玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月17日

健康相談 無呼吸の治し方 くの字形体型の治し方

質問
先程は、有難うございました。
それから、冨田先生にも、今年の4月にご指摘を受けたのですが、無呼吸症候群で、重症と言われました。
それで、治療が必要とのことで、1日入院するように言われました。
自分で何か気を付けて出来ることがありましたら、教えて頂けますでしょうか
よろしくお願いいたします。


回答
風船を眠る前に膨らませてください。

それから7号食で減量です。

質問
体重は、食事療法で4キロ減ったのですが〰
今日から、以前のように、きっちり食事を守れば、また、減ると思います。
どうして、減量が、無呼吸症候群にとってよいのですか?
治すには、どうすればいいでしょうか?
入院してマスクを付けて寝るように言われました。

回答
喉の余計なお肉と脂肪が除去されて弛みが減るので、減量効果があります。
顎から喉のフェイスラインに膨らみがなくなればOK。

風船を🎈膨らませるのですよ。
吐く力です。

質問
風船を🎈膨らませるのが、下手なんですが〰
膨らむように、練習します。

解りました。
そうですね、吐けてないです。吐けるように、頑張ります😃

回答
こんにちは😃
先日は、有難うございました。
早速、腹式呼吸の練習で、吐く息を長くして練習してましたら、昨日の晩、風船を膨らませることが出来ました。
膨らませては、へこませて、5回、膨らませることが出来ました。
これを毎晩やってたら、無呼吸症候群が治るでしょうか?

今まで 、いくらやっても、膨らませることが出来なかったのですが〰
すんなり、膨らませることが出来ましたので、びっくりしてます。
有難うございました。

回答
舌力も増強されて舌が喉に落ち込まないので
いびき無くなって治ります。


しばらく経過

風船は膨らませていますか。

質問者

自分では、夜中にいびきを掻いてるかどうかわからないのですが〰

病院の先生は、何もおっしゃられないので、そのままにしてます!
風船🎈を膨らませてたらいいと思って膨らませてます。

それから、コルチゾールとACTHのホルモンの方は、去
年の10月の尿の検査で、少し引っ掛りましたが、以前のように、顔がむくんだり、皮膚が薄くなったりとかの症状は出てませんので〰
食事は、富田先生に教えていただいた通り、守ってます。


回答
コルチゾールとACTHの問題は7号食で大幅に改善されています。

質問
体型が極端なくの字です。
右が凹み左が出ています。
時々ヨタつきます。

回答
写真で確認すると極端なくの字です。
足裏の豆はどちらが先にできましたか?

質問
右です。

回答
では、左だけ「足楽です輪」巻いて
両足裏を爪楊枝でツンツンやってください。

質問
こんにちわ😃
先日は、有難うございました。
先生に教えていただいた通りにやってみました。
不思議です!土踏まずの所を
ツンツンしたあとで立ち上がった所、肩が水平になって、まっすぐ立ててたのです。

それから、インソール「姿美人」を入れて楽でした、足楽を巻いて歩いた所、歩きやすくて、楽です。

右のウエストが窪んで、だいぶ左によっていたお腹が、心持ち真ん中に戻ってるよう
な気がします。
うれしいです。続けてツンツンします。
それから、今日は休みで、写真を撮ってもらえませんので、月曜日に、仕事に行った時に、同僚の人に撮ってもらって、送らせていただきますので、よろしくお願いいたします。
いつも、お忙しい所、申し訳ありません。
有難うございます😃


以上はライン上でのやり取りです。

ちょっとしたことですね。

自分で作った不具合は自分の力で改善できます。
自力を発揮させない治療法(依存型治療)は治っても
再発した時に再度依存します。

2の疾患に5の力で治療すると過剰の3だけ不具合が起こります。
我々は過剰をしてしまいがちですね。

日本の海外援助は最新の機械的な井戸を作って帰ります
故障したら自力で修理できないようなものを置いて帰ります。

同じことが病院で行われているかもしれないですね。

「人は解決できる問題しか問題にしない」
解決できる条件は周辺にあるのです。
遠いもの(強力な他力)治療すると過剰の害(副作用)が起きます。
必ずあなたの力でできることが近くにあります。

それを見つけることです。
posted by 変才冨田 at 16:06| Comment(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。