玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2019年04月10日

(質問) 緑内障 冷え性の対策

冨田船長

1.眼圧を下げる対処方法を教えて下さい。

2.身体の冷えを改善する方法を教えて下さい。

3.物忘れが多くなったと感じるのですが、それも対処方法が有りますか?

4.疲労回復への対処は酸素カプセルが良いのでしょうか?

宜しく御願いします。


1
緑内障は以下のやり方で完治された方々数名です。
7号食 酸素カプセル 聴覚トレーニング
玄米の生米を炒ってから木綿の布で包んで目の周辺を温めます。

聴覚トレーニングをしている時に視野が広がった人もいます。
その日は看板にぶつからなかったとレポートあります。

2
真っ直ぐに立ってウオーキングすれば冷え性は改善されます。
真っ直ぐに立たないとふくらはぎがキチンとポンプ運動をしないからです。
真っ直ぐに立つために開発したものが「足楽です輪」ですよ。

入浴後に水をかぶってください。
たわしで皮膚を圧してください。

3
物忘れは、これは 笑
僕が聞きたい❗️

4
酸素カプセルは即効性があります。
水素の吸引と並行すれば良いですね。
posted by 変才冨田 at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。