玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年10月15日

自立について 12



自立について 12
母親は子供が勉強しないと平静でいられなくなる。

たったそれだけのことで気分が揺さぶられる原因は子供に感情が支配されているからです。

母は子に依存しているのです。

子供もそうした母親にイライラします。

子も母親に依存しているのです。

これを共依存というのです。

もたれ合いですね。

上司と部下の間にも同様のことが起きています。

子供が母親が思うように勉強しない、部下が思うように動かない。

母親も上司も思うようにしたいのです。

支配したいのですね。

それは自分の「思い込み」ですが、その「思い込み」に
支配されているのです。

自分の「思い込み」に依存しているのです。

完全依存の状況から脱して「思い込み」から離れる(自立すること)には
その「思い込み」を観察するのです。

子供が勉強しないことで、なぜ自分が困るのか。

世間に対して体裁が悪くなると思っているのかもしれないです。
世間に対して依存しているのです。

将来子供が就職できないで自分たちに頼られたら困る。
依存されるものだと思い込んでいます。
自分なら困ったら親に依存するという前提が母親にあるからです。

親になっていても深層心理は依存から脱出できていないのです。
自分がそうだから子供も同じだと思い込んでいるのです。

そういう親は子供が自立へ向かって反抗期になると余計にムカつくのです。
子の自立を阻むのは依存心の高い親です。

自立している親は子供が勉強しなくても平気です。
子供が勉強しなくても困るのは子供自身だと思っているのです。
自分はちっとも困らないのです。

そういう親の子供は早く自立をします。

部下が思うように動かないのは思うようにしたいからです。
自立心のある部下は支配されたくないので、そういう上司に対しては無意識のサボタージュをするものです。


自分の思うように動く部下は、
実は依存心が高いので本当の仕事ができません。

部下が自立的に動くと依存心の高い上司は慌てます。
自分を追い越すのではないかと部下の粗探しをして
部下のやった仕事を低く評価します。

こうした親や上司はいったい何に依存しているのでしょうか。

それは世の価値観であり、さらに手繰れば
そうした価値観を生み出す元である世の「権威」に依存しているのです。

依存心の高い上司は自分の上司に依存しています。
依存していながら上司の悪口を影で言います。
常に上司に感情を支配されていますから、
影で抵抗しているのです。

面と向かって抗議はできないのです。

母親も同じです。
学歴という価値観に依存しているから
自分より高学歴の親の悪口を言うのです。

けれども子には高い学歴を要求します。


自立するには権威に完全依存していることに気づく以外にありません。

気づけばその正体を知ろうとするのです。

それが自立の始まりです。


考えてみれば

私たちは小さな頃から従うように教育されてきました。
言いなりの教育を受けてきたのです。

教育でもないですね。

調教されてきました。

調教されたように同じやり方で子や部下を調教しようとしているのです。


自立は調教されてきたことに気づくことから始まります。

調教状況に合わせて生きること
それが常識です。

常識から脱出しようとすると
家畜になっている人たちから止められるのです。

そんなことしたら「友達失うよ!」

家畜化した人たちは家畜の常識を振り回します。

posted by 変才冨田 at 00:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教育ママである友人が子どもの勉強のことで心配している話をしていて・・・。
その友人が、私が仕事を辞めることについて、非常に心配してくれていて・・・。
要するに、今の仕事は、給料がいいから辞めるなということだけど。
私は、「もう限界だから、辞める。私は貧乏にはならん、展望はあるから」と言って話を切ったのですが。全く信用されてない(笑)。冨田先生に紹介された仕事もあるからとも話してたんですが、先生まで、信用できないと言われてしまって(笑)。
思いやりだと思うけど。

同じ日にこのふたつの話をして、家に帰ったら、先生のこのブログ、タイムリーすぎて驚きました。

目標が何なのかはとても大事ですね。
働くことも、お金を稼ぐことも。
勉強することも。

Posted by kf at 2018年10月17日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。