玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年12月31日

奴隷状態からの解放に向けて 新年から価値観をリセット4 質の良いお金を稼ぐ

以前このブログで血液とお金の相関性について書きました。

お金は生活の血液です。

質の悪い血液は酸素が少ないということです。

お金にも酸素のような要素があります。

毎月定額が入るお金は質が良いです。

あなたを日々活かせる酸素が定額です。

だから、ブラックの企業でも定額が入るので辞めたくないのです。

マンション投資するのも定額の収入を期待してのことです。

年金は定額を毎月支給されます。

これも心への安心安全の演出です。

定額収入に魅力を感じるのは、生きるのに定額が必要だからです。

けれど、時間労働は病気になれば、リストラされれば、空き部屋が埋まらなければ

たちまち収入は途絶えます。

案外私たちの生活基盤はゆるいようです。

年収300万円台がトップで次は200万円代だと言います。

定額でもこれでは家族を養えないでしょう。

結婚相談所の相手男性の年収もこういうリストになっているようです。

思えば、バブル崩壊で大企業を儲けさせるために作られた法律が

派遣労働者法案でした。

非正規雇用を増やして払うべき賃金を内部留保させました。

富の格差だけが拡大しました。

少子化で日本は足元から崩れており

抜本対策は企業の内部留保金を出す事なのに

逆に大企業には減税を施し、国民には増税です。

だんだんボヤキになっていますね。

さて年収400万円で4人家族でやってられます?

貯金もできないギリギリですね。

最も多い300万円台だと男性の結婚意欲も削ぎます。

共稼ぎはあたりまえです。

子供ができたら大変です。

少子化は政策により作られたもので自然現象ではないのです。

もちろん食べ物の質が低いので卵子や精子の劣化も関係しています。

そうなったのもギリギリ生活が背景になっているでしょう。


もはや、健康も家族も自分自身も自力で守る以外にないでしょう。

できることは労働収入に頼らない副業です。

副業を主業以上の収入にしてしまえば良いのです。

難しくはないのです。

それには表面的な価値判断を捨てることです。

不労所得でお金を稼ぐことのマイナスイメージを捨てることです。


実は金持ちはみんな不労所得で金持ちになっていますよ。

労働収入ではお金が一億も貯金できません。

労働収入が正しい収入だという価値観が良くないのです。

汗水流して稼ぐという価値観に問題がある。

けれど、不労所得は汗の代わりに知恵を使います。

知恵がないと家族を大切に守れません。


このブログの読者さんは私の最近の投稿に違和感がないでしょうか。

珍しく経済の話題になっているからです。

私は健康問題に意図された誤解が拡大しているように、

同じ意図でお金に対する誤解があると思うのです。

出所は同じです。

そろそろ、洗脳状態から解放されましょう。




posted by 変才冨田 at 23:47| Comment(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。