玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年02月24日

「名」の意味2

集団行動となると「名」が消えてしまう。
つまり個性化の消失ですね。
同時に個としての責任もなくなる。

ナチスドイツの状態がまさにこういう状態。
軍国主義化した日本も同じ。

戦後になって戦争犯罪人を処罰するための国際裁判が行われた。

衆で行動した結果が後になって個の責任が問われたわけ。

ところで実際は衆である国民が「名無し」であったわけです。

アニメの主人公である千尋は名前を取り上げられてしまいます。
出会った「ハク」も取り上げられていました。
また、顔なしという怪人も現れます。

宮崎は「名」の意味をどう捉えていたのでしょうか。

posted by 変才冨田 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック