玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月12日

行為と観念 2

糖尿病の方はそのライフスタイルという繰り返された行為で糖尿病に成れた。

治療するにはライフスタイルを変える以外にない。

「祈り」では治らない。

具体的な建設的な行為が必要だ。

極めて当たり前なのに、

ことが平和問題になると「祈る」というのだ。

その滑稽さに気づかない。

「平和は一人一人の心が平和に成れば世界は平和になる」と言う。

一人一人の心の平和は平和を目指す建設的な行為から生まれるということを知らない。



なぜそんな言動になるのか。

平和運動は困難だからだ。

そんなことをしたら当局に目を付けられるかもしれない。

あいつは正義感ぶっている偽善者だと誹られるかもしれない。

それに自分にはやることが沢山ある。

自分は平和を願っていることは間違いない。

そうやって「願ったり、祈ったりしている多数者が勇気ある人々を孤立させて行く。

つまり

儲けるために騒乱を起こす人よりも「願い祈っているだけ」の人々が大多数者なので始末が悪い。

本当の平和破壊者は誰なのだろう。

新幹線での殺人事件をみてそういう思いがよぎった。


posted by 変才冨田 at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。