玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2019年03月10日

食と動の統合2

連載2
食と動の統合
2007年10月17日
冨田先生ブログ「あすなろ日記」より

 2 今、たった今から幸せになる方法

幸せには根っ子があります。

根っ子とは、人という動物として
その機能を100%使えているかどうかということです。

動物はその機能を使い切っているときが幸せなのです。

たとえば鳥は翼をもっていますね。

いくらエサを与えられていても籠の中では翼を使うことはできません。
ですからその鳥は幸せではありません。

先ほどテレビ放送で老人がリハビリを受けているシーンを見ました。(おじいさん)
長い入院生活で足腰が弱ってしまい日常動作ができないようになっています。
リハビリの功あって一人で床から立ち上がれるようになりました。
その瞬間、その老人の顔つきまでが力強く変化しました。

その顔は幸せの根っ子から生まれたものなのです。

さて、みなさんは自分の身体的機能を使いきっていますか。

身体的機能の大部分は脚にあります。
なぜなら、腰から下の筋肉は全体の70%を占めるのです。

なぜそんなにも筋肉を集中させているのでしょうか。

脚には生きていくうえで重要な任務をもっているからです。
脚の機能や状態にこそあなたの現在の幸せの根っ子が存在するのです。

つづく
https://www.bl-oosaka.org/
連載2 食と動の統合
2007年10月17日 冨田先生ブログ「あすなろ日記」より

 2 今、たった今から幸せになる方法

幸せには根っ子があります。

根っ子とは、人という動物として
その機能を100%使えているかどうかということです。

動物はその機能を使い切っているときが幸せなのです。

たとえば鳥は翼をもっていますね。

いくらエサを与えられていても籠の中では翼を使うことはできません。
ですからその鳥は幸せではありません。

先ほどテレビ放送で老人がリハビリを受けているシーンを見ました。(おじいさん)
長い入院生活で足腰が弱ってしまい日常動作ができないようになっています。
リハビリの功あって一人で床から立ち上がれるようになりました。
その瞬間、その老人の顔つきまでが力強く変化しました。

その顔は幸せの根っ子から生まれたものなのです。

さて、みなさんは自分の身体的機能を使いきっていますか。

身体的機能の大部分は脚にあります。
なぜなら、腰から下の筋肉は全体の70%を占めるのです。

なぜそんなにも筋肉を集中させているのでしょうか。

脚には生きていくうえで重要な任務をもっているからです。
脚の機能や状態にこそあなたの現在の幸せの根っ子が存在するのです。

つづく
https://www.bl-oosaka.org/
posted by 変才冨田 at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。