◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2016年08月28日

命を救った! 緊急時に役立つツンツン・セアラピー

先生、8月の初旬は、ありがとうございました。 ツンツンセラピーが、母親の命を救ったと思います。

私の母は、テニスをしているのですが、 テニスのあと、その施設のお風呂に入り、 浴槽で、倒れて、溺れて、浮いていたそうなのですヽ(;´Д`)ノ その時は、もう駄目かと思ったのです。 実際、 水をたくさん飲んでおり、 救急車で、 病院に着いた時は、 肺の半分以上が 水浸し状態だったようです。

身体の酸素濃度が、非常に低かったとのことでした。 自分で呼吸ができないので、 気管に管を入れられて、いました。 医師の説明では、 気管の管も一週間ぐらい取れないだろうということでした。 そして、管が取れても、多臓器不全で、亡くなるか、 または意識が戻らず植物状態かもということでした。

よくて、意識が戻っても、障害が残るということのようでした。 (妹が、医師からそう聴いていた) 家で、連絡を受けたとき、がっくり来つつ、 そうだ!と、つまようじの入ったケースを 掴んで、病院に持って行きました。 「これは、ツンツンセラピーするしかない!」 と、思ったからです。

冨田先生から、脳梗塞の方のケースで、 奥さまが、発症当初からツンツンをして、見事、復活された話を聴いていました。 それと似たようなものだと思ったから、母にもよいと思ったからです。

さて、当初の母の状態・・・、 自発呼吸なし・・・。 (要するに、息が止まっていた) 冨田先生に電話で教えていただいた通りに、足の裏、足指と、くまなくしました。 手は、抑制用のミトンをされていたので、なかなかしにくかったけど、なんとか、隙間からしました。

足にした時、母が痛がって動きました。 でも、それは、ただの反射かも知れず・・・。 冨田先生に言われた通り、意識の確認をしました。 「おかあさん、分かったら目を開けて」 と、言うと、母は、目を大きく見開きました。 もう一度、同じことができたので、 「分かってるんやね?」と、尋ねたら、 首を動かして、うなづいていました。 そのあとは、また眠ってしまったようですが、 看護師さんも、意識があることは、知らなかったようです。

それから、さらに、足のツンツンをしたら、 40台前半だった脈拍が、50を超えるようになりました。 しばらくして、モニターを見に来た、看護師さんが、 「自分で、呼吸をされ始めました」と言われました。 脈拍が、さらに、上がりました。

また、先生の指導の通り、頸椎、頸動脈の近く(頸動脈近くだけ、私の判断で、つまようじの尖っていない方で)しました。 一度、脈拍が、一気に増え、そhして、また落ち着きました。 これで大丈夫だなあと思ったのでした。

翌朝までに、自発呼吸が増え、意識も戻り(看護師さんの観察)、 朝、気管挿管も取れました。 そうして、10日ほどで、退院しました。 何の障害もありません。

まだ、テニスには復帰していません(暑いから当たり前!)が、普通の日常生活をしています。 いろいろ、ラッキーな要因が重なったと思います。 本人の生命力が強かったのが一番大きかったと思います。

ですが、医師の診断が、あながち間違えていなかったなら、ツンツンセラピーの効果も大きかったと思います。 そして、人間の体は、自分を助けるようにできているのだとも思えました。

救急搬送当初、末梢の酸素濃度が低かったのは、脳に血流を送って、酸素を送っていたかもしれないです。 西洋医学は、やはり、見直されるべきではないでしょうか。 そんなことも考えました。

つまようじは、持ち歩くといいと思いました。 道で、人が倒れたのを見ても、ツンツンで、救えるかもしれないです。 また、母は、気管挿管の抜管直後の、酸素マスクで酸素吸入している時が、一番クリアな受け答えでしたから、

そのことは、脳に酸素が行き渡れば、人は、意識がクリアでいられるということだと思いました。 普段は、動脈硬化のあるために、少し、酸素不足な感じです。 先生、ありがとうございました。


コメント
これこそが別に書いている「脳を通して治す」という一つの実例です。

末梢からの「痛み」という信号で脳を覚醒させたのです。
血圧が上がったのは末梢の存在が脳に分かったので血流を回復させようとしたのです。
血圧が上がったのではなく脳が上げたのです。


