玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2019年03月11日

乳がんが増えるには理由がある

101-4.jpg

「糖質と砂糖の混同」
最近知り合いが乳がんで亡くなった方から以下のようなラインがありました。

先生、こんにちは🌺
乳癌って何故なるんですか?
癌のエサが糖質だから糖質制限しないといけないですね。

回答
糖質が悪いのではないです。
砂糖と乳製品です。
戦前は糖質が多いご飯をたらふく食べていたのに乳がんなどほとんどなかったです。

糖質制限食という食事法は「糖質」全体を標的にしています。
吸収されるときはご飯も単糖類、二糖類になって
その点では砂糖と変わらないという認識から区別されないのでしょう。

ご飯はユックリ血糖値を上げます。
砂糖は一気に血糖値を上げます。

生理に対してのストレスがまるで違うのです。

この点では白米と玄米はさらに大きな違いがあります。
その上に玄米には繊維が多く血糖値はさらに緩やかになります。さらにミネラルやビタミンが多量に含まれていますから栄養代謝が正常に行われます。

乳製品には妊娠牛由来の女性ホルモンが多量に含まれています。
当然女性の生理を狂わせます。

戦前には滅多になかった乳がんが増加したのは
明らかに欧米食の影響です。

ミルクは牛の血液でできています。

子供に牛の血液を飲ませるのは未来に大きな影響を与えます。

「蒼の元米」を是非食卓にのせてください。
普通の電気炊飯器で白米モードで炊けます。
水加減も白米と同じです。
しかもとても美味しいのです。
長年玄米を食べてきた方が絶賛されます。

しかも元米です。
元々のお米です。
品種改良していない固定種です。
戦後の人間の都合で繰り返された弱っちいブランド米とは違うのです。
しかも微量活性物質の多い小さく青いお米です。

主食を変えれば副食も変化します。




『蒼の元米』のご注文はオンラインショップでどうぞ





posted by 変才冨田 at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。