玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年05月14日

基本食について9(補足)

基本食の考え方でもっとも本質的なことは
以下のことです。

なぜ主食が穀物であらねばならないのかという
本質的な解答です。

「光子体としての自己」


私たちの究極の姿は光の集合体です。

光は身体から絶えず流れ出ています。
生物フォトンといわれるものもそれです。
手のひらと足の裏から放射せれています。

出るばかりでは光子不足となり光子体として、ボデイを維持できなくなります。

光を補充しなければいけないわけですが、
その手段が太陽光を浴びることなのです。

都会で暮らす人は日常的に光不足があり、
その兆候がまず心理的異変となってあらわれます。
欝などがそれです。

初期の欝の治し方は昼間に森や山を散策することです。
十分に太陽光を摂取できると、夜間正常な眠りになります。

ところで心理的異変を起こす人によくあるのは
お米を食べていない、ということがしばしばあります。

これも光との関係です。
お米の種というものはカプセルです。
そのカプセルの中になにが入っているか、ということです。

栄養素が入っているのでしょうか?
そうではありません。
事実としてはそうなのですが
それは真実ではありません。

カプセルの内部に詰め込まれているのは光の凝縮体なのです。
それをビタミンだといったり、炭水化物だといったりしているわけです。
光合成により光をそうした物質に変換したのです。

種を発芽させ、苗を植え込み、長期間光を受け止めます。
野菜はきわめて短期間で、その季節のみの光だけ受けるのです。
お米は長期間光を受け止めます。
お米は光の一時集積所なのです。

お米を食べるということは、多量の光を食べるということなのです。
消化器官を通して内部から組織に投光する、これが食というものの意味なのですね。

白米にして食べるのは光のカケラを食べるということ。
完全な光ではないわけです。

ハウス栽培の野菜はガソリン(これもかつては過去の光の集積した微生物だった?)が主になっており、今現在の光は少ないのです。

posted by 変才冨田 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック