玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年07月14日

7号食レポート 終了後の基本食について

7号食より重要な基本食

7号食後の基本食は持続的に行うものなので重要です。

7号食を「打ち上げ花火」みたいな位置づけではダメですよ。

基本食
1 毎日最低でも玄米ごはんは二杯は食べる。
2 おかずを食べ過ぎると玄米ご飯の量が減ります。
  おかずとごはんの量は同量か、ご飯の方が多いということが重要。
3 できるだけカタカナ料理を止めて和のレシピにする。
4 小鉢には必ずひじき、切り干し大根をつけておく。
5 お味噌汁も毎日最低でも一杯。
6 必ずゴマ塩振りかける。
7 外食するときに、これは浪費か生産的かを対話する。
8 お菓子を買うときにもその対話をする。

以上で1年でかなりスリムになり健康になれます。


また、7号食はどれくらいの間隔でやれば良いかは
人によって、そのライフスタイルによって違います。

外食(害食)の多い人は年4回程度でしょう。

人生の決断時期に迫られた時にもどうぞ。

http://www.bl-oosaka.org/各種商品/
posted by 変才冨田 at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。