玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2007年12月15日

連載11 酸素について

皮膚の再生がうまくいくばかりではありません。

組織細胞にも血管が少ししか酸素を供給していない場合でも
迂回してリンパ液などからも酸素が直接届けられます。
組織は酸素が届けば治癒力を働かせることができるのです。

自然治癒力は誰しも持っているわけですが、発揮できるかどうかは
気のエネルギーや体温や酸素が供給されるという条件で決定されます。

食を正しながら加圧酸素カプセルを利用することで、慢性疾患からの脱出が容易になります。

posted by 変才冨田 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック