玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年01月02日

連載16 癌 完全なる治癒

息子が5才、私の父が脳梗塞になりました。

何度も、何度も気分が悪くなり救急車で病院に運ばれました。そのたびに点滴をして、気分が良くなると自分で「風邪だ、もう大丈夫」と言って家に帰ってきてしまいます。そんなことを繰り返しある日、「お父さん、しゃべりにくい、しゃべり方変じゃない?」と何度も聞いてきたり、真っ直ぐ歩けなくなったりしましたが、「疲れてるんだなー」と言って絶対病院には行きませんでした。

ところがとうとう、思うように歩けなくなった時脳梗塞を経験した人に「脳梗塞よはやく病院行きなさい。」と言われ、一目さんに専門医に行くとその場で入院となり、すでに頭の中では3回も血栓の後があるような状況でした。

病院でも仕事道具を持ち込みやはり仕事の事ばかり考えていました。手術などはしないで薬だけで完治し、退院できる日に血便があり胃カメラを飲んで胃癌と解りました。

「癌かよーそんなはずないのにー」県立癌センターに移りやはり胃癌で胃を全摘出とのことでした。そうすれば、あと20年生きられるといわれ、父は「先生、あと20年しか生きられないんですか?」と質問すると、「鈴木さんあなた63才でしょ、あと20年生きれば充分でしょ」なんて言われてました。

私はすぐに富田先生に連絡し相談させていただきました。先生はいつものように優しく、あすなろ米と黒米を食べなさい等いろいろ指導していただきました。すぐに送っていただき父も喜んで食べ始めました。とても元気でしたがまだ血便は出ていました。たびたび癌センター(すごい名前ですよね)でたびたび主治医の先生に脅かされてました。

「はやく切らないと手遅れになります。今切っておけば安心です。手術さえできない人がいる中、鈴木さんはラッキーですよ。(ラッキーとかアンラッキーとかの問題?)胃はなくても大丈夫、脾臓も取ります、私の同期も脾臓を摘出してますが、全く問題なく生きてますし。何の支障もありません。念のため、リンパも取りましょう。」

なんなの、この人、かなりむかついた私は、若い主治医を質問攻めにしました。が、何だか人間の殻相手にしゃべっているようで。父に手術は反対だと何度も言い理由も説明しました。父も手術しないでどうにかなるような気がする。と言って、黙って富田先生に言われたものを食べていました。

しかし、問題は、心と、生活です。自営業の父は車の板金の工場の職人です。寝ないで仕事をしてしまいます。何度言っても生活を変えようとはしません。そんなとき検査で血便はなくなっていることがわかり、体の状態もかなりいい状態でした。細胞も何にも問題ない。だけどCTに写っている癌に癌の根っこというものも写っていました。

この根っこが胃を貫いてリンパに到達するギリギリのところだと言われ、ましても「急がないと、急がないと手遅れになる。」を連発され私が反論しても父は「たかこ止めて、もう先生の言うと通りにする。じゃないと心配でどうにかなりそうだ」

例へ、自分の父親でもその人の命、決めるのは私ではなくて本人にしかできない・・・とても、身にしみた経験でした。地獄のさたも金次第とは医者彼らに対する言葉だと言われ母は「お父さんが一生懸命働いたお金、先生によけいに渡してきちんとした手術をしてもらう」と言って大金をもって行きました。リンパもとらない、脾臓も残す、もしお腹を開けて内視鏡でとれる様だったら、胃はとらないでほしい。」と頼みましたが、リンパと脾臓は様子を見て大丈夫だったらとらないが、一度開けたお腹を何もしないで閉じることは責任が終えません。」と受け入れてもらえませんでした。

手術当日、摘出した胃を目の前に主治医は言いました。「実はCTに写っていた癌の根っこは消えてありませんでした。なので本来内視鏡でとれた癌です。脾臓は残しましたが、リンパは何となくはれている様なので2つとりました。」

家族は皆無言でした。・・・ほらね・・でも富田先生ってすごい!!
あすなろ米、たった2ヵ月半食べただけだったのに!!
手術後2日目には父は意識もはっきりしていました。その話をすると「えーじゃー胃とってない?」「だってお父さん取っちゃう様な先生で良いって自分で決めたんじゃないの、みんなが反対したにもかかわらず」「そうですねー・・」

その後3年近くたちますがやはり言葉では表現できない苦痛と共に元気に生きています。そして家族みんな富田先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
今でも「みどりのお米をたべ、癌になった友人にせっせとみどりのお米と自分の話をしてお米を配っています。
posted by 変才冨田 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌 完全なる治癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック