玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月11日

奴隷労働の渦中で

コメントがありました。
やらされている感の職場で「こうなりたい!」という理想の自分の目標を問われても
正直に自分のモチベーションが上がるものなのか?
終了

奴隷労働とはやりたくないことをやらされていることを言います。
そういう意味で学校も同じです。
やりたくない勉強をやらされているという場合は、子供にとって奴隷学校ですね。

元々学校や職を選ぶときの問題もあります。

さらに「これやりたい!」と思って学校や職場を選んでも
やってみたら「思っていたことと違う」と失望して奴隷化するということも多いです。

こうして奴隷化状態が長くなると、脳は自主判断できなくなり流れに任せるということになります。

さて
やらされている仕事に対してどういう態度で接するか?
posted by 変才冨田 at 21:26| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。