玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月06日

4月1日 新大阪セミナー 7日は東京セミナー 7号食レポート センナによる頑固な便秘

はじめまして、鹿児島の石原と申します。2月16日から、7号食をはじめまして、その間も何度も夜のツタンカーメンで、冨田様の話を聞かせて頂いています。

今52才で、コレステロールが高いのと、便秘と身体と心のリフレッシュを兼ねて、7号食に挑戦しています。

5日目ぐらいまで、頭痛と関節痛の好転反応と食欲に苦しみましたが、今はウソのように、スッキリしています。また元米や甘酒などもとても美味しいです。ありがとうございます。

はじめてから17日目、中々便秘が解消されず、いつも飲んでいた、防風通聖酸という、漢方を1日一包服用しています。何か他に方法があれば教えていただければ有難いです。

回答

便秘薬で過去センナをとっていましたか?

返事
結構長くとっていました。

回答
センナ使っている人は直腸反射が鈍くなっています。

仙骨の内側が直腸なので血行を良くします。
茹でこんにゃくをタオルでくるんで仙骨を温めてください。

合わせて仙骨部位を爪楊枝でチクチクやってください。
posted by 変才冨田 at 00:10| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。