玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年01月16日

共感能力と判断能力で苦しむ男と女

女の会話は目まぐるしく進行し
男の会話は深掘りになる。

女はその日の体験を夫や恋人に話して感動をシェアしようとする。
男は素早く解決者、あるいは裁判官になって、その話の問題点を提示しようとする。

女は単に共感してもらいたかっただけ。
「おお、それは驚いたろう、悲しかったろう、楽しかったねえ」
そう返してもらえれば満足。

なのに、批評されると面倒くさいやつだと男は女に切り捨てられる。

私はこれでばっさりと何回も切られて体へ満身創痍です。笑

脳の仕組みが違う!

違う男女が結婚するわけは
これは左右脳の統合のためですね。

これで多様性のある適応しやすい子を作るわけです。

西洋社会は男で東洋社会は女です。

統合されれば素晴らしい世界が生まれそうですね。

けれども生まれてくるのは特性ある男と女です。

性同一性の方々はどのような脳になっているのでしょう。

もしかすれば統合型になっており新人類の進化系なのでしょうか。

posted by 変才冨田 at 16:58| Comment(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。