玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月11日

観念と行為



「世界が平和でありますように」という宗教団体のステッカーを見かける。

「祈り」の力をいう人は多い。

そういう人が世界の進歩を押さえ込んでいる一翼だ。


「祈り イノリ」だけで世界は平和になるわけがない。

そんな当たり前のことがわからなくなっている。

行為がないのだ。

世界は唯物的にできており、具体的行為を通してしか変革できない。

生活習慣とは行為そのものの繰り返しであって、

その具体的な行為の繰り返しこそが新たなる現象を創造する。

さて

熱心に祈れば行為に転化するのかというと

自己満足で終わりかねない。

k
世界を変えていこう。

子供への負の財産を出来るだけ取り除こう。

老人が先頭に立って夢を語り

共感者を増やそう。

自分が核を保有しておりながら他者の核を取り上げようという傲慢を傲慢として批判しようえ


日本が核の傘に入らねばという官僚たちの怠慢を取り除こう。

(アメリカの核政策を強化するように要望していた文書が公表されている。

核のない世界を実現するために

今こそチャンスではないだろうか。

安倍さんを退陣させることは第一歩だけれど、

自民党流のやり方を抜け出させよう。


posted by 変才冨田 at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。