玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月19日

水素医療はどこから来て 今どうなっている 1

BL研究所がレンタルしている機器が水素発生能力が2倍以上になりました。

レンタル金額は今まで通りの毎月3,780円です。

申込金が7,560円で届いた翌月から引き落としされます


さてBL研究所では数百件のレンタルユーザーがあり

体験事例がたくさん寄せられています。

現在メーカーでは多くの研究者と臨床医の協力があり
近いうちに医療機器として認可を受ける手はずのようです。

医療機器の認可を受けることで効果効能が記載されます。

ここでBL研究所独自の事例は発表できませんので、

水素医療の現状を客観的にお伝えしたいと思います。

水素が健康に大きく貢献できることは
多くの世界中の研究者の論文が排出されております。

私はブームには背を向ける習性があるのですが、
これはブームというものではなく確実に定着するものです。

人に加害しない本当の代替医療の兆しを日々感じているものです。

では発端はどこから始まったのか。

続く

posted by 変才冨田 at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。