玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月15日

足楽です輪のクレームの対処

足楽です輪を使って足指が痛くなるという報告が時々あります。

痛まない人の方が圧倒的に多いので、これは痛むという人の身体に問題が潜んでいます。

そういう人はあまり良い未来が待っていません。

ましてや足楽です輪が原因だと思う人はなおさらですよ。

自分の不具合がせっかく見つけられたのに見つけた足楽です輪のせいにするなんていうのは、

自分は悪くない❗️

という現代人の悪しき特徴です。

こんな情け無い猫状態です。

C9398B53-2DA9-4FF6-AC51-327B823C4724.jpeg


足楽です輪を巻いて「指が痛い」

だから良くないモノだ。

もう巻かない。

嫌なことがあればその原因を自分に求めて追求することです。

だって、多くの人は痛くないのですから。

余程自分は悪いのだろうと点検すべしです。

それができないようでは未来が暗いです。

原因は指の隙間がなくなって指が寄り添っているからです

それに加えて靴の先端が細すぎて(かっこいい?)

指を締め付け指の自由性を奪っています。


これでは五本の指が一体になってしまいそれぞれの役割りができないですね。

脳は指の一本一本を認識できないので指を使って 大地を掴む、蹴るなどができないのです。

指こそが脚の筋肉を作るのでこれでは早くから筋肉を失い介護一直線です。

では、そういう時はどうするか。

靴の先端を広いものに変えて

なおかつ

足指の一本一本を丁寧に

のばす
まわす
捻る
つねる

手の指を間に差し込んで

足首輪グルグル回す

手と足をしっかり指に力を入れて握手するのです。

痛みが無くなったら今までの借金返済です。



posted by 変才冨田 at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。