10月は「ツンツン・セラピー」の講習をしますので皆さんも技術習得をしてください。
「他者の役に立てる私」を育てましょう。
posted by 変才冨田 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

酸素カプセルの効用14

4 なぜ、酸素が入ると元気になるのか

酸素は細胞の内部に潜んでいるミトコンドリアが要求しています。

ミトコンドリアは酸素を材料にしてエネルギーを増産しています。

酸素欠乏で死ぬのは最終的にエネルギーがつくれなくなるからです。

個々の人によってミトコンドリアの量や活性度が違い、量的にも活性度も低い人は元気でないのです。

しかも質の悪いエネルギーの作り方になります。

質が悪いと云う意味は活性酸素も多量に作り出すからです。


多量の酸素が普段から入っておれば、それに対応してエネルギー生産工場であるミトコンドリアも

工場を増設するのです。


そして身体が「もっとエネルギーを寄こせ!」と需要が増えればミトコンドリアは増えるだけでなく質も上がるのです。

運動が重要というわけです。

ですから酸素カプセルを利用された方は、そのあとでしっかり歩いて欲しいのです。

酸素を与えた後なら疲れないでどこまでも歩けるのです。

酸素を消耗してあげれば生産能力もそれに従って上がります。
posted by 変才冨田 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

酸素カプセルと耳鳴り、メニエール

今回でカプセルの利用が8回目の女性です。

耳障りな耳鳴りとメニエール症状で困っていたのですが

「耳鳴りもメニエールのめまいもほとんど無くなっています」

けれど

「じんましんが出て痒いです」

「血行が改善されたことで排毒がさかんになっているからでしょうね。

毒素を溜めなくなったのでよいことなのですが、毒素の原料を減らす

事、つまり日常の食生活を改善しましょう」

この方は酸素カプセルを利用するだけで特になにもしていないのです。

酸素カプセルは血行を急速に改善します。

食で血をにごらせる動物性が多いと、血が粘ります。

血液を清浄にしたうえでカプセルを利用すると、その効果は1+1=

3以上になります。

さらに

「せっかく酸素を身体に補充したのだから歩かないと損ですよ。

有酸素運動は歩く事が一番です。脂肪は酸素がないと燃えないので

デトックス効果は 酸素+食改善+運動=10

三つ組み合わせれば、その効果は眼をみはるものがあるでしょう。

フィーリングカップルを炊いたら

「お父さんが、なんやこれ><」

と食べてくれなかったそうです。

それでいて高価なサプリメントは利用しているそうです。

「そういう方は健康観が悪いので、それを改めるにはあなたから始める事ですよ」

どんなに考え深い人でも、こと食にかんしては食べもしないで拒否反応を示します。

こういうのを「馬脚があらわれる」というわけですね。

なにごとも成否は一旦保留して、実行してあらためてその成否を考える

という態度が「思慮深い人」というわけです。

こういう人のためにフィーリングカップルをつくったのですよ。

これまでのところ全員が「美味しい!」と評判です。

posted by 変才冨田 at 14:22| Comment(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

ロシアの波動機器と酸素カプセル

昨日のこと
夜間の頻尿で困っているので、水分は控えているという男性。

ロシアの波動機器で計測をしてみると、腎臓の糸球体が6という最も悪い数値で埋められました。

その後酸素カプセルのタカタ電位治療バージョンに入っていただきました。

一時間後の計測ではなんと非常に良い2しか出てきません。
腎臓の血行とペーハー調整が整い、細胞のふやけた状態が引き締まったのでしょう。

面白いものです。

もう一人は60代の女性で、脳の血管に5や6がたくさん並び、これも酸素カプセル後には5,6が数個になっていました。

酸素カプセルの驚くべき効果を再確認でした。
タカタ電位療法の効果にさらに期待できそうです。
posted by 変才冨田 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

酸素カプセルと美容

http://kirarastar.at.webry.info/200702/article_2.html

上をご覧になってください。
アトピーの女性が酸素カプセルでよくなるわけですね。

彼女はさすが木性人で、文章がよく書けています。

彼女は土性が低いのですが
この文章を見ると共感性が充分に感じられ、土性も隠れているだけなのかと思います。
posted by 変才冨田 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

連載11 酸素について

皮膚の再生がうまくいくばかりではありません。

組織細胞にも血管が少ししか酸素を供給していない場合でも
迂回してリンパ液などからも酸素が直接届けられます。
組織は酸素が届けば治癒力を働かせることができるのです。

