玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月18日

学び舎はあなたの脳の中 1

学校は教育の場ではない、教育の現場はあなたの頭脳の中

人がなにかを認識する時、それが苦労という経験をすればするほど身につきます。

質問をすれば回答が返ってくる。

そういう環境は便利だからこそ返って教育にならないわけです。

研究所でもそういうことがあります。

まるで私を辞書代わりにしているのかと思えるような質問をする人は多いです。

けれど

質問→回答→質問→回答→・・・・

これを永遠に繰り返して、その結果

質問者は成長するのでしょうか?

とてもそうは思えないのです。

そういうシステムを研究所が保持している限り、研究所は教育の場にはならないのです。

疑問が浮かんだ時

自分の知識を総動員して思考実験をして自己解決すべきです。

知識の不足と知恵の不足で解決できなかったら、調べまくるのです。

調べている過程で疑問の周辺が浮かんできます。

疑問の周辺がわかることが、実は認識の底が深くなり幅が拡がるのです。

裾野の狭い高い山を作るのではなく

裾野が広がっている高い山をつくることです。

セミナーの講師をするときに「怖いのは質問です」と言う人が多いです。

裾野の狭い山をつくっているからです。

例えば「米を食べることがダイエットになる」というテーマです。

これをダイエットに限定して考えることが裾野が狭いというわけです。

米を食べることの意味、米の歴史、米と天候と世界、米栽培の事例、米と生理、米の調理法

食べるとはどういう意味なのか

こういうところを押さえて米について語ることができるのです。
posted by 変才冨田 at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。