玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年08月14日

奇跡ってあるのか

奇跡ってあるのか

もちろんあります。

そして

その奇跡は毎日あなたが起こしています。

しかも

奇跡の中でも最高の奇跡は

死んだものを生き返らせるという

最高の奇跡を

あなたが毎日起こしているのです。


それは

どこで起きているのでしょう。


あなたの口の中です。

あなたが食べ物だと思っているもの

それは、かつては生きていたものですが

「今は死んだように」なっています。

その死物を「カムイ」という荒業をあなたが起こして、死物を生き返らせるのです。

カムイとは 神居です。

奇跡を起こす神が口に居るのです。

カミを生じさせるのはカミ神、噛むことですよ。

口の中で生き返らせたからあなたの身体の一部になるのですね。

さて
このように生き返るものって本当に死んでいるのでしょうか。

仮死状態だから生き返るのです。


仮死状態に電撃を加える行為こそが

「噛む」という技なのです。

この技に磨きをかけること

それが死物に魂を入れることです。

一噛み ヒトカミ 人神だったのです。

ヒトカミ入魂❗️笑

鵜呑みにするような行為は死物の輪廻転生を阻害します。

キャベツもカボチャもお雑魚も牛肉も

あなたになりたいのでよく噛んで協力しましょう!


ついでに

我々もやがて死ぬわけですが(本当は今も死につつ生きつつしている)

その後でサムシンググレイトな存在によって噛み砕かれて

やがては再生するのです。


8月18日は東京セミナーですが

7号食の真髄を語ります。

単なるダイエット法ではないことを腑に落としてください。


これを是非学んで周辺の人に役立ってください。


posted by 変才冨田 at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。