自然治癒力は誰しも持っているわけですが、発揮できるかどうかは
気のエネルギーや体温や酸素が供給されるという条件で決定されます。

食を正しながら加圧酸素カプセルを利用することで、慢性疾患からの脱出が容易になります。

posted by 変才冨田 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

連載8 酸素カプセルについて

加圧酸素カプセルは東洋医学でいうところの水滞に対して非常に高価があると前回は書きました。
それゆえに、水滞のあるところには痛みがありますので、その痛みに効果があるということです。
これは水中運動療法での効果に似ています。加圧で滞ったリンパ液が動くのです。
加圧で、血液をよく動かされます。

そして、酸素です。
酸素こそ究極の食べ物なのです。臨終前呼吸が苦しくなったときにやっと酸素マスクなどが口にあてられますね。
もっと元気なうちに酸素をあげたいですね。
働き盛りにこそ酸素が欲しいのです。

「万病の元は酸欠である」と言った野口英世は卓見でした。
癌も同じです。
癌遺伝子は酸欠下でスイッチが入ります。
胎児が急速に大きくなるのは、細胞分裂が盛んだからです。
それは酸素が不足した条件で生きているからです。

出産後空気の世界に生きることで濃い酸素が入り、急速に分裂速度が遅くなるのです。

ところが誰しも当たり前に呼吸をしているので、酸欠になっているなどとは思いません。
しかし、血行不良などが局部的にあれば、そこで酸欠条件が生まれるのです。
posted by 変才冨田 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

加圧酸素カプセルの効果 スポーツ編

栃木県のスポーツ用品店にハードカプセルタイプが入っています。
最近そこの担当者から聞いた話です。
最近は学割で中学、高校生の利用者が多いです。
大会前にチームで利用するのですが、コーチによると翌日の動きがまるで違うそうです。
選手の感想も「自分はこんなに動けるのか!」といったものでした。

また以前骨折歴のある選手が再び骨折し、カプセルを利用したそうです。
「治り方がぜんぜん違います!」ということでした。

三宮には「ハウスアンドハウス」さんがあります。
ここもハードカプセルタイプです。
のじぎく国体があり、多くの選手が利用されました。
利用された方は自己記録をいずれも更新されたとか・・・。
posted by 変才冨田 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

酸素8

酸素の比率は体内の水分をどう見積もるかで違うようです。
年齢によって違ってきますね。
子供はみずみずしいですね。子供は70%が水という考えもあります。
老人はひからびてしまって60%くらいという見積もりもあります。
下記のデーターもあります。
  表1 人体の構成元素
酸素 62.43% カリウム 0.23%
炭素 21.15% イオウ 0.16%
水素 9.86% ナトリウム 0.08%
窒素 3.10% 塩素 0.08%
カルシウム 1.90% マグネシウム 0.027%
リン 0.95%

ところでこれから述べる意見は私見であり直感的な根拠のない意見です。
黄金比率というものがありますね。
そう、名刺の縦横の比率です。
1:0.618です。
人体全体の元素を1として酸素はこの黄金比率に近似ですね。
なにやら意味深ですね〜。
ところで臼歯の全体の歯に占める比率は62.5%ですね。
これも意味深ですね〜。
もっとも重要なものは、美しく感じさせる比率となるのでしょうか。
黄金比率に機能美的な美観を感じるのは、わたしたちのこうした構成比が原因になっているのでしょうか?
posted by 変才冨田 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

酸素7

加圧酸素カプセルから出た後、ほとんどの人はたくさんの尿を排泄します。
これは副交感神経の働きが活発になったということです。
つまりハイドクという働きはこの神経が活発でないと起きないのです。
アトピーや喘息は出そう出そうとしてその結果、皮膚からハイドクします。
もともと副交感神経にスイッチが入っています。
その働きを促し、結果としてひどくなりますが治癒のためには通らなければなりません。腎の働きがよくなれば、排毒はいっそううまくいきます。
これは静水圧で血のめぐりがよくなり腎臓でのろ過量が増えるということもあります。
要は食事を正して排毒する必要がなくなればOKなのです。

また疲れなどで体内に水素イオンがたまりすぎている人は酸素と結合することで水をつくることもあります。
凝っているところには特に水素イオンがたまっており、洗い流されることで
凝りも改善されるようです。

