玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年01月29日

老化とは脂肪だけが無意味に増加すること

「老化現象の中に体重に占める脂肪の割合が増える」


筋肉には神経が入っているので動きます。

脂肪には神経が入っていないですね。

従って脂肪を意思の力では動かせません。

脂肪が増えるってことは、脳が動かせない容積が増えてるってことです。

脳が自由に身体を動かせない、コントロールできない箇所が増えていくのです。

徐々に不自由になります。

この身体への不自由感が老化を感じるということですね。

ダイエットして体重が減少して喜んでいる間に

リバウンドして元の体重、あるいはそれ以上になります。

元に戻ったわけでなく、脂肪だけが増えて筋肉の重量は減っています。

ダイエットするたびに老化を進めるようなやり方は避けましょう。

7号食期間中はよく歩いてください、と言っているゆえんです。

ストレッチも実行してよりバランスの良い体型を作ってください。

7号食期間中はチャンスですよ


一方でライザックのような筋肉をつけるとダイエットもあります。

是非日常の活動に無意味な筋肉は付けないようにしましょう。

腎臓や肝臓に迷惑です。

牛やエイリアンと毎日闘っているわけではないでしょう。

お腹にあてて電気的刺激を与えて割れているお腹を作るものもあります。

日常的な動きで作る筋肉は脳が関与して作ったものですから

脳はコントロールできる「使える筋肉」です。

単なる電気刺激や振動を与えて作る筋肉は、

脳にとっては認識されていないものですから使えず

使えないので早く消えます。





posted by 変才冨田 at 09:50| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。