玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月13日

知らないから平気❗️

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54355

以前養鶏場でアルバイトをしていたという男性が
「僕は卵を食べたくない!」と言っていました。

ブリ養殖場で働いている人はブリを食べたくない。
養殖場で働く人は豚を食べたくない。
けれどブリ食べたくない人は豚を食べ卵を食べています。
卵を食べたくない人はブリも豚をも食べます。

お弁当のメーカーの社長は家族にうちの弁当を食べるな!
などと言って、けれどその社長は卵も豚もブリも食べる。

こうした奇怪なことが起きるのは「知らない」からです。

お互いが知らないことをいいことにして騙しあっている。

私たちは何から知るべきか。

まずは
健康とは何かについて知るべきだろう。
健康への無関心は「食べ物への無関心」に延長される。

健康に注意力を払えるようになれば
命と心を絶え間なく再生している「食べ物」のことを知りたくなるだろう。

同じ意味で
命と心を再生する食に関心が向けば
「食」を得るための「職」にも真剣なまなざしを向けるだろう。

自分の仕事を「知らない」という人々は多い。
知らないから我慢できるのです。

知らないから食も知らないで平気です。



posted by 変才冨田 at 13:07| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。