冷え性で下肢にむくみのある女性がカプセルから出てたくさんの尿を排泄しました。
その後、足が細くなっている気づき感動していたこともあります。
足がポカポカすると言いました。
放射温度計で測ると3度くらいも手のひらの温度が上がります。
面白いことに左右差もなくなっているのです。
それは視力についても同じことがあります。
左右の違いのかなりある視力が、悪いほうが上がり差が小さくなるのです。
眼も血行に支配されているということがわかります。
posted by 変才冨田 at 20:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素6

安保理論によれば酸素は交感神経刺激になります。
高気圧も同じです。
けれど、酸素カプセルに入るとなぜか眠くなり
手のひらや足の指などがジンジンしてきます。
つまり血行がよくなっているのです。
これは副交感神経が働いている証拠ですね。

これにつぃては安保先生に尋ねた方がありました。
安保先生によると「それはひっくりかえり現象だ」とのことです。
ひっくりかえりとは交感神経が極まって副交感神経にスイッチされるということです。
約20分くらいからその現象が起き、以後は副交感神経支配の状態が続きます。
ここでも極まれば陰は陽に、陽は陰に転化するという陰陽法則が貫かれているのですね。

ですから交感神経過剰の症状に酸素カプセルがよいということがわかります。

では副交感神経系の症状にはよくないのでしょうか?
posted by 変才冨田 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

酸素5

静水圧効果:水中では深さが増す毎に、体表面に圧がかかります。これを静水圧といいます。静水圧により、下肢周径は1.5cm、胸郭周径が3 〜 5cm 陸上時より細くなり、心臓へ戻る血液の量が増えます。腹部から胸部へと深く水につかっていくと、横隔膜や肋間筋などの呼吸筋にも負荷を与えます。これらの負荷により呼吸・循環系を強くする効果があります。健康増進の面でも水中運動は有効です。

以上が水中運動の効果なのですが
水中2メートルにどっぷり浸かってはできないですね。
加圧酸素カプセルはそういった状態に置けるのです。
呼吸・循環系を強くする効果に加えて濃い酸素が用意されている、
これが加圧酸素カプセルの相乗効果なのです。
posted by 変才冨田 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素4

ゲルマニウム飲用の効果と酸素カプセルの実効果というものが似通っています。
これらは酸素効果といえるかもしれません。
けれど明らかに違う点はあります。
それは圧力です。
酸素カプセルは水中2メートルの圧力が全身に全方位からかかります。
静水圧を得られる水中運動療法の効果が同時に得られるわけですが
同時に酸素も補給しています。
圧力だけ、酸素だけという効果はしれていますが
両方が同時に働くと1プラス1=3以上の効果となるのです。
さらにリラックスという効果が加味されると
足し算ではなく掛け算の世界になるのです。
酸素×静水圧×リラックス

次回は静水圧の効果を考えてみます
posted by 変才冨田 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素3

誰でもが知っている有名な企業の社長に数年前お会いしたことがあります。
彼は健康オタクで、別に健康食品の販売会社も立ち上げた。
会ったのはそのころである。
その会社の主力商品が飲用のゲルマニウムだったのである。

その白い粉を水に混ぜると小さな気泡を発生させ、水が白く混濁します。
ゲルマニウムと一般的に呼ばれていますが、実際はゲルマニウムを含む化合物です。
酸素原子をたくさん抱え込んだ化合物です。
どうもこれが体内で酸素を供給するらしい・・・。

かつて野口英世が「万病は酸素欠乏より生じる」といいましたね。
ドイツの世界的ながんの権威者のワールブルグもがんは酸素欠乏によると述べています。

したがって酸素欠乏で病的症状があらわれたら(現代人は酸素欠乏で狭い口のなかの水面に口パクパクの酸欠金魚状態になっております)
酸素を補うことが大切で、ゲルマニウムはそうした背景で存在価値が認められているようです。

ところで、酸素を補う方法はいくつもあります。
呼吸法もいいですね。
酸素水なども販売されていますね。
ところが栓をあけた瞬間に高圧で溶け込んでいた酸素は抜けてしまい
単なる水になってしまいます。
しかし、そうでない酸素水も最近できあがっており、おもしろいところです。
補給も必要ですが、それ以前に現在人は酸素欠乏を引き起こす生活法も改善すべきです。
アルコール過多、大食、深夜生活・・・酸素を消耗してしまうのです。

