玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年05月18日

「足楽です輪」で身体能力を上げる

最近見かける言葉に「サルコペニア」があります。

日常の生活に困難なくらいに加齢による筋肉量が減るということなのですが、
40歳の人が70歳で約1kgの筋肉が減る。
介護が必要な人は2kgも減っている。

足腰の筋肉が全身の筋肉の70%を占めているので歩かない人はたちまち介護です。

団塊の世代の老後の経済的破綻が目に付いてきました。
僕は老後破綻の前に筋肉で破綻されている割合も高いと思っています。

筋肉の低下は転びやすくなり長期の通院です。
筋肉は体温もつくるので、少ないと低体温になり免疫が低下。
これも長期の通院に結びつきます。

自分が老後に病気になるという計算をしないで生活設計をしているので
長引く通院で思わぬ出費になり、やがては破綻に結びつきます。

人の身体は廃用性といって使わなければ退化するようになっています。
お年寄りのトボトボ歩く姿は筋肉を使わない生き方をしてきたからです。
かくしゃくと歩いている人も大勢いらっしゃいます。 よく動き、よく歩いたからです。

それは身体だけではなく心も同じです。
感動することも心の筋肉であり、無感動な生き方を選ぶと姿勢や内臓にまで悪影響を及ぼします。
感動は向うからやってくるわけでなく、感動はその人の心の働きです。
感動したい! その欲求が感動を起こします。
心の筋肉は感動できる能力です。
これも今から貯金しておきましょう。

さて、今回は今のうちに筋肉の貯金をしておきましょうというお話です。

「足楽です輪」を装着して84歳の女性がボーリングで初めて200を超えたと報告がありました。
ゴルフにおいても多くの人がスコアをアップさせています。
いつもブービーか最下位が、なんと優勝されたとかの報告も出ています。
ホノルルマラソンに毎回出場されている人もタイムを大幅にアップされました。
剣道においても打ち込みが鋭くなったそうです。
これはお腹に力が入っているからです。

足楽です輪の特徴は「即、楽になる」ということが特筆です。
特に状態の悪い人ほど強烈な体感を起こす人が多いのです。

そういう意味では障害をもっている人にも使っていただきたいですね。

そして、スポーツマンにもオススメです。
身体能力は確実に増します。

テニス ゴルフ マラソン スケート格闘技じわじわ浸透していますよ。

昨日は一日中「足楽です輪〜」を装着していた母ですが、
朝、ふくらはぎのむくみが取れて1〜2cm細くなっていました。
これも効果の一つですよね?!
今朝は畑にも行き、動作はゆっくりでしたが、しゃがんで葉を収穫したり肥料を入れたりすることができました。
起き上がったり、立ったり、座ったりがかなり楽になっています。
装着1日半でこんなに変わるんですね。

ちなみに母は70代、作家活動をしながら、茶道・習字と習い事もしていて活動的な人です。
元気だった母が突然動けなくなってしまい、どうしようと焦りましたが「足楽です輪〜」のおかげで早く回復できそうです。
本当は自分用に「足楽です輪〜」を購入したのですが、
これは母にあげることにして自分用に改めて購入します。
ついでに父の分も買おうと思いました。
私はまだ試してないので、早く使ってみたいです。
冨田先生、本当にありがとうございました!



posted by 変才冨田 at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。