玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月24日

7号食レポート 基本食に着地させる目的が7号食です。 一過性のダイエット法ではありません!

キャプテン冨田様

昨年度7号食に挑戦致しました!

体重は2.5キロ減り、その後、
モーレツな食欲になり、
7キロ増
今人生最大の体重です。

まだ玄米があるので、又食べ始めました。
もう一度挑戦しようと思っています。

健康に害のある太り方で健康診断にもひっかかりまして。

何かヒントになる事があれば教えて頂けますでしょうか。
どの様に食の改善をと。

脂肪肝 コレステロール、肝臓の数値
オンパレードで、足も悲鳴をあげ始めたのが分かります。長く立ってると疲れるので。

身長は155CM 体重が63キロ
55キロまで落としたいです。
仕事は出張が多く、月の半分以上は外食です。

今までありとあらゆるダイエットに趣味の様に挑戦致しました。

この辺りでリセットしないとこの先がしんどくなりそうです。

何をどう食べて、どうすれば良いか?

やっぱり、聞いてみようと思いメールさせていただきました。
アドバイスをよろしくお願いします。

回答
7号食は基本食に着地する。ための手続きのようなものです。

終了後も玄米は食べるという前提なのです。
7号食は一過性のダイエット法ではないのです。

家ではしっかり蒼の元米を炊いてください。

更に
副食が主食を超えないようにします。
おかわりはご飯のみです。

さて
外食は害食ですから注意が必要です。

最近はスーパーヌカも販売されていますので外食でお使いください。
小さめの容器に炒ったスーパーヌカを入れておいて
味噌汁 スープ ラーメン うどん
どんどん投入してください。

干したチリメンジャコをフードプロセッサーで粉にしてスーパーヌカと一緒に混ぜて炒ります。
この時に切り干し大根も粉にして混合すればさらに良いです。
干した大根葉も粉にして
最高です!

外食時に白米に振りかけてください。

これが数年先の思わぬ病気から救われる方法です。

posted by 変才冨田 at 10:01| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。