玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2019年04月03日

湯屋からの脱出

湯屋で働くだけだから資産ができない。

「千と千尋の神隠し」での舞台である湯屋とはこの世界をデフォルメして表現されたものです。

マックロクロスケや釜じい、カエルや女たちはギリギリの生活ですね。
食ってチョンです。

そこでは働かなかったら消されるだけです。

湯婆婆に怒られないように働いています。
そこでは「怒られないこと」が働く動機です。

みんなこっそり楽したい。
マックロクロスケはキッカケさえあればサボタージュしています。

働いた利益は全て湯屋の所有者(生産手段を所有)のものです。

そこで働く人たちは生かされているだけで、その場所でしか思考もできません。それを洗脳というわけです。

自分の資産を増やしましょう!

会社の中でも外でも良いのです。
まだ無形ですが見えない資産を作っておきましょう。
学びましょう。

さらに会社の外に有形資産も築きましょう。
無形資産を作っておけば必ず有形に転化します。

それができる人は洗脳されていないでしょう。
posted by 変才冨田 at 11:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。