玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年05月06日

7号食レポート 水素風呂とライフスタイルの完全変更でバセドウ病からの生還

富田先生はじめまして。
お会いしたことはありませんが、いつもお世話になっています。

十数年来のパセドウ病が再燃し、さらに甲状腺腫瘍が見つかりました。

腫瘍はとりあえず経過観察、パセドウ病は内服薬治療での寛解は難しいとの診断。
医師からは放射線治療か手術を勧められましたが、後遺症や副作用を考えるとどうしても受け入れられませんでした。
悩んでいた時、家族が七号食を勧めてくれました。

正直なところ半信半疑でしたが、がけっぷちの私に迷っている時間はありません。

4つのことを実践しました。

@七号食 16日間
A水素風呂 一日3回各30分
B体を動かす(歩く)
C日々の食事は基本食


注意
TSHは甲状腺を刺激して甲状腺ホルモンを分泌させるホルモンです。

バセドウ病は甲状腺ホルモンの過剰分泌なのでTSHを出す必要がなく
ほとんど計測できない微量になります。
4ヶ月目にTSHの分泌が測定されたので、甲状腺ホルモンの過剰分泌であるバセドウ病は回復途上にあると思われます。
FT4とFT3は正常になっています。


最初の検査結果
FT4 3.2
FT3 10.0
TSH 0.003以下

1ヶ月後
FT4 1.4
FT3 3.3
TSH 測定なし
約1ヶ月で甲状腺ホルモンが正常値に!

4ヶ月後
FT4 0.9
FT3 2.0
TSH 0.1
TSH値が上がってきました。

体調もいいので良くなっていると実感しています。
焦らずゆったりと構えて食事と運動を続けます。


参考
基準値] (正常範囲; 測定のためのキットにより異なります)
FT4 0.8 – 1.8 ng/dL
FT3 1.9 – 3.8 pg/mL
TSH 0.4 – 4.5 μU/mL

コメント
性格的に金製が高いようで厳密に実行されました。
水素風呂はバセドウの改善例も多く出ています。
こんなに早く改善できたのは水素風呂と運動、7号食、基本食の相乗効果でしょう。

甲状腺腫瘍も心配ないでしょう。

posted by 変才冨田 at 19:03| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。