玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月03日

結果は回答 何を問いかけた?

自然界で起きたことは回答であると考えれば

最初に何を問いかけただろうか?


コレ身体に投入したらどうなる?

腐ったお肉投入!

回答 腹痛と下痢



では、コレだとどうかな?

ケーキの塊を投入!

吹き出物や低血糖による頭痛が回答された。


では、歩かないでジッとしていたらどうなる?

回答 筋肉が消えて冷えるという回答


自分だけの願望と期待だけを周囲に語ると

底の浅い人と見られて飽きられる が回答


このように結果から見て

自分は何を問いかけたかを考えてみる。


全てはブラックボックスです。

何かをブラックボックスに入れたら、それに見合った何かが出てくる。
posted by 変才冨田 at 09:21| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。