玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年05月06日

ザ スクエア 聖なる思いやり 2

「思いやり」というのはかなり高度な技です。

相手の立場とその動く先を想像できないと「思いやり」は現れないでしょう。

その想像の余地は自分が手一杯の時は欠けています。

気になることが多いと他者を思いやることなどできません。

現代人はおしなべてそういう状況です。

そこでザ スクエアの意味を衆人に認めさせるには刺激的なものが必要ということで、

ホームレスの少女をスクエアに入れて爆破するという映像を作って流したのです。

少女が飢えて死ぬのも爆破されてバラバラになって死ぬのも同じこと。

少女がバラバラにならねばあなた方は現実に気づかないのかと訴えます。

この少女を助けるというのはあなた方の義務ではないのか?

助けてと叫んでもお前たちは助けないくらいに神経が鈍ってはいないかと訴えています。

現実世界は助けてと呟くくらいでは誰も聞こえないくらいに
現代人は鈍くなっていますね。

助けたら厄介ごとに見舞われると思い、聞こえないフリをするのが我々の生き方になっています。


見ざる 言わざる 聞かざる

こんな状態が私たちです。
posted by 変才冨田 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。