玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年05月01日

基本食について 最後に

食べることは食べないことも含みます。
ですから控えるべきものはキチンと控えることです。
なにしろ良くない物を食べないことは良い物を食べるよりも効果が高いのですから。

最後に「動き」です。
これは食べる行為に先立つもので重要です。
いくら食生活を改善しても、動きがなければ役に立ちません。

食と動きは表裏ですから食べることばかりに注意を向けるのは
片翼で飛ぶ飛行機をつくろうとしているようなものなのです。
この点は左のカテゴリーにある「食と動きの統合」をご参考にしてください。
posted by 変才冨田 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック