玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月02日

疲労感が重なると心が警報を出す

疲労というものを軽く見てはいけない。

身体だけでなく先に心が予報的に疲労の兆候を滲み出します。

短気になります、怒りっぽくなります、あらゆることが面倒に感じます。

結論を急いでせからしい状態になり

他者を不快にさせます。

これが大病する前の兆侯です。

病はいきなりやってこないのです。

心のセンサーがいち早く察します。

けれども気づかないですね。

心が身体のモニターリングをやっているのだと思ってください。

心の動きを観察すれば、これが予防医学の本質です。

posted by 変才冨田 at 10:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。