玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年12月31日

奴隷状態からの解放に向けて 新年から価値観をリセット3 質の良いお金を稼ぐ

前回に仕事の定義について書きました。

人に役立つこと、

つまり

他者の問題解決などはわかりやすい仕事ですね。

要は上記の条件を満たせば

どのような仕事の形でも良いのです。

さて

奴隷労働について、です。

人はなぜ奴隷労働を続けられるのか。

理由は明らかです。

人が生きるのには定額のお金が必要だからです。

したがって定額入るお金は貴重です。

それを失うことは不安だからです。

けれども、その定額が生きるに必要な額にギリギリであったら?
雇用が派遣やアルバイトという不安定雇用だったら?

これでは定額入っていても不安定ですね。

結論をはっきり言えば
時間労働収入に頼っていてはダメということです。

ここでは副業をお勧めしたいと考えています。

現在フリーランスで働く人は1,000万人を超えています。

名だたる企業も副業を認め始めています。
理由は優秀な社員を流出させないためと言いますが、
給料を出せないからです。

そして
副業を始めてもWワークでは意味ないのです。
時間労働収入という意味では同じですし、身体が消耗します。

賃金は何によって決まるかご存知でしょうか?
労働できるという商品を売っているのが労働者です。

労働できる商品は原価があるのです。
食べないと労働できません。
食費が原価です。
住むところが必要です。
住居費も原価です。
次代の労働者を育てるにもお金がかかります。
教育費も労働原価に足されます。
やがて老いて働けなくなるので、老後の生活の資金も労働原価になります。

それで時間給1,000円で賄えますか?

会社はそこまで考えていないのです。

会社の目的は今利潤を揚げることのみです。
あなたの子供や将来など膾炙していません。

だからこそ、時間労働収入だけで生活を見ていてはいけないのです。









posted by 変才冨田 at 16:43| Comment(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。