玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年06月01日

ロシアの波動機器と酸素カプセル

昨日のこと
夜間の頻尿で困っているので、水分は控えているという男性。

ロシアの波動機器で計測をしてみると、腎臓の糸球体が6という最も悪い数値で埋められました。

その後酸素カプセルのタカタ電位治療バージョンに入っていただきました。

一時間後の計測ではなんと非常に良い2しか出てきません。
腎臓の血行とペーハー調整が整い、細胞のふやけた状態が引き締まったのでしょう。

面白いものです。

もう一人は60代の女性で、脳の血管に5や6がたくさん並び、これも酸素カプセル後には5,6が数個になっていました。

酸素カプセルの驚くべき効果を再確認でした。
タカタ電位療法の効果にさらに期待できそうです。
posted by 変才冨田 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック