玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年05月30日

7号食レポート 本日が16日目最終です 玄米トーストの使い方

7148B83E-1643-4019-9F6F-D60F190EDC2B.jpeg
本日の7号食中の最後のオヤツは玄米トーストにゴマペースト+玄米甘酒+レモン汁を塗っていただきました。

この玄米トーストは「蒼の元米」と「米の精」のブレンドに慶安の塩という自然塩だけでつくっています。
山形の蔵王製菓さんでは山形産の玄米で作っていますがBL研究所の玄米で作っていただきました。
原料米が違うとこんなにも味が違うのかと驚かれていました。香ばしさがまるで違うのです。

33A32719-C458-416B-AC4B-1888854D7B03.jpeg

普段は醤油をハケで塗ってから海苔で巻いても良いし、海苔を振りかけても良い。

そのまま食べても癖になるとよくいわれます。

詳細はBL研究所のHPでどうぞ。
posted by 変才冨田 at 22:09| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。