玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年12月25日

蒼の元米のポテンシャル

時々ご愛用のお客様から柔らかめの黒い粒があるけれど
これはネズミの糞ではないかとご指摘があります。

実はこれこそが蒼の元米のポテンシャルを表しているのです。

蒼の元米は山で栽培されています。

山には麹菌が一杯飛び交っています。

化学肥料や農薬を使っていると
この麹菌が稲穂に付着しませんよ。

A9C9A2E4-C1FF-487B-ACCD-206AB8DEBBDA.jpeg

稲穂にくっついているものが
いろんな名称がありますが
稲玉 とか稲魂とか言われているものです。

蒼の元米は表皮にたくさんの酵母菌や麹菌が付着しています。
この米こそが農薬も化学肥料も使われていなかった江戸時代以前に本物のお米なんです。

山なのでねむの実などの硬いものも一緒に収穫されて石のような食感の時もあります。
極力除去していますが当たりの時もあります。
山の栽培はいろいろ平地ではないことが起きます。
けれど完全な無農薬の自然栽培ではあることです。
ご理解ください。

このヌカでヌカジャムなども作れます。

ヌカには抗がん成分が二種類あって軽めに炒ってから
ジャムにしたりそのまま食べます。

蒼の元米のヌカの甘さに驚きますよ。


posted by 変才冨田 at 13:45| Comment(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。