玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月12日

「歩かない」と「歩けない」に違いがあるか 意思の萎えは罪が深い 1

「歩かない」と「歩けない」に違いがあるか。

本質的な違いはありません。

両方とも「歩き」という行為が無いのです。

歩けるという機能を持っている人が歩かないという方が罪が重いですね。

脚の前に意思が萎えているのです。

やがてほんとうに脚も萎えます。


さて、「意思」というものの力は無限です。

全てにおいて意思が「決める」のです。

決定が、それこそ現象を作り出す「行為」を生むわけです。

歩く「つもり」の人がいつまでたっても「歩けない」のは

決定力を生み出す意思の力が弱いからです。

では

意思というものの起源はどこにあるのか。

ライフスタイルというものは習慣で形成され、

習慣の総体こそがあなたそのものです。

自分を変革したいと願うのならば

悪癖を伴ったその習慣こそが標的だ。

習慣を変える!

その決定を下す意思はどこから汲みだせば良いか。

続く



posted by 変才冨田 at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。