玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年02月24日

「名」の意味3

戦争責任をどう考えるか・・・。
戦争によって「無辜の民」が災難にあったと表現されるわけですが
「無辜の民」とはなにか、です。

無辜(むこ)
罪を犯していない意

果たして「罪をおかしていない」といえるかどうか、です。

あの戦争によって名も無き人々が虐げられた・・・。

わたしは思うのです。
「名」もないということは責任を持たなかったということ。

集団的無意識の海のなかに没していった「個」の群れ。
名を捨てた人々があの戦争を生み出したのではなかったのかと。

「名」は個性の代名詞であり、「名」の代わりに「番号」をつけることが「名」を捨てることであった。
番号とは兵士の認識番号であったり、整列時の号令に応えた番号である。

「名」が軽視される時代はあまり嬉しくない。
国民総背番号もそうだ。

派遣される方が派遣先で「派遣さん」と呼ばれる。
一日きりの派遣だと名を記憶する必要がないらしい。
一日きりで明日の労働のことを考えなくてもよいので
ぎりぎりまで消耗させられる。
見えているのは「労働力」でけでよく、労働力の元であるその人は見えない。個性を感じ取らなくてもよいのだ。

そうやって「名」を無視された人々は衆の海の中に沈んでゆく。
責任を持たない人々として社会から無視されてゆくことになる。

「耳を澄ませば」の主人公の個性化のストーリーに魅力を感じるのは
現代が個性化とは逆に向かっているからだろう。


posted by 変才冨田 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック