玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月28日

インナーワークが本当の仕事

人は「できそうに思う」ことしか主体的にしません。

「できそうにない」ことは命令であればしますが、
できそうにないと思ってやることは「身が入らない」ので
結果は形式だけを整えておしまいです。

仕事は「できそうに思える」状態をどう作るかです。

いくつか方法があります。

とっておきの方法は

その仕事をできている人をずっと観察することです。

できているところを何度も見れば「できて当たり前」という感覚がやってきます。

その感覚に持っていくことが重要です。
つまりインナーワークです。

そのレベルに持っていくためには
何度も「できている人」の話しを聞けば良いのです。


もう一つは
「失敗はダメ」という思い込みから自由になることです。

そのためには
自分が「本当はできないカス人間」だと
本当の評価にすることです。

変なプライド(虚栄心)を持っているので「失敗」する自分が許せないのです。

そういう人は他者の成功や幸せも共感できません。

他者の成功事例に共感することは、その他者の能力を取り込むことができるのです。

羨んだいると嫌悪の感情があるので
そのやり方を学ばないのです。


posted by 変才冨田 at 17:05| Comment(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。