玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月17日

カーリングを見て

オリンピック種目にカーリングがある。
ルールはまるでわからない。
わかってみている人がいるのだろうか?

けれども非常に印象深いシーンがあって、そこをみんな注目していませんか。

一投するときの選手の眼の美しさだ。
多くの選手が美人に見えるのは、その眼の美しさが大きく影響していると思う。

全員が素晴らしく知的な眼をしている。
眼こそがその人を知性美として演出している。

眼はエゴギョウから引用すれば木性の属性ですね。
木性は判断力という知性を代表していたのです。

つまり、眼は判断力の強さとしての象徴なのです。

そして、その眼の奥には火性が控えており
やがて来る未来の映像をワクワクドキドキで待っている。

眼の輝きは火性のドーパミンでキラキラするのです。

判断力の眼に火性の子供のようなワクワク感が加わって
美しさを作るようです。
心の健康美はこれですね。

単に判断力だけではダメでキラキラした妄想力で美人になるようです。

posted by 変才冨田 at 23:33| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。