◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2016年04月14日

一期一会を体得する 食べ物の認証始めよう。 ヴイッパサナー瞑想の課題

口に入れて噛んでいく過程でだんだん玄米が甘くなってきたり、溶けて固体から液状になったりする過程が面白くて、これが認証かあ!と体感したかんじです!!

あと!
面白いのが、便秘気味だったのに、認証して食べていくとすごくお通じが良くなってきています。

コメント
今していることに集中することって難しいものです。

「随所作主 立処皆真」という禅にそのまま通じるものです。
今目の前に現れている現象は、これ一度切りですよ。
全ての現象は次々とあの世行きですよ。
だから惜しんで接しましょう、そうすれば真実が立ち現れてきますよ。
そういう意味だと考えています。

食べ物の認証は生命現象に直結しますから、真実が見えやすい実践ですね。



2015年07月05日

7月9日は夜学あります。

今回の夜学は「21日間の認証ワーク」の報告会になっています。

開始 19時 終了21時

夕食希望者は予約お願いします。

2015年06月22日

21日間の認証のためのミッションについて 2

以下は21日間のミッションに関係する話です。

観察と認証は同じ意味を持っています。



その晩、家に帰ると妻が夕食の準備をしていた。私は彼女の手を握り「伝えたいことがあるんだ」と言った。彼女は何も言わずイスに座り、そして静かに食べ始めた。苦痛そうな眼差しをしていた。

突然、僕はどうやって口を開ければいいのか分からなくなった。でも、僕の考えを伝えなければ。
「離婚したい。」

僕は落ち着いて口にした。彼女は僕の言葉に特に反応もせず、ただそっと「なぜ?」と尋ねてきた。
僕は彼女の質問に反応しなかった。それにより彼女は怒った。箸を投げ、叫んできた。「あなたは男じゃない!」

その晩、僕らは喋らなかった。彼女は泣いていた。もちろん、彼女は僕らの結婚に何が起こったのかを知りたがっていた。でも僕は彼女に満足のいく答えを与えられない…。
ただ、僕は新しい恋人のジェーンしかもう見えないんだ。だからもう妻のことを愛していない。妻には、哀れんでいるだけだ…。

深い罪悪感に包まれながら、離婚の同意書にサインをした。彼女に家と車、そして私の会社の株を30%渡すことにした。

だが、彼女はそれをチラリと見ただけでビリビリに破いてしまった。10年間一緒の人生を歩んできた彼女は、僕にとってもはや「他人」となっていた。彼女に、無駄な時間と資源、労力を過ごさせてしまい申し訳なく思ったが、僕の心はもうジェーンを愛してしまっている。

彼女は僕の前で、大声で泣いた。それは、僕が見たかったものだ。「泣く」ということは一種の「解放」だと僕は思っている。ここ数週間、僕の頭から離れなかった「離婚」という考えが、やっと今明確になったような気がした。

次の日、僕はとても遅い時間に帰宅した。妻はテーブルで何かを書いていた。その日僕はジェーンと一緒に過ごし、クタクタに疲れていたため、夜食もとらずにすぐに寝た。
僕が起床しても、彼女はまだテーブルで何かを書いていた。気にならなかったし、僕はくるりとターンしてもう布団に戻った。

朝になって、彼女は「離婚の条件」を言ってきた。
「何も欲しくはないけれど、ただ離婚まで1ヶ月間ちょうだい。そしてその1ヶ月はできるだけ普段通りの生活をしてほしいの」

彼女の理由はシンプルだった。息子が1ヶ月後に試験を控えているのだ。彼女の願いは、僕らの離婚で彼を混乱させたくなかった、ということによるのである。
これには賛成だった。でも、彼女はそれ以外にもう一つだけ条件があった。「結婚式の日に、花嫁の部屋に抱き上げて運んでくれたことを思い出してほしい」というものだった。

最後の1ヶ月間は、毎日ベッドルームから玄関まで抱き上げて運んでほしい。そう言う彼女に、僕は彼女が狂い始めたのかと思ったよ。一緒に過ごす最後の日々に耐えられるよう、僕は彼女のリクエストをのんだ。
妻の「離婚の条件」をジェーンに話した。彼女は大声で笑い、まったく意味のないことね、と言った。

