玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月19日

足楽です輪のレポート ふらつかない!

こんにちわ。
実家の母に足楽です輪を贈りました。
一度目は、特に感想もなくなんとなく付けていたようです。
失くしたとの事で、再度送りました。
足楽です輪を付けたまま(忘れて)寝たら、トイレに起きて行く時、いつもはよろつくのが、足どりがしっかりとしていたと感激していました。もう手放せないと喜びの声を聞けました。

母はリウマチを患っていて、定期的に病院で注射を受けているので、蒼の元米と滋養米も勧めて食べるように声かけしています。
白米を食べた時よりお腹が軽いと言います。
ただ、食の好みもあり、進んで…と言うより、私に度々言われて頑張って食べてる感じです。
おかずも食べていいから続けてね…とお願いしているところです。
少しずつでも体調が良い方に向かってくれたらと思います。

コメント
嬉しいレポートありがとうございました。

今後しっかり使っていただけそうですね。

食の方はスーパーヌカを白米やスーパー胚芽米に混ぜて炊飯するところから始めれば
白米ご飯より美味しいのでハマっている方が増えています。
スーパーヌカなしでは食べられないというようになってきます。

そうなると先ずは快便が始まります。


posted by 変才冨田 at 00:07| Comment(0) | 重心調整「姿美人」「足楽です輪」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。