玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月19日

米の話 7

@圧力釜で炊くと発ガン物質のアクリルアミドが発生する。

A発芽させないで炊飯するとアブシジン酸の毒性が消せない。

B玄米に含まれるフィチンはミネラルと結合してミネラル欠乏症になる。

そうあなたは説明されているけれど
私は20歳45歳までは玄米を圧力釜で発芽もさせないで炊飯して食べてきました。
(今は電気炊飯器の白米モードで食べられる美味しい玄米になってからは圧力釜は使っていない。
特に発芽にもこだわっていない)

でも私は大病もしていないし、病院へは歯医者以外に12歳から行ったことがない。

ミネラル欠乏症にもなっていないし69歳まで普通の人より元気に過ごしてきました。

あなたのいう3つの害を被ってはいないんです。

僕だけでなく
戦後になって病気になって玄米食を始めた人はみんな発芽もさせていないし圧力釜で食べてきました。

そうやって癌や慢性疾患を克服した人は多いです。

それはどう説明できますか。


講演された先生
「それは、きっと肉食なども同時に止めたからでしょう」


「そうだとすると、あなたのいう玄米食の3つの害よりも肉食がいけない、ということになりますが
そういう理解で良いですか」

先生
「そうだと思う」


「であれば玄米食の不利益を多くの時間を割いて説明するよりも
肉食の害に多くの説明をかけた方が良いと思いますが、どうでしょう」

先生
「そこも話していますよ」

当日は肉食の害については説明されていない。


「では、フィチンの害についてですが、玄米を食べるとミネラル欠乏症になるということですが、
先生は何を主食にすれば良いと思いますか」

先生
「白米で良いでしょう」


「白米には元々ミネラルが無くて、白米自体がミネラル欠乏症ですから、玄米食べるよりミネラル欠乏症になりませんか」

先生
「白米食べる時に副食でバランス取れば良いですよ」




ついでにフィチンについてのことは以前に書いていますので揚げておきます。



玄米にはフィチンが含まれており、これがいろいろ陰口を叩かれております。

陰口を叩く人は臆病でケチな人に集中しております。

というのは

フィチンは胃酸に出会ってフィチン酸となり

金属イオン大好き!状態になるようで見境なく声かけて仲間になるのですネエ。

声かけられて簡単になびく鉄さんや亜鉛ちゃん、カルシウムさんも腰軽いなあと思いますがねえ。

そうやって仲良くなっちゃうと吸収されないで排泄されるということで

ミネラル欠乏症になっちゃうと心配性の人は玄米さんとは仲良くなれないナアと思うのです。

玄米食はミネラル欠乏症になるって声高に叫ぶ先生もいて、一度訊いたことがあるのですよ。

私「では主食はどうするのですか?」
先生「白米を食べればよい!」



私 (・・)  昔は江戸煩いといって白米食べてビタミン欠乏症でかっけになるひといましたよ・・」

で、白米食をするとミネラルやビタミンまで無いのでおかずで補うことになるのです。

それがおかずの食べ過ぎになり→油脂類過剰に導かれます。

白米はすでにミネラルを精米という泥棒さんがぜーんぶ盗んだあとではないですか。

白米そのものがミネラル欠乏症になっているのにネエ。

そしてフィチンさんは意外にやってくれているのです。

というのは水銀や鉛、重金属などの有害金属とも仲良くしてくれるのですよ(本当に見境ないヤツ)

現代はむしろこのフィチンさんの働きが重要です。

だって、現代の食べ物は有害金属だらけなんですからね。

玄米には豊富なミネラルがあるのです。

少しぐらいフィチンさんに差し上げても良いではないですか?

さらにゴマ塩振りかけてミネラルを補充しているのですからね。

もう、40年以上も前の話ですが

玄米はヌカに含まれる水銀が多いから汚染されるという新聞記事が出たことがあるのです。

そのせいで玄米食をやっていた人がずいぶんやめました。

自然医学の重鎮である森下先生は1年間かけて白米食と玄米食の人の毛髪を分析研究されたのです。

結果は白米食の人が水銀を蓄積していると発表されたのです。

でも、その記事は出なかったですね。

そういうわけで

玄米食は太っ腹で実行しましょう。

玄米はミネラルが豊富なんだから

フィチンさんに少しぐらいは差し上げましょう!

posted by 変才冨田 at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。