妻がどんなことをしたところで、離婚をしなきゃいけないのに。軽蔑するようにジェーンは言った。
僕が離婚の意思を伝えるまで、僕らの間にはボディコンタクトが一切なかった。だから、初日に彼女を運んだとき僕らはお互いぎこちなかった。息子は僕らの後ろで拍手をしながら言った。「パパがママを抱きかかえてる!」

 その言葉は、僕に痛みをもたらした。

ベッドルームからリビング、そしてドアまでの10メートル以上を歩いた。彼女は目を閉じ、「離婚のことは、息子には伝えないで」と静かに述べてきた。僕はうなずき、そしてなぜか少し動揺していた。
僕は彼女をドアの外まで運んだ。彼女は仕事に行くためのバスへ乗りに行った。僕は1人で会社まで車を走らせた。

2日目は、僕らお互い少し慣れていた。彼女は僕の胸にそっと寄りかかり、そして僕は彼女のブラウスから漂ってくる香りを感じた。この女性のことを、もうずっと見ていなかったんだなぁ。
彼女がもう若くないことに気付いた。顔には小じわがあり、髪には白髪まで! 僕はこれまで、一体なにを彼女にしてあげられただろうか…。

4日目。彼女を持ち上げたとき、僕は彼女に対する親近感が戻ってきた気がした。
彼女こそが、僕が10年間一緒に過ごしてきた女性だ。
5日目と6日目。親近感がより強く強くなってきたと実感した。ジェーンにはこれを伝えなかった。日が経つにつれ、彼女を運ぶのに慣れてきた。もしかしたら、毎朝こうして運んでいるから筋力がついたのかもしれない。

ある朝、妻は服を選んでいた。たくさんの服を試してみたが、ちょうどいい大きさのものを見つけられなかったようだ。「ああ、私の服、ぜんぶ大きくなちゃった」
突然、彼女がやせ細ってしまったことに気がついた。だから彼女をカンタンに運べたのか!
猛烈に苦しくなった…。彼女は痛みと苦みを彼女の心に押し込めていたのだ。無意識のうちに私は手を伸ばし、彼女の頭に触れていた。

息子がちょうど来て、「パパ、ママを運ぶ時間だよ」と言った。彼にとって、彼の父親が母親を運ぶことが、彼の人生の重要な一部分になっていたのだ。
妻は息子に近寄りギュッと抱きしめた。最後の瞬間に気が変わってしまうのではないか、そう恐れた僕は目をそらした。

彼女を抱き上げ、いつもどおりベッドルームからリビング、そして玄関まで運んだ。彼女の腕がやさしく、そして自然に僕の首を囲んでいた。僕は彼女をしっかりと抱きしめた。まるで、結婚式の日のように…。
だが、軽くなってしまった彼女に、僕は悲しくなった。

最後の朝、彼女を抱きかかえるとき、僕は上手く足を動かせなかった。すでに息子は学校へ行っていた。僕は彼女をきつく抱きしめ、述べた。「僕らの結婚生活には、こうした親密さが欠けていたね…」
会社へ車を運転した。到着し、車のロックもせずに飛び出した。少しでも遅れたら僕の気が変わってしまいそうな気がして。

ドアを開けてくれたジェーン。
「ジェーン、すまない。もう離婚したくないんだ」

彼女は驚き、私を見て、そして私の額に触れた。「熱でもあるの?」そういった彼女の手を頭からどけた。
「ごめん、ジェーン。僕は離婚しない、と言ったんだ。僕らの結婚生活は退屈だったが、それはきっと僕と彼女の両方が、日々の小さな幸せの大切さを分かっていなかったからなんだ。お互い、もう愛していないわけじゃなかった。結婚式の日に彼女を抱きかかえ運んだように、死がふたりを分かつまで、僕は彼女を抱きしめるべきなんだ」

彼女は突然目を覚ましたように見えた。僕にものすごいビンタをし、ドアをバタンと閉め泣き出した。僕は階下へ行き車で去った。

道中、花屋で妻のために花束を注文した。カードに何を書くかと尋ねてきた店員の少女に、僕は微笑んで言った。

「死がふたりを分かつまで、僕は毎朝あなたを抱きかかえます」
その日の夕方、僕は花束を抱えながら家についた。笑顔のままで階段を駆け上り、そしてベッドに横たわる妻を見つけた。

