場」ともいえます。

唾液を出して混濁させていくという行為は観察です。

観察とは行為を伴って深い観察になるのです。

単に、眺めているというのは観察ではないのです。


続く

唾液が出て食べ物と混濁させてやっと「味がわかる」状態になります。

この味が分かる、ということが「風景」ということになります。







posted by 変才冨田 at 19:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

芸術になにができるか3

http://kobemd.com/movie/movie0013/

花村周寛さんの面白くて啓発される映像です。

どういった啓発をされるか、それはみなさん次第です。

ランドスケープというのは風景というこだそうですが

ランドという客体とそれを見る側の心情であるスケープを併せて風景ということだったんですね。

これは面白い!

この映像をランドスケープとして考えてください。

この映像の風景はあなたが観る風景なのです。

わたしが観た風景はなんであったか、それはまた続編。
posted by 変才冨田 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする