玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2020年01月30日

7号食レポート

7号食レポート

冨田様
おはようございます。

いつも大変お世話になりまして
ありがとうございます。

おかげさまで
本日、7号食実践16日目
最終日を迎えました。

途中何度か、
挫折してをしてしまいそうな
時がありましたが、
その度々に冨田様の暖かなお言葉
や7号食実践についての
方法やアドバイスを読み返し
自分がどうなりたいのか深く考え
ここ迄頑張ることができました。

本当にありがとうございました。

7号食を実践するにあたり
期間中、尊い気づきもたくさんあり
学びの多い時間でした。

最後の一日を
丁寧に過ごしたいと思います。

冨田様

おかげさまで本日無事に
7号食実践の16日間を
終えることができました。

本当にありがとうございました。

16日間を終え、
気持ちは澄んでいて
とても静かなところにあります。

5月の田植えを終えた後
実家のまわりの緑の田圃を
吹きぬけてゆく風を感じました。

冨田先生の心あたたかなご指導に
心より感謝申し上げます。

本当に本当に
ありがとうございます。

今回の7号食実践で
体調に合わせた
玄米の炊き方や
甘酒の作り方など
市販のものから
自分が作るものまで
今まで知らなかった
いろいろなものがあることを
自分で作り味わいながら
改めて知ることができました。
とても貴重な体験でした。
ありがとうございました。
http://bl-labo.co.jp/

posted by 変才冨田 at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。