―――死んでいた。

僕の妻は「ガン」を患っていた。僕がジェーンとうつつを抜かしていた数ヶ月、彼女が病気と戦っていたことに気づきもしなかった。

自分がもうすぐ死ぬということを知っていた彼女は、息子の目に「妻を愛する夫」として映るように振舞っていてくれたのだ。全ては、僕を助けるために。

日々のほんの些細な幸せが、一番大事なんだ。マンションや、車や、財産や、銀行にあるお金が大事なんじゃない。

それらは「幸せになるために環境」を作る「助け」になるかもしれないけれど、「幸せそのもの」にはならない。幸せは、自分自身で作るんだ。

だから、あなたは配偶者や友人らと過ごす時間を大切にしてくれ。ほんの僅かなことでいい。相手を大切にしていると、伝えるんだ。信頼関係を、築くんだ。
そして、幸せな結婚生活を過ごしてほしい。

2015年06月20日

21日間の認証のためのミッションについて 1

大阪の夜学と東京の夜学において
「21日間の認証のためのミッションについて」を講習しました。

これは「エゴギョウの定番セミナー入門編」を受講した方の次のステップに高めるための講習です。

以下は東京での夜学に出席された方の報告です。


□――先生に報告があります。




先生の話をきっかけに母(以前メールでご相談しました母のことです・・。)

といろいろ話してみました。

今までの関係だとまさしくレッテルを貼った過去に生きてる関係だなと思い

食事がてら、先生から聞いた随所作主の話をしてみました。




今を自分が主役になって生きることで感じ方、見え方が変わるという話をしたところ

父を一昨年亡くしてから、時間が止まってて過去に生きてると気づいてくれました。

エゴギョウの話をして9歳までのOSのインストールの話をしたところ

兄弟とは歳が離れており、大人の中で育ったという養育環境だったので小さいころから、

いいたいこと言えなかった、ということでした。




いろいろな話をしながら、母と振り返っていくといろいろ見えてきました。




父と長年自営業して二人で2人3脚でやってきて、パートさんに母がやっていたことを

父が任せるようになってから父と関係性が悪くなってきたこと

父としては長年苦労かけたから母には楽してほしいと思う気持から

仕事はパートにやらせなさいといったのに、母としては、

仕事しなくていい→私は必要とされていない→いなくていい

と変換されてしまい、父との関係がぎくしゃくしてしまったということがわかりました。




そのまま父は病気になってしまい半年もしないうちに亡くなってしまい最後まで

気持ちが分かり合えないままいなくなってしまいました。

なので余計父に対して後悔が残ってしまい前に進めないという状態がありました。




他にも、たまに母は早く死にたいとか、もう思い残すことはないとか、

役に立てなければいないほうがいいなど、いうことがあったのですが長年の条件付き認証により、

役に立てない→いてはいけない→死んだほうがいいというように脳内で変換されていたことが


わかりました。





でも今回思いを整理できたことで父が母をあてにしなくなったのではなく、

もう十分頑張ったから楽してほしいという気持ちだったということを改めてわかってくれたので

少しは気持ちも晴れたのではないかと思います。




二人でわんわん泣きました。周りには変な親子だと思われたと思います。




母の言動からたびたび人から必要とされることにモチベーションを感じていたので外からの刺激で

気分がころころ変わることも多かったのですが、客観視できるきっかけつくりとしてとても

良い機会になったと思います。母には今後もたくさん認証していこうと思いました。





母が認証をたくさんしてくれたことで今の私がいて、ありがとうっていえました。

ただいてくれればいいよって言えました。




今までは何か話し合おうと思っても私が何か言うとふたをパタッと閉じてしまっていたのですが

一番しっかり話し合えたような気がします。




こうやって身近な部分で気づきを得て方向性が見つかって大変うれしく思います。




もっとたくさんの人に認証を与えられる人になりたいです。そんな機会をくれた先生に感謝です!

早く伝えたくて文章がまとまっておらずすいません・・。

ありがとうございました。今後も引き続きよろしくお願いいたします。

終了

貴重な体験を共有させていただき、ありがとうございます。

人が「死にたい」と言うとき、鬱になった時

それは認証不足であるという意味だったのですね。

さて
21日間のミッションとは徹底的に観察することが課題になっています。

その結果は自然に他者を認証することになっており、

同時に

観察力=判断力  になっていることを自覚する21日間でもあるのです。

この講習は定番セミナーである「初めての人のためのエゴギョウ入門編」を受講された方のためのものです。