ゲルマニウムもその酸素水もFBAで改善効果があるかどうか確かめているところです。
現在研究中というところですね。

酸素カプセルについては
当研究所でも豊富な事例があり、その効果はたしかです。
なぜ酸素がさまざまな症状によかったのか、次回から考えてみたいと思います。

ところで冒頭でご紹介した社長は亡くなっています。
死因は突然の心臓発作と聞いています。
「ぼくはこれがあるから自分の健康は安心なんです」
といいつつその自社で販売されている飲料を飲まれていたわけですが、
日常の生活法はどうだったか・・・。

この社長さんのFBも測定しています。
「現状はあまりよくないですね。半年くらい日常の食をしっかりさせてください。
はっきりいって危ないですよ」
と申し上げて半年後の訃報でした。

こうしたことはよくあります。
健康オタク(健康食品に依存的)がはまる陥穽ですね。
ゲルマニウムの臨床を数多くされた医師の発言は貴重です。
「生活全般での治療のなかでゲルマニウムを使った人は著しい効果があった」
ということです。
 
それにしてもこの社長さんはある意味でいさぎいいですね。
自社の健康食品を信用していないのに人にすすめる社長もいるのです。
自社の製品を絶対に食べないという社長も多いのです。
武部さんもアメリカ牛肉をしっかり毎日食べてほしいものです。
背骨のあった牛肉を食べて欲しいですね。
posted by 変才冨田 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素2

ヘンリーの法則というものを覚えていますか?
圧力に比例して気体が液体に溶け込むという働きです。

これを利用したのが高圧酸素カプセルですね。
アメリカの製品は圧力を加えるのみですが、この法則によって大量の酸素をからだに溶け込ませます。
一般的には1.3気圧をかけます。
これは水中3メートルの圧力と同じです。
カプセル内部の酸素は25%程度です。大気中に比べて少し多いだけです。
ところで1.3気圧がいいのかどうなのか意見が分かれています。

京大の石原研究室の石原先生によれば1.2気圧が適当という意見があります。
圧力を減らした分は酸素濃縮機で濃度を加えればよいということです。
1.2気圧で酸素濃度を30から35%にします。この方が酸素の取り込みがよいということのようです。

当研究所(BL研究所)ではこちらを採用しています。

ところで一般的にはゴムでチャンバーを作りそれを膨らませていますが
膨らませるときに一気に空気を送り込むためにコンプレッサーを採用しています。
アメリカ製はコンプレッサーのみで、石原方式はコンプレッサーと濃縮機の組み合わせです。

これから酸素がなぜ身体を活性化させ、慢性疾患に効果を示すのかという点について考えてみます。

ここで興味深いのは「ゲルマニウム療法(飲用療法)」です。
なぜならゲルマニウム療法も結果として体内に酸素を増やすからです。
ゲルマニウム療法がどのような疾患に効果があるのか
高圧酸素カプセルとの類似点があるのかということです
posted by 変才冨田 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素

最近酸素カプセルの問い合わせが多くなっています。
そこで、しばらくは連載で高圧酸素カプセルについて書きます。

酸素はもっとも重要な食べ物です。
これが絶たれると即死ですね。
次に水→光→微生物→口から入る食べ物
順位としては適度な酸素→適度な水→光→適温→微生物→一般的な食べ物
これが人という動物にとって必要なものですね。

酸素は空気中に約21%含まれています。
非常に反応性の高い元素なので、生命はこれを利用するのです。
強い燃焼力があることで、さまざまな物質の化学反応を盛んにします。
生命とは変化が激しいもののことです。
その変化をつくってくれている主役が酸素と水なのです。
生命現象(酵素活性)は水のなかで反応がすすむのです。

ところでエゴギョウの五行分類では
火性は酸素、水性は水が配当されています。
酸素は木性で生まれ、火性で利用されます。
水は金性で生まれ水性で溜められます。

火性も水性も子供の心ですから
まさしく変化の激しい成長という言葉がふさわしいところです。

体液という水の中に十分な酸素があることで
生命現象が盛んになります。
ここで重要なことはヘモグロビンに結合した酸素だけでなく
体液中に溶け込んだ小さな泡のような酸素なのです。
リンパ液にもこの小さな酸素が豊富にあることで
素晴らしい働きをするようなのです
posted by 変才冨田 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする