玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月16日

人はなぜ変化を拒むのか 鈍くなる原因

野良猫の神経の鋭さには驚きます。

私は野良猫を発見すると近づいて触ろうとします。

滅多に近づくことすらできません。

気配で逃げます。

昨年は野良猫が我が事務所にやってきました。

ところが手を背中にそっと近づけただけで背中の毛並みがぞわぞわと波打ち

猫パンチが飛んできます。

神経が行き届いています。

やはり生死の切所で生きている野生の神経ですね。


さて

私たちは社会的に保護されています。

親がおります。親戚や友人知人、友人もいます。

相互に扶助し合っています。病院があり、各種保険もあります。

保護が行き届き過ぎると神経が鈍ってきます。











posted by 変才冨田 at 11:20| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。